蟹に誘われて

  • 346人登録
  • 4.38評価
    • (47)
    • (28)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : panpanya
  • 白泉社 (2014年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592710684

蟹に誘われての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書き込まれた風景と、ゆるくも表情豊かなキャラクターが、夢の中のような現実っぽくもあり非現実っぽくもある不思議な雰囲気を生み出している。
    犬とか魚、イルカ、幽霊がキュートです。
    innovationは、衝撃でした…
    それから、動物黙らせ器にも衝撃…。
    世俗的な漫画ではなく、雰囲気やただようシュール感が魅力だと思います。
    値相応のものかは個人の判断ですが、個人的には借りて読むより、本棚にあったら嬉しい漫画。

  • "「タクアン。
    プラモデルみたいな箱だな」
    「プラモデルなんだよ…」
    「わっ…ほんとだ どうしたんだよこんなもん…」"[p.144_TAKUAN DREAM]

  • まさに現代のつげ義春。でもキャラはかわいい。
    水生動物に対する執着が半端ない。
    僕も川に棲む得体のしれない
    水生動物の夢をよく見る(誰か夢判断してー)。
    だからなのか、この人の漫画には
    微睡の泥沼に沈み込むように・・
    どっぷりはまってしまう。

  • なにか見たことがあるような気もするけど絶対にない世界観、
    かなりリアルな背景の中でデフォルメされた主人公の可愛らしさと来たら凄まじいです。
    最高の日曜日を送ろうとする話とか好きでした。

  • 『足摺り水族館』を読んでからこちらを読んだけど、好きだなー!こっちのが好きだ。
    表題作の「カニに誘われて」の「買う」のコマが無性に好きだし、「innovation」でのししおどしの活躍も愛おしいし、「方彷の呆」の「バス停などない」には怯えたけど幽霊かわゆすぎるし、「池があらわれた話」「TAKUAN DREAM」「THE PERFECT SUNDAY」とかなんか好きだし、表紙の帯めくったとこにある文章…「カニに誘われて」の導入みたいな文章…の書き方、文体、が好き。そう、文体が好き。じゃあもうしょうがないなこれ、好きだ。

  • なんとも不思議世界。

  • 未登録だったので。

  • 足摺水族館よりも少しポップな雰囲気
    とても良かった。日曜日を満喫しようとする話が好きです

  • 「風邪ひいた時に見た夢」みたいな作品だと思った。
    違和感だらけでよく分からないのに、なんだかリアリティがある。
    美しい作品だと思いました。

  • 作者さんの感性が溢れている。
    クセになりそうな不思議感があるけど、なんだか物足りなさも感じてしまった。
    あとパイナップルを食べたくなった。

全22件中 1 - 10件を表示

蟹に誘われてに関連する談話室の質問

蟹に誘われてを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蟹に誘われてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蟹に誘われての作品紹介

注目の新人作家が「楽園」コミックスに初登場。「楽園」本誌&web増刊で発表した作品に同人誌発表作や日記など含めたっぷりとpanpanyaワールドをご堪能下さい。 2014年4月刊。

蟹に誘われてのKindle版

ツイートする