枕魚

  • 285人登録
  • 4.31評価
    • (30)
    • (25)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : panpanya
  • 白泉社 (2015年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592710844

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
panpanya
有効な右矢印 無効な右矢印

枕魚の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不思議な世界。
    あたしの近所も散歩してるとどこかに迷い込んじゃいそうで、思わず散歩したくなるような一冊。

  • すごくいい!と言えるほど自分は感性豊か?じゃないけど……
    すごく独特で、終始ムムム顔で読んだ。どの話もでかいオチがついてるわけでもなく、「はあ、なるほど……」みたいなふんわりした感想しか出てこなかった。でもどことなく気味悪かったりなんとなく懐かしかったりする。初めての感覚。
    ひとの話を聞いてる感じに近い。友だちとかの、こんなことあってさ、っていう話をへえーって聞いてる感じ。
    「素人と海」がわかりやすくて面白い。好き。あと痛覚の話の日記が、印象的。確かになって。

  • そうか、ワカメだったのか(そんなばかな)。
    「地下行脚」の主人公がいつになくか弱い乙女で萌えた。いやいつもの飄々とたくましい主人公も好きですけど。
    「ニューフィッシュ」「親切ラーメン」「枕魚」が特に好き。日記は「舌」が好き。

  • panpanyaさんの単行本は「物」としての魅力が高く、この新刊は特に素晴らしい(表紙カバーを外して棚に並べておきたい本なんて初めてだ)。

    変な街をてくてく歩く。オチはあったりなかったり。こういう漫画しか読めない気分っていう日が確かにある。

    あと今さらだけどこの子、女の子だったのか。ボブヘアーの男の子だと勝手に思っていた。

  • panpanya先生の新刊短編集。だいたい今までのとそう変わりはないし「足摺り水族館」のとき受けた衝撃ももうないが、むしろそのことによる安定感が心地よさを与えている。
    日常をみつめる視線を少しだけ角度を変えてみよう。世界はこんなにも曖昧だ。
    あと案外ぶあつくて日記まで併収されていてわりとボリュームがある。それにカバーをはずしたみたところのデザインが非常に凝っているのでぜひ目で見て触れて確かめてみてほしい。こういうしかけは楽しい。
    panpanya先生のことはたぶんずっとファンです。ずっとこんなちょうしの漫画でもずっと読んでいたいです。そんな魅力がある。

  • 2016/5/2購入
    2016/5/19読了

  • "早速ですが、是非ご依頼したいことがあるのです。
    新宿の地下に、変わったピザまんを売っているお店があるという噂を耳にしました。
    ぜひ食してみたいのです!
    入手して頂けたら謝礼ははずみます。"[p.64_地下行脚]

    な、何が何だか……と思いながら読み終えた。
    歩く方向に依ってとてもナチュラルに時代逆行したり、海豚や魚が二足歩行していたり……。背景と人物の線が違ってること、ぬうっとした顔の動物、シンプルな女の子と背景の薄ら怖さが印象に残った。
    カバーめくってびっくりした。

  • ははぁ、なるほど。どこかで見たけどどこにもない景色が広がって…いや、漂っていました。

    不思議なことを想像して創造するって、理性が働く大人になるとできなくなって残念。こんな発想の中を漂っていられる時間があれば、もっと一人遊びが楽しくなるかもね(笑)。

    http://tnzwtmfm.net/we-are-all-spacy-sp/
    ここの視聴を聞きながら読むと、さらにいい感じに世の中の常識から離れられて素敵かもヨ。

  • panpanya先生の作品はこの作品が初めてでしたが、とても面白かったです。なんか不思議な感覚になりました。ニューフィッシュの話と枕魚の話は普通に面白かったし、車の数を数えるバイトの話は普通に笑ってしまいました。日常の中のファンタジーというかある意味子供らしいpanpanyaさんの作品は素晴らしいと感じました。

  • 【印象】
    考えたり考えられなかったりする楽しさ。
    前作と比べると作風の変化がほのかに感じられました。

    【類別】
    主に漫画短編集。全22編。
    不条理ファンタジー。随筆日記も。

    【脚本等】
    頁60「目と鼻の先にあるのに手も足も出ないのはなんとももどかしい」に惹かれます。

    【画等】
    頁30-31が好きです。

全19件中 1 - 10件を表示

枕魚に関連するまとめ

枕魚を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

枕魚を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

枕魚を本棚に「積読」で登録しているひと

枕魚の作品紹介

真っ直ぐ歩いている筈が、ふとしたはずみで迷い込む森羅万象の断層。どこかで見た、どこにもない風景。すぐそこにある、永遠に来ないその時。panpanyaの世界にようこそ。日記も併収。 2015年4月刊。

ツイートする