動物たち

  • 153人登録
  • 4.16評価
    • (14)
    • (16)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : panpanya
  • 白泉社 (2016年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592711094

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
あらゐ けいいち
panpanya
有効な右矢印 無効な右矢印

動物たちの感想・レビュー・書評

  • panpanya先生の描く風景はうにょうにょしていて曲線が楽しい。まさにその生きているような有機的描線のなかで描かれるのが《動物たち》、というテーマの作品集はなかなか楽しくてよかった。かわいい。何気ない日記の文章も好きだ。なんでもないものをこぼさないように、ていねいに日常を見つめる視線がすてき。読むだけでそういう視線に憑依したような気持ちにもなって、物語にはそういう力があるよなーとかぼんやり思う
    最後の笹舟の話が特にお気に入りです

  • panpanyaさんの描く動物は本当にかわいい…。微笑んでしまうかわいさ。
    いつもの女の子の人柄もよくて好き。

  • 2017/8/12購入
    2017/9/21読了

  • 2017.2.22
    つれていかれる感。
    作者のノスタルジーと僕のノスタルジーは違うはずなのに何か同じものを見たような?
    視点の集中と輪郭がボヤける感じ?近視?乱視?
    そんな世界?ちょっと違うな、、、。
    人物や動物達は鉛筆の柔らかい線で風景はペンで描かれているせいかな。
    なんとも言い難い。何度も読み返したくなる。

  • いつもどおり.

    家に住み着いた猯のあの一匹が、いつも何故か隣にいるよくわからない、二足歩行をする生き物だと思ったんだが、違うらしい.

  • "「逃げようとりあえず ここにいてはどの道未来はない」
    …と勢いで出てきてしまったものの…
    特になにか当てがあるわけではない
    二、三日留守にしていれば有耶無耶に出来るんじゃないか…その程度のもんだ"[p.105_猯]

  • とりこぼしそうななんでもない物たち。

  • 犬とかカメとか貒とか狢とか。…バッタとか。
    謎の動物たちがたくましい巻。
    「ついてない日の過ごし方」がとても好きだ。

全8件中 1 - 8件を表示

動物たちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

動物たちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

動物たちを本棚に「積読」で登録しているひと

動物たちの作品紹介

あてどない生き様。寄る辺ない生き物。それでも「彼ら」はそこに居る。生き続けてゆく───。panpanya待望の最新刊。日記はもちろんカラーページもたっぷり収録。あなたの目に映るままの森羅万象をご堪能ください。
2016年11月刊。

ツイートする