日々是平坦 1

  • 32人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 迂闊
  • 白泉社 (2017年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592711179

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

日々是平坦 1の感想・レビュー・書評

  • どストレートな青春漫画
    『のみじょし』が代表作である迂闊先生は、大人女子の友情を描くのが上手いと思ってたが、この手のテーマでも才能を遺憾なく発揮できるタイプだったようだ。結構、引き出しの多い漫画家だったんだな
    ストーリー漫画なんだけど、詰め込みすぎって感じはなく、読みやすかった
    しかし、一つだけ言わせてもらいたい事はあるかな。そこまで大袈裟な事じゃないので、気にしないでほしい。なら言わなくてもいいんじゃね、と言われそうだけど言いたい
    表題作の『日々是平坦』と『純粋男女交際』、これ、一冊に纏めず、それぞれで単行本を出してほしかったかな、なんて
    二つの作品がリンクしている点は、とても良いと思うのだけど、『日々是平坦』は『日々是平坦』、『純粋男女交際』は『純粋男女交際』、一冊ずつで楽しみたかった
    まあ、要するに『純粋男女交際』をもっと読みたかった、ってコトなんですよ
    まさか、迂闊先生が、こうも熱くなってくるラブコメを描くとは思ってもいなかった。だって、『のみじょし』は、女三人寄れば姦しい、酒が入れば尚更だ、って感じで、その手のウいた雰囲気がほぼ0なんだもの
    迂闊先生も、これ描いてて、頬が赤面してこなかったんだろうか。極端な話、こんなピュアなカップルは、ファンタジーの中にしかいないと思うレベル
    ちょっとした触れあいで全身の血は熱くなる。ちょっとしたキッカケで、相手へのキモチに気付く。ちょっとした揺らぎで、理性が崩壊しそうになる。ほんと、青春の恋愛だ
    けど、『日々是平坦』も負けないくらい面白かった
    こっちは恋愛感は皆無で、男と女の同等な友情が描かれてるんだけど、こっちにもまた、青春って感じがあり、どちらかと言えば、懐かしさを覚えた
    男女ともに、迂闊先生らしくイイ個性の持ち主だが、個人的に好感が持てたのは、要領のいい諏訪内くん。彼の活躍には、今後も期待している
    この台詞を引用に選んだのは、一発KOされてしまったから。迂闊先生、こんな甘々台詞、反則っす。そりゃ、山下さんも悶えちゃうに決まってらあ

  • 仲良いのいいね

全3件中 1 - 3件を表示

日々是平坦 1の作品紹介

高校生男女による可も無く不可も無い日常を淡々と描く表題シリーズ+web増刊で大人気の「純粋男女交際」も全話収録したハイスクールライフ満喫コミック第1巻。
2017年4月刊。

日々是平坦 1のKindle版

ツイートする