千 螺旋の錠 (花丸コミックス・プレミアム)

  • 301人登録
  • 4.30評価
    • (55)
    • (43)
    • (14)
    • (3)
    • (0)
  • 31レビュー
著者 : 岡田屋鉄蔵
  • 白泉社 (2012年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592720454

千 螺旋の錠 (花丸コミックス・プレミアム)の感想・レビュー・書評

  • 読みました

    全体的にシリアスめ
    お相撲さんの話がかわいそうだった
    全体的にみんなかわいそう
    泣きたい人におすすめです

    次の巻も買っちゃうだろうな

  • 劇画っぽいタッチの絵から感じられるキャラクターの生命力のようなものがとても好きです。起承転結がしっかりしていてBLというより普通の物語として楽しめるのは相変わらずで非常に安定した面白さが楽しめる作品です。

  • 一巻が一巻完結としても全体的に綺麗な構成だっただけに、この二巻目の、続刊が出ないことには単なる蛇足にしかならない締まらない感じには困りました。一話一話は好きなんですが、一部似たパターンも続きがちといいますか。それなのに長らく続刊刊行未定みたいですし……出すなら二、三巻同時発売とかのが……なんて。
    まだ続きが出ることに希望を持っていても良いのでしょうか。待ってます。

  • 前巻は楽しかったのですが、今回はあんまり心に来ず。

  • 最高でした。愛に溢れすぎててすごくよかった。
    間違えて一作目を読んでいないのにこちらを読んでしまったのは残念。これから買います。
    千載さんの髪の毛がとてもえろいです。岡田屋先生モブレシチュ好きなのでしょうか。モブレされた受けに対する攻めの反応がとてもよいものでした

  • おお!絵も話もカッコイイ!すごく好きです!

  • シリーズ第二弾。少しだけ二人の背負うものが垣間見えます。世界観が確立されており、どのお話もしっかり骨太。切なくて泣けます。

  • シリーズ② ああもうどの話も涙腺を緩ませやがるぜ…!千の抱える罪のことや草薙の出奔の理由などメインの二人がこれからどうなっていくか早く知りたい気持ちも山々なんだけど、種明かしはできるだけ後回しにして長ーく続いてもらってじっくりゆっくりこの世界に浸っていたい。

  • ヤバい。°(°´Д`°)°。初っぱなから泣いてしまった。どの話も圧倒的なパワーで打ちのめされて、読み終わってしばし放心状態(・д・)もう本当スゴいわ(;´д⊂)

  • 2巻で終わりじゃないんだ。1巻より千載自身の不思議テイストは少なくなった様な気がしますが、そのぶん人間の愛憎・世の営みがますます濃厚に容赦なく描写され、心に圧し掛かる重みも増したと言いましょうか、来る物すごいです。
    力士、盗賊、海賊の3話ですが、第1話の相撲取りの話、力士がこういうジャンルの話に取り上げられるのは珍しいのでは?。さて、この二人の旅はどこまで続くのでしょうか。

  • 雑誌の続きが読めて本当に良かった。救われた。本当に一話毎に泣かせてくれる。

  • 泣いちゃった…

  • 岡田屋先生の漫画は、相変わらず骨が太くて良い漫画 このシリーズにいたってはあんまりBLっぽくないところもさすがだな~っておもいます

  • あああ今回も切なかった…特にラストの海賊話は泣きました(oTヘT)o
    他の誰かを怨むより、己の犯した罪を悔む事の辛さは計り知れない…そうやってボロボロになりながら生き長らえてきたサキラの15年間を思うと胸が苦しくなります。最後兄弟がやっとお互いの本当の気持ちを知り分かり合えた時、サキラが言うんですよね、契約するのは今だ!今がいいと…。その瞬間、兄弟仲睦まじかった頃の子供時代に戻ってやっと魂が成仏したのでしょう。絶望的な最期ではなく希望の光に満ちた、なんて美しいラストシーン!

    それを見守る千と草薙。前回に増して阿吽の呼吸といいますか、いいコンビになりましたね。これから明らかになるであろう二人の過去編が楽しみです^_^

  • 『輪廻の枠からはずれ転生することもなく
    この世で生きた全ての証一切の記憶が消し去られる-
    それが魂を喰われるという事それでも叶えたい望みなら…』
    己を無に帰しても愛を貫こうとする男たちの鬼哭を背に、
    妖しき座頭・千載と流浪の剣豪・草薙の新たな旅は!?


    第一話=お相撲さんと絵師
    第二話=凶賊・土蜘蛛の一味のお頭とその弟の話
    第三話=15年前に捕えられ処刑された海賊の話

    切ない…哀しい内容だったけど今回も良かったヾ(≧▽≦)ノ 

    自分の命と引き換えに願いを叶えてもらう…
    それも惚れた相手の為にと…。

    一応BLってなってるけど…そんな感じがしないよw( ̄o ̄)w

  • 待望の続刊!
    幻想と現実が入り混じった不思議な空間。
    話もどれも切なくそれぞれのヒトの¨気持ち¨がひしひしと伝わってきます。
    千載は相変わらず美しい・・・あのダダ漏れな色香はなんなんだ!!
    草薙の○○無し姿もかっこよかった~!

    満足の★5

  • ふだんあんまBL棚は見ませんが、「ひらひら」の岡田屋さんの作品ってことで。と思ったら続編を先に読んじゃったよ。巻数表示みたいのが無いから……。
    主人公が妖力を持っているという設定だけあって、思ったより幻想的な話だった。この切なさは何だ!
    ……力士がこんなに色っぽく見えるとはねェ。

  • 2012/05/16
    【超好き】千と草薙の旅、第2巻。 ふぅー読み終わっちゃった。 悲恋づくしなのにこの切なくも清々しく浄化されちゃった感はなんなのだろう。 前巻より濡れ場が増えて艶っぽい雰囲気増し増しなのもグッジョブ!! あぁーこの物語は続くのかなぁ? もっと読みたい…もっと千の後ろ姿(背中~尻+ふんどし)を拝みたい。

  • 力士受は有だ。

  • 文句なく面白い!

  • 引っ張られる予感がしてたんでこの作者の著書からは意識して離れてたんだが、負けたよね。

    エロスな展開も描写も殆ど無いし、題材が題材だもんで全体的に切ない話ばかりなんだが、時代物大丈夫でソレ系大丈夫な人にはピタリとハマると思う。
    この巻では使い古されたと言えばアレだから、テッパンな内容の一話目が好き。


    一作前があるみたいなんで、ちょっと探してくるわ。

  • 「女子は慟哭。男子は昂り、BLは越境する!!」という帯のアオリのとおり、なんともスタイリッシュな時代劇BL…!!

    流浪の剣豪・草薙(攻め)と願いを叶える代わりに命を食らう座頭・千載(受け)が、命と引き換えに様々な願いを叶えて旅するお話
    悲しい過去や切ない思いを抱えた人たちが、誰かのために自分の命を売ろうとする様が、読んでいて辛いんだけど、とてもいじらしくもある

    帯に釣られて良かったと思える作品でした

  • もう ね。
    見事としか・・・言えない。

    次巻の上梓をお待ちしております。

  • まだ千の謎は解けぬままの続編。
    今巻もとても良かった…

    岡田屋さんの描く男同士の愛は、深く強く潔い。
    一話目の力士と絵師の話が、何とも言えず美しかった。
    素質ある力士の【北龍】を描きたいと彼の錦絵を描いた絵師の【浪江】
    自分の絵を描く浪江を訪ねてきた時の北龍の笑顔ったら…!!
    表情だけで読み手に北龍の情が伝わってくるし、その読者の目線は浪江と重なってるのも見て取れる。
    浪江が描きたい北龍の魅力が滲み出るような1コマ。

    帯の【BLは越境する!!】の煽りは誇張でも何でもない、本当に深く深く深い作品。

全31件中 1 - 25件を表示

千 螺旋の錠 (花丸コミックス・プレミアム)に関連する談話室の質問

千 螺旋の錠 (花丸コミックス・プレミアム)に関連するまとめ

千 螺旋の錠 (花丸コミックス・プレミアム)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

千 螺旋の錠 (花丸コミックス・プレミアム)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

千 螺旋の錠 (花丸コミックス・プレミアム)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

千 螺旋の錠 (花丸コミックス・プレミアム)を本棚に「積読」で登録しているひと

千 螺旋の錠 (花丸コミックス・プレミアム)の作品紹介

人の願いを叶える代償にその者の魂を喰らう座頭・千載。彼と旅をする剣豪・草薙主悦が出会う男たちの壮絶なドラマ第二弾! 心優しき力士、盗賊、海賊の心震わす物語。そして千載の過去は?

千 螺旋の錠 (花丸コミックス・プレミアム)に関連するサイト

千 螺旋の錠 (花丸コミックス・プレミアム)のKindle版

ツイートする