いつか友達じゃなくなるとしても (花丸コミックス・プレミアム)

  • 246人登録
  • 3.91評価
    • (23)
    • (38)
    • (19)
    • (6)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : カサイウカ
  • 白泉社 (2012年10月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592720485

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

いつか友達じゃなくなるとしても (花丸コミックス・プレミアム)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お互い自分を負い目だと思ってるのよかったなあ。
    お兄ちゃんの独り占めしたい気持ちもわからんではない。お兄ちゃんのスピンオフほしいです。
    いい家族ですなあ。みんな幸せになれ

  • 悟られたくない片思いと怪我をさせた自責の念を抱えた青春。

  • 何回よんでもジーンとくるデビュー作。
    一人暮しのトモと大家族の柊平は幼馴染。子供の頃、柊平に怪我をさせてしまった罪悪感と恋心を胸に週の半分は一緒に生活をしている。
    当たり前に一緒にいたけれど、友達以上に依存しあっているわけで…溢れてしまいそうな気持ちに距離をとろうとするけど。やっぱり一緒にいたいんだって実感するの。当たり前だった事を必死に護ろうとする2人がなんともいえなかった…。
    トモもいい子だし、柊平もお母さんっぽいけど男気あるし、家族もみんな仲良しだし、お兄ちゃんブラコンすぎていい人だし。どこの家もこうだったら、みんなもっと幸せになれるのにね。。
    でも怪我をさせてしまった、怪我をしてしまった罪悪感が今となっては2人の絆になってると思う。だからハッピーエンド♫

  • 幼なじみで親友。ずっと隠しつづけ ていくはずだった想い…。切なくて胸 がしめつけられた。柊平の家族は本 当に素敵。これからもトモの恋人として、家族としてずっと一緒にいるんだろうな。この作品が商業デビュー
    だそうで、次回作も楽しみです。

  • 小説に入ってる折込を見て「青●クの雪燐っぽいな」なんて思いながらも気になって買ってみました。初コミックスだそうで、絵柄は全然雪燐じゃなかったです。好き嫌いが分かれるかもですが、それ以上にお話が良かった!幼馴染の柊平とトモは高校生。小さいころ事故で柊平の左目を失明させてしまったトモはずっとその事に責任を感じてる。そんなトモを大切に思う柊平とその家族を同じように大切に思うトモ。そんな2人をじっくりと描いた一冊でチュウくらいしかない純愛ですが、すごく良かったなぁ。柊平の家族も素敵。ブラコンなトモ兄もまた良い。

  • ヘビー級ブラコン兄貴のおかげですね

  • 甘くもなく、エロくもなく、だけどジーンとする。
    家族が温かい。
    トモの兄貴がブラコンのくせにあの性格って斬新。

  • 同級生・幼なじみもの。

  • 読んで幸せになれる本。幼馴染もので、小さい頃に怪我をさせてしまった為負い目がある~等、BLではよくあるような設定のものなんだけど、こういう話をしっかりと読ませてくれる作家さんって意外と少ない。
    出てくるキャラクターが皆愛らしくて素敵。日常の中での微妙な恋の切なさがたまらない。
    読んでいて途中でニヤニヤしてしまった。私と漫画の相性がいいのだと思うけれど、久々に大満足できた新人漫画家さん。
    エッチもなくキスだけだけど、問題ない。エッチがあればいいってものじゃない。
    超絶ブラコン兄貴がお気に入り。可愛いです。

  • 購入

    高校生が主人公のBL漫画。

    相手やその家族のことを考えて我慢しているトモが切ない。
    できれば恋に落ちるまでの経緯や、その後の苦悩などをもっと掘り下げて描いてあると良かったと感じたけれど、コミック1巻分で完結する量じゃなくなると思うので仕方ないかとも思う。

    普通の容姿の男の子同士、というあたりも好き。
    強面のブラコン兄というのも良かったなー。

全21件中 1 - 10件を表示

いつか友達じゃなくなるとしても (花丸コミックス・プレミアム)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いつか友達じゃなくなるとしても (花丸コミックス・プレミアム)を本棚に「積読」で登録しているひと

いつか友達じゃなくなるとしても (花丸コミックス・プレミアム)はこんなマンガです

いつか友達じゃなくなるとしても (花丸コミックス・プレミアム)のKindle版

ツイートする