縁側のレシピ (花丸コミックス・プレミアム)

  • 87人登録
  • 3.65評価
    • (5)
    • (16)
    • (14)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 藤たまき
  • 白泉社 (2014年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592720638

縁側のレシピ (花丸コミックス・プレミアム)の感想・レビュー・書評

  • ダイエット中の大学生×調理師志望の高校生
    ほんわかした感じかと思いきや、たまき先生特有の重さが漂ってます。

  • はじめは一応ほのぼの(トリッキーな姉はいるものの)だったのが、最終章前後あたりで内容がヘビーに、読んでいて気分が重くなってしまった。
    終わりが幸せな雰囲気で終わったのと、姉と弟(主人公)がお互いをどう思っていたかをちゃんと言葉で伝えられたのがよかったかなと思う。
    拘束、監禁までは必要だったのかなぁという、英の大事なうさぎがいつも死んでしまうという、幼少期のトラウマ部分をもう少し膨らまして、メンタル部分でのヤンデレくらいでよかったのではないかな~重かった。

  • memo: コミコミ特典ペーパー&出版社ペーパー付

  • 藤たまきさん、やっぱ良いです!!
    めちゃめちゃツボで「これは…!」と思いました!
    もっともっと新刊読みたい!読み終わった瞬間「次の新刊は!?」ってなりましたww

  • ほんわかしたカバーでこれだけだったら
    私は買わないタイプ。でも毒っぽさがあると聞いて。

    突然のヤンデレスイッチが
    ややあれなのだけど、鍵を飲み込んでしまう逸脱が
    ぐっときた。ただの監禁、だけじゃなくて印象に残る
    何かひと工夫があるといいよね。

    このヤンデレ展開の前ふり、というのが
    キャラ造形とかでもうちょっと出してもらって
    共感できるように作ってもらえれば
    なおよかったのかなぁと。

  • ほのぼのだと読み進めてたら、意外と重い!!

  • 自己中で我儘な姉・泉にいらないと押し付けられた男・英太郎。
    おデブの英太郎のダイエットを
    成り行きで手伝う事になった泉の弟・恩。

    それから応援メールだけのやりとりで2年。
    ダイエットに成功した英太郎は恩に会いに来る…。

    120キロのデブちゃんがダイエットを始めて
    それから始まるほのぼのBLかと思ったら実はシリアス。
    ダイエットの成功後、普通に友人として仲良くしていたが…
    栄太郎は心の闇を表面に出さないで恩を狙ってた…

    英太郎は幼少の頃親の愛情を貰えずそのまま成長したため愛し方も愛され方も知らない…。
    思い余った英太郎は恩を監禁するが!!


    不安定な愛情を受け入れる事の出来る恩は太っ腹(笑)

    ダイエットと執着愛、それに家族のドラマでもあるのかな?


    ただ自己中、大爆発のお姉さん、泉。
    あんなお姉さんなら私いらない…ハァ━(-д-;)━ァ...

  • 最初ほのぼのした話かな〜と思ってたら、途中からヤンデレ臭が…
    かわいい話が読みたかった

  • 雑誌でずっと読んでたのに最終話だけ読んでなかったので、なんとか落ち着いて良かったです。
    やっぱり同じところが刺さる。愛は逃げ足が速い。縛ったりする必要なんかなかったのにってところにほろっとしました。恩は寛大というか、母性的というか、広いなぁと思いました。結構酷い執着や独占欲やそこから来る理不尽な衝動をぶつけられてるのに、切り捨てたりしないで「強くなって欲しい、どうやったら強くなるかな」ってもう子育てですね(笑)
    あとがきで自分でも書かれてましたが、後半結構暗い感情がどろりと来るので1話目からするとびっくりします。たまきさん独特の毒とか癇癪とかなので、これがないとという感じですが(笑)豹変するわけじゃないけど、知らないと途中から英がちょと怖いかもしれません。

  • ほんわか系なのかと思ってエロいキスだけで満足していたら、恩(受)が姉彼(予定)とちょっと仲良くしてるのを見た瞬間からゾクゾクするほどのブラック執着攻め展開。無茶苦茶好みなんですけど。ペーパー付き。これはレジに持って行きやすかった!

  • 絵も色使いもとても可愛くてふわふわしてるのに突然のヤンデレ展開に萌えましたw
    表紙からはまったく想像もつかない黒さを出してきますね藤たまきさん…!

  • 俗世にどっぷりな姉の泉は、流石に本能で英太郎の不気味さに最初から気付いている。この世で一番厄介な人間は姉の泉くらい、と思っている様な経験知しかない恩には英太郎の怖さが感じ取れない所と、天性の素直さが、この奇跡の監禁劇を開放に向かわせたのか、と。結果として、姉と姉の恋人になるかもしれない人間があの扉を開けた事になったが、それがなくても英太郎は恩を開放していただろうから、自分の不安と独占欲で相手を喰い殺すまでやってしまう結末が予想できる中、この展開は非常に新しい。

全12件中 1 - 12件を表示

縁側のレシピ (花丸コミックス・プレミアム)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

縁側のレシピ (花丸コミックス・プレミアム)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

縁側のレシピ (花丸コミックス・プレミアム)を本棚に「積読」で登録しているひと

縁側のレシピ (花丸コミックス・プレミアム)の作品紹介

太っちょ青年・英太郎のダイエットを請け負った恩(めぐみ)。見違えるように変身した英太郎と恩は徐々に心を通わせるが内面に埋められない空虚を抱える英太郎は恩を監禁し心と体をむさぼるが…。 2014年1月刊。

縁側のレシピ (花丸コミックス・プレミアム)はこんなマンガです

縁側のレシピ (花丸コミックス・プレミアム)のKindle版

ツイートする