鉱石倶楽部 (MOE BOOKS)

  • 273人登録
  • 3.78評価
    • (44)
    • (29)
    • (68)
    • (2)
    • (1)
  • 28レビュー
著者 : 長野まゆみ
  • 白泉社 (1994年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (93ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592731139

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

鉱石倶楽部 (MOE BOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 放課後、理科教室へ忘れものを取りにきた少年は、机の上に一冊の鉱物図鑑を見つけた。
    「ゾロ博士の鉱物図鑑」ほか石から生まれた18のファンタジーロマンを収録した、ヴィジュアル詩文集。

  • 鉱石の紹介+散文。
    私には合わなかった。

  • 久しぶりに長野まゆみさんの幻想的な世界に戻ってきました。
    一時期とても疎遠だったのに、またページを開くと、やっぱりいいなあと思えるような普遍的な魅力が、長野まゆみさんの著作にはありますよね。
    昔友人が、長野まゆみさんの本の中ではこれが一等好きだと話していたのを思い出し、また私も鉱石に興味が出てきたので、図書館で取り寄せて読書しました。

    最初の短編から、中に収録されている18の掌編、そうして鉱石の図鑑に至るまで、長野まゆみらしさ全開の一冊となっています。
    特に鉱石をお酒やお菓子、食べ物に見立てているという発想が素敵すぎて、本当にキュンとしてしまいました。私も夜間学部の生徒になって、ゾロ博士の授業を受けてみたいものです。

    しかし、長野まゆみさんのセンスには、本当に感嘆してしまいます。
    発想、文字遣い、ブレない信念のようなもの。趣味ですが小説を書く私としては、見習いたいところばかりです。
    鉱石を綴るなら、カタカナではなくてやはり漢字! と強く思ってしまいます。そんなこだわりも、ながのまゆみさんから頂いたものでした。

    出てくるどの鉱石も本当に美味しそうで、どれがいいかなんて甲乙つけられないくらいです。
    文庫でいいので、いつか購入して、気が向いた時に眺めて、そうして心の栄養にしたいなと思うような、そんな素敵な一冊です。
    鉱石、理科室、学校、少年、美味しそうな食べ物など、長野まゆみ的キーワードのどれか一つでもお好きな方にぜひおすすめしたい一冊です。

  • 鉱石の写真がきれい。

    鉱石がどれもおいしそうに見える。

  • 石だけでここまで話しをつむぎ出せる妄想力というか想像力がすごい

  • おいしそうな鉱石がいっぱいいっぱいでてくる。

    読んでいるうちにホントに食べれるんじゃないかと思った・・・。

    さすが、長野先生。お見事です。

  • 鉱石の写真とショートストーリー。
    鉱石が何故かとってもおいしそうなんです。
    あれ?食べることできたっけ?あれ?あれ??
    ってなります。

  • これを読んで以来、紫水晶が食べたくて仕方ない。

  • 鉱石がおいしそう。

  • だんだん鉱石が鉱石じゃなく見えてくるのが不思議。見ているだけでも楽しい。

全28件中 1 - 10件を表示

鉱石倶楽部 (MOE BOOKS)に関連する談話室の質問

鉱石倶楽部 (MOE BOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鉱石倶楽部 (MOE BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鉱石倶楽部 (MOE BOOKS)の文庫

ツイートする