ダヤンのタロットカード

  • 56人登録
  • 3.42評価
    • (3)
    • (5)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 白泉社 (2005年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (79ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592732303

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ダヤンのタロットカードの感想・レビュー・書評

  • ダヤンの世界で遊ぶと同時に、タロットの世界でも遊べるちゅう贅沢なカード。
    当たり前やけど、一枚、一枚、絵がとってもきれいで魅力的。でも、それだけやないんや。

    大アルカナ22枚だけだけど、それぞれのカードに似合いのキャラクターや似合いのシーンが登場。このへんの見事さは、あの鏡リュウジ先生が携わってらっしゃるから、なんかもな。

    私も、一応占い師の端くれやから、ただ怖いだけの死神のカードとか見ると、ほんまに残念な気持ちになってまうんや。もともとのカードの意味を咀嚼せえへんで描かれたカードは、どんなにきれいでも魂が入ってないみたいに感じてしもて、手に取る気がせえへんのやわ。

    そやけど、このカードでは、そんな心配は皆無や。鏡先生に感謝、きっちり企画を立ててくださった方に感謝やで。

    太陽のカードは、ダヤン。ひまわりと太陽を背に、ダヤンが、赤い旗を持ってるとこ。やっぱり、天真爛漫な主人公には、太陽のカードやで。
    まぁ、ダヤンは、主人公やから、他にも運命の輪や世界にも登場するんやけど。

    となると、ジタンは・・・魔術師。なるほど、なるほど。

    そうそう、戦車のカードは、ダヤンとジタンが二人で馬車を御してるんやわ。
    普通の戦車のカードは、白と黒の質の違うスフィンクスを御してるとこやけど、ダヤンのカードでは、ダヤンとジタンという違った持ち味の二人が、協力して大きな力を生み、馬車を御しているとこに焦点が変わってるんやわ。

    こういう味付けも楽しいで。

    あっと、マーシィは節制な。そして、マーシィのお母さんを中心に、子沢山のマーシィの家庭は、女帝になってるで。

    きれいな絵と、奥深い物語と、タロットカードのコラボは、大成功やで。

  • 私の部屋、にて購入。

  • ダヤンのイラストがとてもかわいいです。

全6件中 1 - 6件を表示

鏡リュウジの作品一覧

鏡リュウジの作品ランキング・新刊情報

ダヤンのタロットカードを本棚に登録しているひと

ダヤンのタロットカードを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダヤンのタロットカードを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする