ミムラの絵本日和

  • 157人登録
  • 4.00評価
    • (24)
    • (23)
    • (19)
    • (1)
    • (1)
  • 35レビュー
著者 : ミムラ
  • 白泉社 (2007年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592732457

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
万城目 学
三浦 しをん
村上 春樹
湊 かなえ
有川 浩
村上 春樹
酒井 駒子
シェル・シルヴァ...
三浦 しをん
宮下 奈都
湯本 香樹実
村上 春樹
中島 京子
有効な右矢印 無効な右矢印

ミムラの絵本日和の感想・レビュー・書評

  •  女優ミムラさんの名前の由来は、ムーミンに出てくるミイのお姉さんミムラ
    から取っているのですね。長女であるが夢見がちのキャラクターが同じな
    のでしょうか。

     ミムラさんの絵本にまつわるお話し、一つ一つが小話のようで楽しく読み
    進めました。ほとんど知らなかった絵本ばかりでしたが、小さいころから親
    しまれ、常にそばにあった本たちなのですね。

     これから多くの本と出合うであろう子供たちが、自分の気に入った一冊を
    大きくなるまで大事に心の中に持ちつづけられると良いですね。

     紹介された本の中で「まっくろネリノ」が印象に残り、図書館で探して是非
    読んでみようと思います。

  • 先に「絵本散歩」の方から読んでいたのですが、この「絵本日和」の方が絵本の紹介が多かったです。

    ミムラさん・・・本当に絵本が大好きなんだなぁ・・・!
    登場人物に寄り添い、時には見守るという絵本への接し方がとても真摯で優しくて素敵だと思いました。
    ミムラさんの絵本レビューによって作品の魅力が倍増しているように思います。

    いろいろ読みたい絵本が増えましたが、まずは実家に眠っている絵本を読み返してみよう。
    思いがけない自分の趣向や考え方の原点に再開できるかも・・・?
    そんなわくわくする気持ちにさせてくれるエッセイでした。

    私もミムラさんみたいに好きなものだけを集めた部屋を作りたいです!!

  • ミムラさんという女優さんにそれほど興味を持っていなかったのだけれど、この本を読んで、ぐんと好きになった。

    幼い頃から絵本好きで、
    絵本を置くためにワンルームのアパートを借りているほどの絵本フリーク。

    そのミムラさんがおすすめするだけあって
    どの絵本もおもしろそうで、
    しかもそれについて語るミムラさんの文体が美しくて素晴らしい。

    こんな風に絵本を語れるようになったらいいなと
    自分の目指すものが見えた気がした。

  • 女優ミムラが好きな絵本について語る本。月刊「MOE」にて連載していたそうです(今も、かな?)
    自分の好きな本やものだけを集めたミムラさんのお部屋、行ってみたいです。知ってる絵本については、うんうん分かるよ、とか、そういう読み方もあるのか~という気持ちになりました。知らない絵本についても、ミムラさんの子どもの頃のエピソードを交えた文章に興味を惹かれ、読んでみようと思いました。

  • 絵本好きの女優ミムラさんセレクトの秀作絵本が沢山掲載されています。大人向けの絵本を探している方に。

  • 女優のミムラさんが、彼女が愛する絵本をゆる~く紹介。
    絵本の内容だけでなく、それに纏わる彼女の思い出やこだわり。くつろげる場所でのんびり紅茶を飲みながら、
    話しかけてくれているような、そんな肩の力の抜けた文章も素敵で、絵本の思い出とともに癒してくれます。

    決して裕福でない我が家でしたが、絵本だけは惜しみなく与えられていました。
    何度も何度も読んでもらったり、つっかえながらも母や弟に読んで聞かせたり。
    そのせいか、紹介されている18冊のうち、10冊は読んだことのある本で、嬉しかった~。
    でも、おなかのかわ について語ってもらえなかったのは残念。

    絵本は、子供の頃の思い出に寄り添っていたり、あの頃の気持ちを引き出してくれたり。
    今でも絵本は大好きだけど、なかなか読む機会が作れなくて残念。

    甥っ子が、早く絵本を一緒に楽しめるようにならないかな~。

  • ◆きっかけ
    Amazon読みたいリストからの移動 2016/8/4
    ◆感想
    図書館でリクエストして他館(県立図書館)からの貸し出し。『こんにちはおてがみです』の章を読んで、昔実家にも各ページに封筒と、お手紙が入っている仕掛け絵本があったのを思い出した。その仕掛けに、すごく特別感を感じてドキドキしたのを覚えている。あの本、どこに行ったのかな。娘にもいつか読ませてあげたい。
    池田あきこさん(猫のダヤンの作家)との対談が収録されていた。ダヤン好きって言ってた妹へのプレゼントに、この本を添えても良いかも。2017/6/30
    ◆この本がきっかけで読みたくなった本
    ・ロバのシルベスターとまほうのこいし
    ・しんせつなともだち
    ・ロッタちゃんとじてんしゃ
    ・まっくろネリノ
    ・ねぼすけスーザのおかいもの
    ・うさぎのマシュマロ
    ・ききみみずきん

  • この間、テレビでミムラさんが新しい本を出されたことや絵本が大好きということも話されていたのを見かけて、ミムラさんの絵本を紹介された本を手にとってみた。どの絵本のエッセイも、子どもの頃のエピソードとかがミムラさんの言葉で楽しく書かれている。そしてミムラさんの手元で今も大切にされてる絵本の写真が載っている。ミムラさんが絵本や言葉を紡ぐことに、すごく丁寧にまじめに向き合っておられるのが伝わってくる。表紙の草色?がわたし好み。おまけに本の中で紹介されてるミムラさんの大好きなものばかりを集めたお部屋に敷かれている人工芝と、青く塗られた大ぶりの木の枝とがわたしの中でリンクしちゃって、野原で寝転んで読んでいるような気持ちよさになった。

  • 本がとても好きな人なんだなあということが素直に伝わってくる。
    自分の等身大の言葉で
    思い出も語りつつ、大好きな思い入れのある絵本について短い言葉で綴られたものなんだけどとても温かみが感じられた。

    かなり昔に読んでいた本が何冊もでてきて
    当時の思い出もよぎって胸がきゅーんとなってしまった。

  • 女優・ミムラさんによる絵本の紹介。
    読んだことない絵本が多々あり読んでみたいなぁと思った。
    ミムラさんの感性とかがおもしろかったです。
    今度、借りて読んでみよう。 2015.3.12

  • 子供の頃から本好き、絵本好きなミムラさんは、人工芝を敷き詰めた「読書室」まで持っているとか。
    そこに置かれた大好きな絵本の中から、特にお気に入りで、今でも手に入りやすい本を紹介している、軽めのエッセイ集。
    月刊MOEに連載されていたようです。

    作家とか批評家とかの、一読者的視点からかけ離れがちなレビューよりも、読者目線の感想文を好む私には、とても良い本でした。
    それほど上手な文章ではないと思うけれど、真っ直ぐで、ご自分で書いたに違いないと思える内容で、好感度大。

    紹介している絵本にまつわる個人的な想い出が綴られていて、保育士である母上や、お姉さんたちとの良い関係が浮き彫りになって、ちょっと天然系な部分もあって。

    私もかなり絵本を読んできていますが、既読本は、ミムラさんの想い出を読みつつ、自分の想い出も甦ってきたし、未読本は、どれも読んでみたくなりました。

  • 共感できるところ、刺激をもらったところ、優しい気持ちになれたところ、がたくさんあった一冊でした。
    ミムラさんが好きになりました。
    読みたい本が増えた!

  • 女優ミムラが思い出を交えながら絵本について語る。好きという想いを素直に好きと言う感覚が素敵です。選ばれる絵本は有名王道作品あり、初めて目にする作品もあり、何を紹介しようかと悩む様も楽しいというのが目に浮かびます。

  • 「『こんとあき』を読み直して以来、絵本は他の本に比べて様々な見方ができる分、その好き嫌いの判別が変動しやすいのだと思うようになりました。なので、昔どんなに印象の薄かった絵本でも、何度でも挑戦することにしています。」

    アクション
    こんとあきを読む。

  • 女優のミムラさんが、好きな絵本の魅力を、小さかったころなどのエピソードを交えて紹介している。

    私の感想はのちほど

  • ミムラさんの体験を交えながら絵本の紹介がされている。とても心があたたまり、絵本が読みたくなってきた。

  • お風呂のおとも
    自分の好きな世界観の中でいきているのはステキ。
    好きなものがハッキリ。

    しんせつなともだち、読みたい。
    こんにちは、お手紙ですかわいい。
    cookie count
    るきさん
    片想いさん

  • 名は体を表す、とはペンネームにも当てはまるな、と思う。ミムラさんはカタカナの「ラ」に似た顔をされていますなあ。

  • 【ひとりを愉しむときに】

    ~きっとあなたも読みたくなる~
    ミムらが語る絵本18冊。
    思わず読みたくなってしまうエピソード満載デス。

    【配架場所】図書館1F開架 019.53/MIM

  • よく読んできた証の“絵本”の数々…
    やさしく気の利いた文章が、とても心地よく、もう一度“絵本”を読み返してみたくなります。

  • ミムラという名前はムーミンからとったというのもいいですが、独自のゆったりした世界をもっている素敵な人ですね。そんなミムラさんがセレクトした絵本。どれも読んでみたい。

  • 絵本の紹介、感想でこれだけ面白い文書を書けるとは驚いた。
    自分に起こった出来事や癖、好みを絡めて豊かな言葉で綴られる文書を読んでいると、ミムラさんの人柄がどんなだか分かる気がする。

  • MOEに連載されていたコーナーをまとめた本とか。
    私は息子3人がいるので、絵本を選ぶ視点がミムラさんと違います。
    面白くて笑えるもの…
    動物より、人間が主人公のもの…
    命の大切さや、自然を大切にしようと思えるようなもの…
    私が小さいころ好きで読んだもの…
    だからこそ、ミムラさんセレクトは面白かったです。
    ミムラさんのおうちの「絵本のお部屋」に遊びに行ってみたいです。

  • 2009.08.06. ずっと「MOE」での連載を読んでて、かわいいなぁ、ミムラはこんなにかわいいのかぁと思っていたのです。確か、ひとつ年上の彼女はかわいらしい。この本も、とてもかわいらしくて和みます。

  • こっこれは・・・

    絵本が欲 し く な る ・・・!
    困ったなぁ(笑)。絵本って高いから・・
    「ミムラの絵本日和」、絵本の良さを知ると同時に、ミムラさんのことが大好きになります。彼女の魅力が詰まっています。
    可愛い、可愛いよミムラさん!!思っていた以上に熱い方ですね(笑)。是非お友達になりたいタイプ。
    絵本のことを熱く語るミムラさん、本当に素敵です。

全35件中 1 - 25件を表示

ミムラの絵本日和に関連する談話室の質問

ミムラの絵本日和に関連するまとめ

ミムラの絵本日和を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ミムラの絵本日和を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ミムラの絵本日和の作品紹介

「MOE」好評連載中の絵本レビュー、「ミムラの絵本日和」が一冊になりました。『ふたりはともだち』『もぐらとずぼん』『いつまでも、鰐』…絵本通もうなるセレクトの18冊の絵本の魅力を、子どもの頃からの絵本にまつわるエピソードをまじえ、ミムラが自分の言葉で、真摯に、熱く語ります。巻頭ではミムラのお部屋を特別公開、また絵本作家の坂崎千春、池田あきことの対談2本も収録。

ツイートする