絵本の国のぬいぐるみ (MOE BOOKS)

  • 148人登録
  • 4.14評価
    • (16)
    • (17)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 原優子
  • 白泉社 (2009年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592732518

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリィ・W...
飯島奈美
にしまき かやこ
有川 浩
平田 研也
酒井 駒子
モーリス・センダ...
有川 浩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

絵本の国のぬいぐるみ (MOE BOOKS)の感想・レビュー・書評

  • 「ぐりとぐら」「ぐるんぱ」「こねこのぴっち」など人気絵本のキャラクターを手作り!ぬいぐるみ作家が、手芸ビギナーでもカンタンに挑戦できる作り方をご紹介します。型紙付き。

  • 絵本に出てくる登場キャラクターたちが可愛いぬいぐるみになります。
    あなたが好きだった絵本のあのキャラクターもいるかも!?

    本の詳細、詳しい感想はこちらのページへ↓
    http://omocyanochachacha.blog65.fc2.com/blog-entry-146.html

  • かわいい!

    タマラン

  • 資料ID:W0163993
    請求記号: 594||H 31
    配架場所: 本館1F電動書架C

    中澤先生のご紹介で受入ました。
    おなじみ絵本のキャラクターが作れる1冊です。
    大変可愛らしいのですが、作り方も難易度が高め・・・
    手芸好きな方はぜひ挑戦して下さい!
    そしてできたものを見せてください・・・ (ぐり&ぐらに挫折したS)

  • 完成度の高い作品が沢山。
    みていてやる気が出る。

  • 夜想#ぬいぐるみ展 part1
    2012年8月31日[金]~9月24日[月]
    ■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
    ■水曜日休館(会期中、臨時休館を頂く場合もございます)
    ■入場料:500円
    ■展覧会 会場:parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
    ■東京都台東区柳橋2-18-11 ■TEL: 03-5835-1180
    http://www.yaso-peyotl.com/archives/2012/09/stuffed_animals_part1.html

    原優子も出展されているようです。。。

    白泉社のPR
    「ぐりとぐら、ぐるんぱ、こねこのぴっちなど人気絵本のキャラクターをカンタン手作り。月刊「MOE」の好評連載をもとに、絵本の主人公のぬいぐるみの作り方を型紙つきで紹介。初めてでも作れます。 」

  • 全部可愛くて、作ってみたいのがいっぱい!

  • これを見て作るにはハードルが高いです。
    今のところ眺めて楽しんでいます。
    ビロードのうさぎを作ってみたいのですが、
    いつになることやら。

  • とにかく可愛い
    あったかいぬいぐるみと絵本の本

  • 完成度の高いぬいぐるみたち。大人向け。

  • 誰からも愛されてきた絵本の中のキャラクターを集めたぬいぐるみの本。傍らに置いて眺めるだけでも楽しいと思います。

    自分のために「ぱたぽん」(「まりーちゃんとひつじ」より)を作ろうと思い購入した本ですが、まずは甥と姪のために「ぐりとぐら」「ぐるんぱ」を作ってみました。丁寧な説明がついていますが、まったくの初心者には少しハードルが高いかもしれません。
    特に見本通りに仕上げたい場合は、選ぶ布地等もイメージ通りのものを使うことが必要だと思います。
    おもいきって、全然違うテイストの布地で作ってみても面白いかも?

    おすすめです!

  • 「ぐるんぱ」「ぐりとぐら」「ブレーメンのおんがくたい」「ハンプティ・ダンプティ」など大好きな絵本の主人公のぬいぐるみの作り方が紹介してあります。

  • かなり可愛い。全部作りたくなっちゃう。

  • ぐるんぱ・ぐりとぐら・こねこのぴっち・ぱたぽんなど15体の絵本(だけではないが・・・)の主人公が・・・見ているだけでかわいい。

  •  絵本でお馴染みのキャラクターを、ぬいぐるみで忠実に再現出来る1冊。
     どの作品も非常に可愛らしいが、中でも、ぴっち(『こねこのぴっち』)の愛らしさは絶品。いかん、萌え死ぬwww
     型紙付きなので、手軽にチャレンジ出来そう。
     うん、時間さえあれば…。

  • 原優子さんのこの連載を見るために、
    学校の図書館でMOEをひろげていました。

  • 絵本の中の主人公の「ぐりとぐら」や「ぐるんぱ」が、絵本から飛びだしてきたら、うれしくありませんか?
    鼻の上にビスケットを乗せた「ぐるんぱ」。青い帽子と赤い帽子の「ぐりとぐら」。頭が大きくて、体が小さい「こねこのぴっち」。など、15のお話の中の主人公が、ぬいぐるみ作家の原優子さんによって、ぬいぐるみに。
    絵本のお話も載っているので、本をながめているだけでも幸せなのですが、実物大の型紙と縫い方が載っていますので、おもわず頬ずりしたくなるような、自分だけのぬいぐるみが作れます。
    さあ、あなたも レッツトライ!きっと素敵なプレゼントができあがりますよ♪2009年3月発行

  • ぐりぐらやぐるんぱ、作りたい!かわいい!!

  • ラボママから教えてもらいました。
    表紙の「ぐりとぐら」はもちろん「ぐるんぱ」のぬいぐるみの作り方が載っています。
    ラボ関連では、「はだかの王さま」「ブレーメンのおんがくたい」「(鏡の国の)アリス」ではハンプティダンプティが紹介されています。
    その他にも
    『こねこのぴっち』『ビロードのうさぎ』『パンダのリンダ』
    『ぼくの小鳥ちゃん』『まりーちゃんとひつじ』
    『わたしのワンピース』『ちいさいおうち』『タビの雑貨屋』
    『ふたごのこぶた ブブとププ』『くまのもんちゃん』 など

    これは即買いでしょ!

  • かわいいかわいい、絵本のキャラクターがつくれます♪

  • えへ。
    勢いあまって買っちゃったけど、作れるのか私。。。

    ぬいぐるみじゃなくて、ペーパークラフトみたいにアレンジして使えないかなあ

全22件中 1 - 22件を表示

絵本の国のぬいぐるみ (MOE BOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする