ターシャ・テューダー最後のことば―ラスト・インタビュー「人生の冬が来たら」 (MOE BOOKS)

  • 160人登録
  • 3.82評価
    • (21)
    • (18)
    • (23)
    • (5)
    • (0)
  • 29レビュー
制作 : Tasha Tudor  Richard W. Brown  Seth Tudor 
  • 白泉社 (2009年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (110ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592732525

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ターシャ テュー...
柴田 トヨ
村上 春樹
ターシャ テュー...
ターシャ・テュー...
夏川 草介
三浦 しをん
ターシャ テュー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ターシャ・テューダー最後のことば―ラスト・インタビュー「人生の冬が来たら」 (MOE BOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ターシャさんの本はたくさんあるけれど、全部は持てないので何か、日常にふれられるものをと探していました。

    そんななかで知ったのがこの本です。

    ドキュメンタリーが映画になった作品を拝見したあとでもあり、ほんのすこし、ターシャさんとの距離が近くなった氣がしました。

    時折、彼女の氣配、ぬくもりを何処かで感じながら日々を生きていこうとおもいます。


    出逢えた奇跡に感謝をこめて

  • 最後の言葉をまとめたので、特に新規のことばはない様子。後半は彼女のことばではなく、家族のことば。
    文字も大きいので読みやすいが、物足りなさも多少感じる。

    だが、美しくも、心が温まる写真と文章に、彼女の飾らない良さが、今も垣間見えて感じ取れる。

  • 人生をよりよくするために、努力できる。希望を持つということは、私たち自身の選択である。楽しく、満足に生きるという意志を持つ。諦めたり、誰かのせいにすることは、自分の人生を生きているとはいえないんだとわかりました。ひとつのことを続ける勤勉さと忍耐力を身につけることが、成功への近道になる。これは、ターシャさんの長男の奥さんがターシャから学んだこととして書いている。ターシャは何かを押し付けたりしない。何を大切にするかは自分で選ばなければならないから。それを続けることに深い意味を感じているんだろう。ターシャの幸福を感じながら、彼女の絵本を読もう。

  • ターシャさんの晩年をまとめた写真とことば。

    関わった人たちの、ターシャさんへの想いなど。

    「自分のまわりを美しい考えで見たし、
    親しい人々に愛と優しさのこもった行動を
    とることをおすすめします」

    たくさんの苦労をのりこえ、その中で
    大切にしたいものを決して手放さなかった
    ターシャさんを支えたのは、
    こうした言霊のチカラもあるのではないだろうか。

    たくさんの書物から得たものを
    作品に、暮らしに、反映させて
    何があっても揺らがないように
    生きようとした意思には、それが
    大きかったのではないかと思われる。

    そのターシャさんが、見せてくれる
    景色、花、添えられる言葉に
    見るものがチカラを与えられる。
    そんな気がする。

  • 美しい人生だ

  • ターシャさんについての本を読むのははじめてです。

    近頃、ミニマリストという言葉が流行るなど、シンプルであることの価値が見直されていると思います。
    ターシャさんの生活はとてもシンプル。仙人のようです。

    生活は私にはとても真似できないけれど、彼女の考えは見習いたい。

    美しさは見るものの目にやどる。
    つまらない義務や仕事にもいい面を見出し、暮らしを楽しむ。
    周りの人を大切にする…

    心にとめておきたい考え方がたくさんありました。

  • ターシャの本はもう目新しいものは出ていないので
    言葉の総集編という感じ。

    MOEの掲載になったものをまとめているものなので
    MOEの読者なら既読な内容になるとおもう。
    まとまっていてきれいな本ではある。

  • ステキな写真と、言葉が綴られた本。
    ボリュームがなくて残念という方もいるようだけど、
    ゆっくり、読みたい時にいいと思う。
    優しい言葉が、心にしみ込みます。

  • 月刊MOEに掲載された、ターシャ・テューダー最後のインタビューと家族の証言をまとめたもの。

    写真がきれいで、何度も映像で繰り返し見たターシャの声が脳内で再生されるような文章でした。
    ターシャ好きなら必ず気に入る内容だと思います。

    ただもっとボリュームがあれば……と。
    ちょっと、物足らないです。

  • 「美は見るものの目に宿る」「自分のまわりを美しい考えで満たし、そして自分と親しい人々に対して愛と優しさのこもった行動をとることをおすすめします。」ターシャの言葉に共感し、憧れます。けれどその暮らしは決して易しいものではないと、ターシャやターシャの家族が伝えてくれます。自分の身の丈にあった豊かな生活を心がけて、と教えてくれる本でした。庭の写真がとてもきれいです。

全29件中 1 - 10件を表示

ターシャ・テューダー最後のことば―ラスト・インタビュー「人生の冬が来たら」 (MOE BOOKS)に関連する談話室の質問

ターシャ・テューダー最後のことば―ラスト・インタビュー「人生の冬が来たら」 (MOE BOOKS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ターシャ・テューダー最後のことば―ラスト・インタビュー「人生の冬が来たら」 (MOE BOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ターシャ・テューダー最後のことば―ラスト・インタビュー「人生の冬が来たら」 (MOE BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ターシャ・テューダー最後のことば―ラスト・インタビュー「人生の冬が来たら」 (MOE BOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ターシャ・テューダー最後のことば―ラスト・インタビュー「人生の冬が来たら」 (MOE BOOKS)はこんな本です

ツイートする