ダヤンとパリのこねこ会議

  • 34人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 池田あきこ
  • 白泉社 (2009年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592732532

ダヤンとパリのこねこ会議の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あれ、絵がちょっとぼこぼこしてる?と思ったら、キャンパス地に描かれているんですね。味があってよいです。ダヤンがこねこになって、パリに旅に出ます。いろんな国のねこ大集合。

  • 中古購入
    この絵本単品では読めない

    わちふぃーるど という国に住んでいるダヤン
    他のダヤンの絵本を読んでいる人でないと
    設定がわからないので
    初めての方にはオススメできません
    私もキャラクターとして昔から好きってだけで購入したので
    わからないことだらけ
    大人は想像がつくので補足説明をしながら
    読んであげることができるかな?

    この方の絵はとても魅力的で
    設定がしっかりしてるので
    世界観もとてもいいです
    この絵本ではパリに来てるので
    世界観が他の絵本とは違います
    他の絵本が欲しいです!!

  • アルス、バニラショコラくるみ

  • ダヤンがパリのこねこ会議にいくはなし
    ダヤン久しぶりだな

  • バニラとダヤンはなかよしだな~~
    パリもいいね!

  • ベビーダヤンシリーズの第4弾なのか違うのか、ちょっと判りません。帯などに、第4弾という名はない様子。
    でも出てくるのはベビーダヤン。アルスのパリで行なわれる、こねこ会議の招待状が届いたダヤン。望みどおり知らぬ間に仔猫になって、パリに行って・・・・・・というお話。
    おひさまと猫の関係は大事だよね(笑) 

    紙の質感が目立つ絵柄なのは、いつもと違う画法?だからみたい。
    これはこれで、いいです。

全6件中 1 - 6件を表示

ダヤンとパリのこねこ会議に関連する談話室の質問

ダヤンとパリのこねこ会議はこんな本です

ツイートする