ぼくの宝物絵本 (MOE BOOKS)

  • 337人登録
  • 3.96評価
    • (23)
    • (30)
    • (24)
    • (1)
    • (0)
  • 51レビュー
著者 : 穂村弘
  • 白泉社 (2010年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (129ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592732563

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ぼくの宝物絵本 (MOE BOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 穂村弘さんの宝物絵本を一冊一冊丁寧に面白おかしく紹介してくれた本。古い絵本が好きだそうで、知らない作品も多かったけど、本当に楽しく最後まで読む事が出来ました。
    「…生きているのは当然、仕事をするのも当然、辛いのも当然という気分になってくる…そんなとき、『金曜日の砂糖ちゃん』(酒井駒子/作)を読む。」その文がとても心に残った。これからは私もそんなとき、絵本を読もう!

    憧れの酒井駒子さんに描いて貰った表紙素敵ですね。久しぶりに表紙に呼ばれた作品。凄い雰囲気。

  • ページを見開くと
    思わず目を奪われる
    ここは、なんだか変わった世界…

    (何だろう?)
    そっとささやく声に耳を澄ましてみる。

    「おや。なんだかおちておるぞ。おかしのえだ。」
    「うれしい。うれしい。」

    そうか。
    おかしのえをひろってよろこんでいたのか。

    おさらはおもった。
    「ぼくはなんてまるいんだろう。」

    そうか。それがおさらのほんとうのきもちだったのか。

    「さあ、まごよ、しごとはじめだ。
     せっせとはたらけ。」

    まごは、めいれいどおりせっせとはたらいている。このあとなにかいいことでもおこるのかな…

    小気味の良いひらがなの羅列と
    先の見通しがきかない不明瞭さってやはり、絵本の魅力なんだなぁと再認識したと同時に、
    穂村氏の(宝物絵本)というだけあって良く読み込まれている様子なのに、解説、評価的な言葉がない所、
    とにかくひたすら彷徨う事を楽しみ、気付いたあれこれを面白おかしく語りかけてくれるよな紹介の仕方がなんとも好ましく、どの絵本の世界にも触れたくなった本書は私の宝物絵本となりましたとさ。ちゃんちゃん。

  • マイエポックって言い方、古い? でもこの本で、穂村弘にはまっちゃったわたしです。なんというセンスいい言葉の選び方、使い方!に、ワクワクときめき、心をわしづかみ!でしたね。この人何物・・・?と、その後手当たり次第にほむほむの書いたもの読んでます。「ホムラー」になってしまいました。今は、『短歌という爆弾』読んで、歌人という表現者たちの、時間、想い、生命、感動を切り取る刃の凄さに圧倒されています。エッセイもおススメ。電車の中では、読めません。ニヤニヤした怪しい人に思われるからね。

  • ほむらひろしさんのお気に入り絵本の紹介です。
    大人向け。

    やっぱり昭和の絵本ってよいなーと思いました。
    ほむらさんの感性に感心してしまいます。
    ナンセンス絵本は私もとても好きなので、ほむらさんが紹介していた本をぜひ手に入れたいと思います。
    あとロシアの絵本への興味も増しました。

    酒井駒子さんの装画がすてきです。

  • 31のテーマでお気に入りの絵本を紹介.私も気に入っているのは,ふむふむと思い,知らない絵本はさっそく読みたいリストにチェック!カラーで絵本が載っているのでわかりやすい.

  • カラーのイラストが(絵本の)贅沢な本。
    絵本は奥が深い。

  • よかった。
    表紙、酒井駒子さん、ほんっとこの人の画は雰囲気があって素敵だ。
    そして穂村さんはやはりおもしろい。

    絵本のいわゆる紹介、というより、
    もっと個人的なその本に対する感想であるとか思い入れであるとか、そーゆー感じ。
    これ読んでみたい、と思うかどうかとはまた違う問題な気もするものの、まずどんっとその絵本の画を一枚みせるという作りは非常によい、と思う。
    一冊の本に対して、私だとただおもしろかったかおもしろくなかったか、ぐらいしかないんだが、
    さすが、歌人さんは思い至るところが深くて、
    なるほどーっと、目から鱗な気分が多々。
    やっぱ無生物が生き物に見える人たちってすごいわ~

    にしても「とらのゆめ」はひっじょーーに気になる。
    読み聞かせにいいような気も。
    探してみよう

  • 絵本を見る目が変わる。

  • いまだ見たことのない独特な感性。しかし、それを万人にひらき、伝える表現力。ほむらひろし、おそるべし。死と笑い、そして、生きることまで絵本を通して、感じてしまった。

    ・絵よりも言葉の方が意味の縛りを直接的に強く受ける。
    ・「めでたし」への不参加
    ・死の未知性は恐怖の源であると同時にときめきの源でもあるに違いない。

  • 2014.12.14市立図書館
    歌人で翻訳も手がける著者がタイトル通り大事にしている本の魅力を語るエッセイ集。大人のしかも男性の視点から、というのがちょっと新鮮。憧れて単行本の装丁を依頼し、最近はついに共作をするに至った酒井駒子さんのほか、武井武雄、せなけいこ、木葉井悦子、イエラ・マリ、タイガー立石、東君平、100%ORANGEらが紹介されているのは我が意を得たりという気分だし、乗り物絵本考があるのも、糸井重里・湯村輝彦『さよならペンギン』が長新太さんの作品とおなじ「めでたしめでたし」を志向しないくくりで登場しているのもうれしく。

全51件中 1 - 10件を表示

ぼくの宝物絵本 (MOE BOOKS)に関連する談話室の質問

ぼくの宝物絵本 (MOE BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくの宝物絵本 (MOE BOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ぼくの宝物絵本 (MOE BOOKS)の作品紹介

国内外の名作絵本、約70冊をオールカラーで解説・収録。

ツイートする