ちっぽけ村に、ねこ10ぴきと。―絵本作家の森ぐらし (MOE BOOKS)

  • 101人登録
  • 3.76評価
    • (9)
    • (14)
    • (11)
    • (2)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : どいかや
  • 白泉社 (2011年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592732679

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ちっぽけ村に、ねこ10ぴきと。―絵本作家の森ぐらし (MOE BOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ”幸せの毛玉”
    なんて素敵な表現なんでしょうか。。。

    ふっくらとやわらかくて、愛おしいぬくもり 。
    そのちっちゃな命が与えてくれる、かけがえのない 日々。

    どいかやさんが言うところの”冬の夜の拷問”(笑)
    2匹で10キロ…3匹の時もある…。
    あ~~、私もそうでした。
    寝返りを打つこともままならない、あの温かな重さが
    たまらなく恋しい季節です。

    猫ちゃん10匹に囲まれた、慌ただしくもゆったりとした時間の流れ。
    こんな自然豊かな場所で、可愛い猫ちゃんと一緒に生きて行ける。
    とても羨ましいです。
    大変なこともたくさんあるでしょうけれど…。

    自分の子供時代に家にあった懐かしい家具が、
    どいかやさんのお部屋に、今も現役で置かれてあることに感激です。
    まるでおとぎ話のような世界。

    大切な一冊になりました。

  • 大好きな絵本作家のどいかやさん♪

    こんな森の中の小さなお家で
    たくさんの猫ちゃん達と暮らしておられたのですねー。
    なんと幸せそうな日々!

    今、併読している小説の中では
    でっかい時計の針が
    忙しなく時を切り刻んでいるのに対し、
    かやさんの本の中の時計はむにゃむにゃ居眠りでもしているかの様…♪

    時間の長さは人が自由に決められるもの…?
    などと言う新説。(^^;

  • 原画展のたびにお邪魔しては、購入した絵本にサインをいただいてくる、
    どいかやさんの大ファンであるわたくし。
    月刊MOEに連載していたシリーズエッセイが、まとめられてこの一冊になりました。
    ご本人による写真とイラスト、そこに出逢った猫記録(?)などが綴られています。
    【幸せの毛玉。時々猫をそう呼びます】・・まさしく!!
    てらいのない穏やかな語り口は、いつもどおり。
    本当に自然で、ごくさりげない日常のひとこまを、丁寧に紹介しています。
    猫好きさんでなくても、豊かな自然の描写が楽しめます。

    かといって、安易に田舎暮らしに憧れるのはまた別の話。
    絵本作家さんという職業柄、日々を楽しむ才能も人一倍なのだと知るべし。
    同じ田舎に住む者として、忠告させていただきますが、甘いものではありませんぞ。

  • ふんわりとした絵本を描く、どいかやさんのプライベート本。ねこちゃんとの森の中での生活について書かれています。読んでいるとほっこり落ち着きます。素敵な1冊。

  • ずっと読みたい本のリストに入ってた一冊。どいさんの絵本は読んだことがないのだけど、おそらく猫という言葉が目に入ったからなのかな。たくさん猫を飼っていますが、それぞれの子に愛情を持っていて素敵だな、と思いました。自然に囲まれた自宅や暮らしが羨ましくなりました。

  • 緑の多い所で猫たちと暮らすって、憧れです。どいかやさんの温かい絵も素敵でした

  • 家にも二匹の猫がいるけど、いいなあ、こんな暮らししてみたい。

  • 10ぴきのねこたちとの出会いや思い出が綴られていて、読んでいて心がほっこりしました。

  • こんな生活が出来たら素敵だなぁと感じた。猫とのほのぼの暮らしを読みたかったのだが、後半は作者の持論、価値観の話。前半部分だけで良かった。もしもいちから自分で服を作るとしたら、と書いてあったけどこれはきちんと取材したのかなぁ?一方方向からの視点しか無いように感じた。

  • かわいい(*´ェ`*)ポッ 車の底に入ってしまった仔猫たち、そのままの状態で運転されて帰宅しての発見の用だから、よく生きていたものだと思う。場所が良かったのかな。

全26件中 1 - 10件を表示

ちっぽけ村に、ねこ10ぴきと。―絵本作家の森ぐらし (MOE BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちっぽけ村に、ねこ10ぴきと。―絵本作家の森ぐらし (MOE BOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

ちっぽけ村に、ねこ10ぴきと。―絵本作家の森ぐらし (MOE BOOKS)の作品紹介

猫は幸せの毛玉。絵本作家が猫たちと自然の中で過ごす日々を綴ったフォト&イラストいっぱいの森暮らしエッセイ。

ちっぽけ村に、ねこ10ぴきと。―絵本作家の森ぐらし (MOE BOOKS)はこんな本です

ツイートする