おさんぽ美術館 ぶらりとめぐる アート・雑貨・カフェ (MOE BOOKS)

  • 240人登録
  • 3.71評価
    • (11)
    • (20)
    • (21)
    • (3)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 杉浦さやか
  • 白泉社 (2013年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592732754

おさんぽ美術館 ぶらりとめぐる アート・雑貨・カフェ (MOE BOOKS)の感想・レビュー・書評

  • 大人にとって
    <未だ見ぬ世界>が少なくなるのは当然の事だけど
    ここ
    『美術館』には永遠にある。

    さやかさんの目線で
    ぶらぶら巡る美術館のお散歩は
    どのページも
    どのページも
    わっくわくがいっぱい♪

    一ページずつ、立ち止まる様に読んだ。

  • ちょっと遠出をして、絵を観に行きたくなった。そんな美術館ガイド。
    作品に出会う場としてだけでなく、美術館という箱の魅力がつまってます。
    細部までこだわった建築、しゃれたノスタルジックな内装、近くのランチがおいしいお店、おさんぽスポットなど、美術館に行く楽しみが数倍ふくらむこと間違いなし。
    サラサラっと描いたファッションチェックだったり、小物を紹介しているのが好き。いつになっても杉浦さんのエッセイは誰かのスクラップブックを覗いた時のような気分でわくわくします。
    初回限定なのかな、マーマリングトークにご出産のエピソードも有り。おめでとうございます。

  • 美術館と雑貨とカフェを紹介した本。
    杉浦さんのイラストがかわいらしい。

  • 私の好きな杉浦さやかさんの本です。イラストがとても
    可愛らしい!お店もいろいろな可愛らしい店や乙女心をくすぐる店ばかりでした。行ってみたい気持ちになりました。

  • こういう本が好きです。
    ガイドのためのガイド本ではなく、好きなことをガイドするというような。
    目的が限られないような感じなので、内容も伸び伸びするのかなぁと。
    知りたいことに答えてくれるのではなく、知らなかったことを教えてくれる。
    だからワクワクしてくるのだろうとおもいます。

  • この本を持って旅に出たい!私みたいな街をブラブラ歩くのが好きな人にはピッタリじゃないでしょうか。

  • 雑誌のMOEで毎回読んでいるけど、まとまったものが
    欲しいのと、さやかさんの本は買う事に決めているので購入。
    とてもわかりやすくまとまっていて、すぐにでも美術館へ
    散歩へ行きたくなる。いつもながら内容は間違いのない本。

    またはさみこんであったマーマリングトークの中で嬉しいお知らせが。
    「杉浦さやか新刊プロジェクト」はあまり見てなかったので
    そちらを開くとこのお知らせがブログにのっていた。
    とっておきの気分転換の挿絵のころから大好きですべての本を
    そろえているのと自分もビールや飲みの席が大好きで勝手に親近感を
    覚えていたので、ほんとうによかったなぁって心から嬉しく思う。
    きっと今度はそのことに関する本が出るかな。

  • 楽しみにしてた、イラストレーター杉浦さやかさんの新刊!しかも、美術館シリーズ!
    うわー、かわいい!かわいすぎる!この本片手に美術館行ったり、カフェ行ったり、買い物したいー!絶対女の子と行きたいね。楽しめるからね!

  • 「えほんとさんぽ さがしに行こう!絵本・雑貨・カフェ」「えほんとあそぼう」に続く第三弾

    白泉社のPR
    「杉浦さやかさんの「アートと一緒に、おいしいものやかわいいものを探しにいく」プチトリップへようこそ! さまざまな街の美術館を訪ね歩きながら、その街のカフェや雑貨屋さんもくわしくご紹介する、よくばりツアーガイド!」

  • イラストレーター杉浦さやかさんによる美術館巡り本。
    関東から九州まで掲載されているが、関東圏が多い。イラストレーターらしくこまごましたイラストが可愛らしい。美術館やその周囲の散策路などチョイスにセンスがみえて、エッセイのような感覚で読めた。

    関西や東北圏は少ないので、そちらの方が掲載された本も出版してほしい。

  • 国立新美術館が載っていたので図書館で借りました。ダリ展を観に行く為に。
    もっと美術館全体をゆっくり観たかったかなぁ。
    でも外のベンチで自然を見ながらパンを食べたのはいい思い出になった。
    他の美術館にも行ってみたいものです。本全体が可愛かったです。

  • 美術館の展示物はもちろんのこと、お土産やごはん、館内の装飾など女子が気になるところを可愛いイラストでたっぷりと紹介。それだけでなく周辺のおさんぽコースも紹介。
    行ってみたい!どの美術館も魅力に溢れているけど、だいぶん遠い……。まずは自分の住む県の美術館に行ってみよう。来年のやりたいことリストには美術館巡りをいれて全国をまわりたいな。

  • 三菱一号館美術館、東京国立博物館、東京都庭園美術館、など。鎌倉散歩で寄ったコースがどれも自分も寄った鉄板コース、良いセレクト。行きたくなったのは、印刷博物館、祈りの丘絵本美術館、原郷のこけし群 西田記念館。

  • 近くのお店やカフェなども紹介されているし、イラストもかわいい

  • どのページにも手書きのイラストが満載!
    イラストも紹介されている美術館も素敵で、行って見たいと思わせてくれる1冊です。
    この本で杉浦さんを初めて知ったので、他の著作もさかのぼって色々読みました。どれも面白かったです!

  • 絵が可愛くて好き。
    美術館周辺のお店も載っていたりするから便利。

  • 読書録「おさんぽ美術館」3

    著者 杉浦さやか
    出版 白泉社

    P28より引用
    “美術館のすぐ隣にあるのは、東京とはとて
    も思えないような、深い森。
    雨あがり、木や花の匂いがたちこめる中、お
    散歩しました。”

    目次から抜粋引用
    “東京の美術館
     えんそく美術館
     旅と美術館”

     イラストレーターである著者による、美術
    館やその周辺の食事処などを紹介する一冊。
     東京近辺から遠くは九州長崎まで、自筆の
    イラストと共に紹介されています。

     上記の引用は、東京白金台の自然教育園を
    紹介する一節。普段どんなに便利な都市生活
    を送っていたとしても、全く自然の物のない
    状態には、人は耐えられないのかもしれませ
    んね。雨上がりに香ってくる木や草の匂いは、
    私も嫌いじゃありません。ただ、今時分は車
    に轢かれたカエルのせいか、少々生臭かった
    りするのが玉に瑕です。
     全編、優しい雰囲気のカラーイラストが描
    かれていて、気持よく読める一冊です。

    ーーーーー

  • 最高にかわいい!!持ち歩いて東京さんぽしています。

  • あんまり肌に合わなかった。いろんな方の支持は得ていると思うけれど。

  • 可愛らしいイラストで美術館や雑貨屋さん等を紹介しています。
    関東よりかもしれません。

  • さやかさんの本はもーたくさん読んでる!散歩好きになったのはこの人のおかげです!
    そして美術館!あまたある美術館のなかから杉浦チョイスで選ばれたところは、日本建築だったり、和洋折衷だったり好みにぴったりなのですよ。庭ほしいよねえ。
    旅行先に当てはまれば、そこにもぜひ足を運びたいと思わせてくれる素晴らしき本でした。

  • 待ちに待った新刊!
    色んな美術館やその近くのカフェ、雑貨屋さんなどのかわいらしいお店が載ってます。かわいい絵とほんわか文章に癒される〜。手元に置いて何度も読み返したくなる一冊。

  • 美術館に行って、ちょっとおいしいものを食べて、かわいいものを買って、自分へのごほうびの1日にピッタリ!

全27件中 1 - 25件を表示

おさんぽ美術館 ぶらりとめぐる アート・雑貨・カフェ (MOE BOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おさんぽ美術館 ぶらりとめぐる アート・雑貨・カフェ (MOE BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おさんぽ美術館 ぶらりとめぐる アート・雑貨・カフェ (MOE BOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

おさんぽ美術館 ぶらりとめぐる アート・雑貨・カフェ (MOE BOOKS)の作品紹介

杉浦さやかさんの「アートと一緒に、おいしいものやかわいいものを探しにいく」プチトリップへようこそ! さまざまな街の美術館を訪ね歩きながら、その街のカフェや雑貨屋さんもくわしくご紹介する、よくばりツアーガイド! 2013年8月刊。

おさんぽ美術館 ぶらりとめぐる アート・雑貨・カフェ (MOE BOOKS)はこんな本です

ツイートする