子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学 (MOE BOOKS)

  • 122人登録
  • 3.93評価
    • (5)
    • (5)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 石井ゆかり
  • 白泉社 (2016年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592732853

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学 (MOE BOOKS)の感想・レビュー・書評

  • 図書館にまだ置いてない。

    (2016.05.16.)

  • 父を亡くした私にとって、以下の文章はとても心に響きました。
    石井ゆかりさんの文章を読み、実際に「悲しい本」を手に取りました。いい出会いとなりました。

    「悲しい本」
    悲しみは、愛情の深さや心の清らかさから生まれます。
    悲しみを忘れずに、ずっと悲しんでいたいのです。
    悲しみという感情が、愛する人そのものと、ほとんど等価なのだと思います。
    この本の中で、悲しみは悪者あつかいされていないのです。
    悲しみを生きることが、私たちの人生においてどんなに貴重で重要かを、この本は私たちに確かめさせてくれます。

  • 雑誌MOEで、筆者が2013年〜2015年まで連載話していたものまとめたもの。

    絵本や、児童文学って、こんなにも奥深く、学びのあるものだったのですね。。
    子供の世界を広げ、子供の考え方を成長させ、人としての「根っこ」を育てる本たち。
    大人になって、それを読み直すと、今の自分の生活、性格、クセ、それらにもドンピシャで当てはまる。
    大人になっても、大切なものたちなんですね。

    ただ単に、絵本や児童文学の感想を共有するたけではなく、時に自分に照らし合わせ、そのストーリーの奥底にある意味を優しく表現できる筆者をさすがだなーと思いました。

    私自身は、子を育てたことはありませんし、これからもできるかどうかは不明ですが、いま、子育てをしていらっしゃる方には、ぜひこの本を読んでいただき、子供と一緒にその本の素晴らしさに気づいてもらいたいなーと思いました。
    子供とともに大人も成長する。そんなチャンスが巡ってくると思うから。
    2017/1/9

  • ◆きっかけ
    MOEインスタ 2016/11/19

  • 子どもの頃に読んだ本をもう一度読んでみると
    子どもの頃に思っていた内容と全然違っていたりして
    なかなかに面白い♪

    作者は、昔読んだ本を今度は大人目線で読み返し、
    子ども頃にはわからなかった魅力を
    あれこれ解説してくれています。

    子どもの頃に読んだ本を
    忘れた頃に読み返す一番の楽しみは、
    とっくに忘れていたはずの、家の匂いや母との会話
    好きだったおもちゃのことまで
    あっという間に記憶が押し寄せてくること。
    こんな風に、改めて本の魅力を語るのも楽しいけれど
    子どもの頃に感じた、本を読み終わった時の感動や
    物語の中に日常がすっぽりと入り込んでしまったような感覚をずっと忘れないでいたいと改めて思ったのでした。

  • 著名人が好きな絵本を紹介する本は
    いくつか読んだけれど、
    散文になりがちなものが多かったように思う。

    でも、さすが石井ゆかりさん。
    個人的なのに普遍的、
    人の集合意識まで届く
    言葉のひとつひとつにノックアウト。

    私もこんな文章をかける女性になりたい。

  • 石井ゆかりさんは読者と「好きな本の話で盛り上がる」ような気持ちで書かれたようですが、わたしにとっては静かな湖の畔で爽やかな風に吹かれている、そんな癒やされ感でいっぱいになる本となりました。どの本の紹介からも幼き日の石井さんが同じ本を何度も繰り返し読まれている姿が浮かび上がり、それは表紙の酒井さんが描かれた何とも言えない可愛らしい表情の女の子と被ります。石井さんのご自分の体験から綴られる言葉には絵本や児童文学への愛や、読者への想いがまっすぐ伝わってきました。

  • 児童文学って、いくつになっても楽しめるんだなぁと
    実感した。

    紹介されている本は、読んだことがある本が多かった
    けれども、読んでいないものは、読んでみたいと
    思いました。

  • この本は、MOEでの連載をまとめたものです。『あの頃愛した本には、幼い日の記憶のかけらが詰まっていました』と言う石井ゆかりさん。この本には、懐かしい本、あの頃、読んだけど、忘れてしまった本、読んでみたい本が載っています!楽しくなる本を紹介しているように感じました。

全9件中 1 - 9件を表示

子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学 (MOE BOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学 (MOE BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学 (MOE BOOKS)の作品紹介

「12星座シリーズ」など心に響く星占いやエッセイが人気のライター・石井ゆかりさんが、クマのプーさん、あおくんときいろちゃんなど大人になったからこそ改めて読みたい児童文学の魅力に迫ります。
2016年6月刊。

子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学 (MOE BOOKS)はこんな本です

ツイートする