服を10年買わないって決めてみました ~買わずに楽しく絵本作家のシンプルライフ~ (MOE BOOKS)

  • 52人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (3)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : どいかや
  • 白泉社 (2017年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592732907

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
三浦 しをん
佐々木 圭一
ヨシタケ シンス...
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

服を10年買わないって決めてみました ~買わずに楽しく絵本作家のシンプルライフ~ (MOE BOOKS)の感想・レビュー・書評

  • 絵本作家の著者らしい、かわいらしい
    挿絵がとても素敵な一冊。
    量は少ないながら、深い内容です。
    わたし達が普段何気なく買っては捨てている
    洋服について考えさせられました。
    ユニクロとかGUとか、安くて大量生産の
    ファストファッションが当たり前の時代。
    しかし、その服がどのような経緯で作られて
    流通しているのか考えると、
    質の良い服を長い期間大事に着ていくことの
    素晴らしさを感じずにはいられません。

  • 絵本作家どいかやさんのイラストエッセイ。家にあるたくさんの服(祖父母、母や姉の服、自分の中高生からの服!)をリメイクしながら大切に着て、10年新しい服を買わずに過ごしてみたそうです。そのいろんなリメイクや工夫がかわいいイラストで綴られています。
    感想としては自営業者だからできることだなあ・・・^^;ってところでしょうか。
    でも人の手によって生み出されたものたちを大切にしようという気持ちは温かく伝わってきました^^

  • 「チリとチリリシリーズ」でおなじみの絵本作家、どいかやさんの本。ほっこりしたイラスト満載で読みやすい。
    服を作ったり、リメイクするためにほどいたりして洋服の構造を知る度に感じていた事。こんなに複雑で手間のかかる洋服が、なぜあんなに安価で手に入るのか。何となく感じていたその疑問に、この本は答えてくれる。
    「服を10年買わない」と決めたからこそ生まれる工夫。そして楽しさ。「買わない」事を勧めるのでは無く、「何を買うか」考えようと思わせてくれる本です。

  • 図書館で予約。
    手元に来たときは、あまりの薄さにビックリしましたが、それなりに面白かったです。

  • 服を10年買わないなんてすごい!
    でも、やればできるものだなと感心した。
    しかも、どいかやさんは、そんなに苦しまず、むしろそんな生活を楽しんでいるようにも見えた。
    でも、こんな生活、自営業だからできるんだよね……と思いました。自分には絶対できない生活です。

  • とても興味深い体験談だった。なるほど・・。

  • 服を買わない代わりに、時間がとられるので実現は難しいと思った。

  •  ワンシーズンくらいなら服を買わないこともあるけれど、10年も…。すごい!
    (一般担当/YUKI)平成29年6月の特集「ファッションの本」

  • チリとチリリシリーズのどいさんの本!服を買わなくてもリメイクしたりして何年も着れるんだなあと思いました。無駄なものばかりたくさん買ってしまうし、ついつい安いものを買ってしまうけど、それが作られるまでにいろんな人の手がかかってることを知っておかないといけないなあと思いました。絵がかわいい。

全9件中 1 - 9件を表示

服を10年買わないって決めてみました ~買わずに楽しく絵本作家のシンプルライフ~ (MOE BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

服を10年買わないって決めてみました ~買わずに楽しく絵本作家のシンプルライフ~ (MOE BOOKS)の作品紹介

「チリとチリリ」シリーズ、アイヌの昔話「ひまなこなべ」など多数の絵本作品を発表しているどいかやさん。10年前の大掃除のときに思います。「山ほど服を持っているのにまだ服を買い続けている。衝動買いしたまま来ていない服もあるし…。来年からとりあえず10年服を買わないチャレンジをしてみよう」 チャレンジが終了し、10年間の出来事を振り返ります。ある服で楽しく過ごすユニークなアイデアが具体的に提案されていて、明日からでもすぐに取り入れられそうです。(じんべいでワンピース、裏返しブラウス、「ブラなしオーケーBNO」シリーズなど)どいさんのリフォームを見た近所のおじいさんが自分もセーターの染めに挑戦したり、亡くなった御主人の新品のズボンが捨てられないでいた御近所の方から、もらってほしいと頼まれたり、といった地域のコミュニティーとの交流や、どいさん姉妹の服をせっせと作ってくれたおばあさんの思い出など、微笑ましいエピソードも。ありえない値段でどんどんつくられ消費されるファストファッションへの問題提起も含め、「丁寧にシンプルに楽しんで暮らす」喜びが描かれます。
2017年3月刊。

服を10年買わないって決めてみました ~買わずに楽しく絵本作家のシンプルライフ~ (MOE BOOKS)はこんな本です

ツイートする