すきまのおともだちたち

  • 478人登録
  • 3.53評価
    • (46)
    • (77)
    • (160)
    • (10)
    • (1)
  • 95レビュー
著者 : 江國香織
  • 白泉社 (2005年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (145ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592750109

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

すきまのおともだちたちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 逃避願望

  • 初めての江國香織さん。
    絵本のような、童話のような。
    優しく、不思議なお話。
    何かの拍子に落ちてしまうかもしれない「すきま」
    こんなに優しい「すきま」ならどんなにいいだろう。
    変化のない、緩やかな優しい世界。
    女の子は女の子のまま。
    過去の思い出とは、淋しくもあり絶望的でもある。

  • 滑りこむようにすきまに落ちる瞬間

  • 新聞記者の主人公が突然『すきま』の世界に落ち込み、その世界に暮らす少女と交流をする物語。
    『すきま』の世界は「小さな女の子」と自分で言いながらも地に足を着けた大人顔負けの少女や話すお皿に風呂敷と言った童話のよう。
    元の世界に戻り数年後、その分の歳を経た主人公を当たり前のようにまた受け入れる少女の器の大きさに惚れそうでした。

  • ふとした瞬間にすきまの世界のお客さまになる主人公。
    すきまの世界には「おんなのこ」と「お皿」がいて、おもてなししてくれる。
    童話のような世界に見えて、それぞれが自分の哲学を持ってしっかり生きているかんじが素敵だった。挿し絵もすごく合ってる。

  • 2015 3/27

  • どこに進めばよいかわからず迷っている時、人はふと、すきまに落ちて行くのかもしれません。そこで、女の子のような勇敢な友達と出会い、交流を深めて行く中で、探していた答えが見つかるんじゃないかな。

  • 『MOE』に連載されていたという童話風の小説。新聞記者の主人公が出張中に突然ここではない世界(=すきま)に迷い込んでしまいます。『不思議の国のアリス』のように。
    すきまの世界でお皿がしゃべり出すところで、帽子ときゅうりと数字の2が同居する『ホテルカクタス』を思い出しました。この不思議な世界が好きな人ならこちらもきっと好きなはず。。『ホテルカクタス』と違うのは、主人公がこちらの世界の女性だから戸惑いや受け容れる過程を共感しやすいところかな。

    主人公はすきまの世界で小さなおんなのこと出会い、友情を育みます。てきぱきと働くしっかり者のおんなのこは、『ぼくの小鳥ちゃん』の小鳥ちゃん風で愛らしいです。
    「あるがままを受け入れられないかわいそうな人」とか「わたしたちを縛るのは過去」とか、格言めいたことをお皿が言っちゃったりなんかして超絶シュール(笑)。自分がすきまに迷い込んだら、笑ってしまいそうだと思いました。
    読み進めて思ったのは、すきまの世界はずっとそのまんまの「物語」の世界。おんなのこは永遠におんなのこのまんま。世界も閉じられている。

    引用
    ギンモクセイの茂み、レモンの木の生えた庭、なんでも一人でてきぱきこなす、「ちいさなおんなのこ」。すきまから落ちたときにだけ会える、彼女は私の勇ましい友人です。

    この最後の一文で、なんだか涙がこぼれてしまいました。凄く愛情が感じられて。大すきな文です。
    こみねゆらさんの挿絵もかわいいです。


    江國さんの作品、小説はだいぶ読破。次は『間宮兄弟』読もうかな。

  • 2014/8/27読了

  • 絵本のなかに入ったようなお話だった。少女の視点の物語だ。

全95件中 1 - 10件を表示

すきまのおともだちたちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すきまのおともだちたちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すきまのおともだちたちを本棚に「積読」で登録しているひと

すきまのおともだちたちの作品紹介

「過去の思い出って淋しいのね」旅先で出会った勇ましい女の子と私との、いっぷう変わった友情の物語。

すきまのおともだちたちの文庫

ツイートする