つみきのいえ

  • 1538人登録
  • 4.20評価
    • (319)
    • (203)
    • (139)
    • (14)
    • (5)
  • 280レビュー
著者 : 平田研也
制作 : 加藤 久仁生 
  • 白泉社 (2008年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592761310

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
天童 荒太
湯本 香樹実
有川 浩
有川 浩
村上 春樹
有川 浩
マージェリィ・W...
湊 かなえ
劇団ひとり
三浦 しをん
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

つみきのいえの感想・レビュー・書評

  • すごく素敵なお話。
    絵もやわらかく、とても綺麗で、読んでいてあたたかい気持ちになります。
    人間は思い出を積み重ねて生きていくもの。
    時に潜って思い出して、そうやってこれからを生きていく。
    心に残る絵本でした。(8分)

  • とても綺麗な絵とは対照的に、海に飲み込まれていく家のストーリーは、切なくて時として寂しく悲しい。
    年月分の積み重ねが、家の礎として水中に残っているのを見ると、家を通して人生を振り返っているような感覚になった。
    それでもこの話はどこか幸福で、多くの人が少し故郷を思い出すんじゃないかな。

  • 氷山の一角じゃないけれど、人にはそれぞれ生きてきた時間だけ思い出があって、
    それは普段は決して他人には見ることは出来ないもの。
    だけど確かにその思い出の上に立って人は生きているんだね。

    そんなことが柔らかい絵と優しいストーリーで描かれている。
    とても素敵な話。

  • まずは絵が美しい。
    柔らかな描線とあたたかな色使い。
    下へ下へ、つまり過去へ過去へと遡っていく過程はふと涙ぐんでしまうほど優しく懐かしい。
    年をとるということは、こんなふうに思い出を重ねていくということなのだ。
    「生きる」ということをしみじみと思わせてくれる絵本である。

  • アニメーション(そう言えばアカデミーショー作品だった!)ありきの絵本なんですね。
    本の大きさ、表紙、表紙の文字、凄い良いバランス!
    手に取った瞬間から良い!

    内容的にも素晴らしい。人は目に見えない思い出の積み重ねで生きていると思うけど、海面が上がってきて、家はどんどん上へ積み重なる「つみきのいえ」リアルに思い出の上に住む、という具現化。
    大工道具を落としてしまい、海へ潜ると、夫婦の、家族の思い出が
    蘇ってきて切なくなっていくのが堪らない!
    最後に壁の割れ目にたんぽぽ一輪、水没しているけど、希望がひとつってことなのか・・・。
    これはアニメーション観なくては!!

  • オトナに読んでほしいなって思います◡̈

  • プレゼントに
    いただきました(。-_-。)
    大事にします(。-_-。)

  • 家を積み上げていく。
    周りは海。
    時間が経てば水かさが増し、また上へ積み上げる。
    思い出は水の底へ底へと溜まっていく。
    まさに自分のような。
    時代という海に飲み込まれまいとするなら、上へと積み上げるしかない。
    でも飲み込まれても潜ってみたら色んな思い出が詰まっていて、それが今の自分を生かしているということにすこし気づける。
    最近絵本がだいぶ読めるようになってきた。

  • 元はアニメだったのを絵本にしたようですね。
    潜れば潜るほど楽しい思い出がよみがえるのが素敵です(*^^*)絵も美しく、素晴らしい絵本です。

  • ずっと読みたかった絵本。
    このタイミングで読めて良かった。
    おじいさんが大切にしている思い出たち、居場所。
    もっともっと水が深くなってしまったらどうするのかな。
    それが心配。
    それでもおじいさんは、後悔しないんだろう。
    きっと、微笑んでいるはず。

  • アニメを元にした絵本。その人の生きてきた歴史のわかる家。おもしろい。

  • おじいさんの気持ちがとても良い。
    おじいさんかわいい。そして家の思い出って素敵。
    おばあさんとおじいさんの幸せな愛のカタチ。

  • アニメを見返したくなった。
    前から一度読んで、その後、後ろからもう一度読み返したくなる。平凡だけど語り尽くせない人々の生活がすべてのページにあふれている。

    赤い三角屋根のおうちは、「次に水位が床より上に来たら、ここを出て行きます」という意思表示なんだな…。

    水はどうしているんだろう。行商?若くて元気なら汲みに行ける水場があるのかな。

  • 切なかった。でも、思い出は、人生の歴史で、悲しさもあるけれど、思い出した時に幸せな気持ちも運んできてくれる。こんな風に歳をとれたらいいな。あの時はよかったなぁって瞬間を、なるべくたくさん心に刻んで生きていきたい。

  • 大好きな映画「UP (邦題:カールじいさんの空飛ぶ家)」を思いださせる絵本。読み終わったらふわっとした気持ちになる、人には大事にしたいものがあるなぁーっと思う絵本。

  • 2歳の娘はおじいさんが海にもぐるところが好きらしい。
    私はいい話だと思いました。思い出いっぱいの家素敵だな。

  • じんわりと温まるお話でした♪

  • おじいさんがおばあさんとの思い出をどんどん垣間見ていくストーリーは心暖まる。
    ただ5歳児には難しかったもよう…

  • なんだこれめっちゃ泣けるじゃねーの・・・。
    カールじいさんの冒頭で既に大号泣する私には・・・ラストのおじいさんとおばあさんが空飛ぶ自転車(であろうもの)に乗ってる絵でもう・・・目頭が・・・ウウッ。
    映画早く観よう・・・。

  • 絵がとても暖かくて素敵。武骨なおじいさんの、易しさを十分に伝えてくれる。思い出は、今の感情に左右され、楽しかったことも大切なことも塗りつぶしてしまうことは多いけれど、そうしてしまうにはあまりにも尊い。ただ振り返るだけでもしょうがないけれど、今の自分がある節目を迎えた、と感じた時、おじいさんははずみであったけれど、思い起こすことは意味がある。

    15.11.2

  • 2009.3友人へバースデープレゼント。

  • 住んでいた地域が年々水没して、その度に元の家の上に新しい家を作り住み続けているおじいさんのお話。 
    思ったよりも不自由ではないっぽい。 
    今住んでいる家が水没し始めたので、新たな家を作り始めたが大工道具一式を落としてしまいそれを拾うために下の階に潜ると・・・
    今までの家の積み重ねが、おじいさんの思い出の積み重ね。
    楽しい思い出も悲しい思い出も全部つみきの家に詰まってる。

  • ぼんやりした黄色な色合いがいいです。

全280件中 1 - 25件を表示

つみきのいえに関連するまとめ

つみきのいえを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

つみきのいえを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

つみきのいえを本棚に「積読」で登録しているひと

つみきのいえの作品紹介

うみのなかにわすれものをとりに。せかいじゅうのこどもとおとながかんどうしたアニメをさくしゃふたりがえほんにしました。アヌシー国際アニメーションフェスティバル最高賞アニメの絵本。

ツイートする