ゆきの日―on Christmas day

  • 114人登録
  • 4.20評価
    • (21)
    • (14)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 菊田まりこ
  • 白泉社 (2009年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592761372

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
小川 未明
有川 浩
エドワード ゴー...
ショーン・タン
酒井 駒子
湯本 香樹実
酒井 駒子
シェル・シルヴァ...
内田 也哉子
平田 研也
有効な右矢印 無効な右矢印

ゆきの日―on Christmas dayの感想・レビュー・書評

  • 『大人になると ということは、もう子どもでは いられない ということ。けれど、あぁ ぼくは-----失ったものなど なにひとつない。わすれていたものが たくさんあるだけだ。』この作品のテーマについウルウルしてしまいました。そうだね、そうだね。って気持ちで心があったかくなります。対象年齢は小学校高学年くらいからです。

  • (すごく、いい絵本だったのに…。)

    すっかりストーリーを忘れてしまっていた自分に呆れ果て、
    もう一度…
    (おじゃまします。)

    と、そっと本を開いた。

    ゆきだ!
    しかもたくさん降っている!

    主人公はサラリーマン風の男性。

    あ~、最悪だ、最悪だ。

    車は出せない、
    電車は来ない、

    歩きづらい、
    寒い、
    会社に遅れる!

    ゆきの日なんか、
    ゆきの日なんか…!!

    (最低だよね。)

    共感しようとした矢先、男性の目に飛び込んできたのは、

    無邪気にゆきを楽しむ子供達の姿だった。

    「ゆきの日さいこーーーっ!」

    「ゆき、食べる?」
    「ゆき、滑る?」
    「何してあそぶ?何してあそぶ?」

    ふん。

    子供はいいよね、
    じゃれて遊んでいれば、いいだけなんだから。

    大人にとって、
    大人にとっては雪は交通障害になるしねぇ~
    ・・・
    いろいろ大変なんだから!

    いろいろ大変な事があるから、
    雪を好き、だなんて・・・

    言えない事が、なんだか哀しくなってきた。

    すると、そこへひとりのおじいさんが近づいてきて
    「仕事を手伝ってくれ。」

    と、男性を無理矢理どこかへ連れて行こうとする…。

    さて、一体どこへ・・・

    雪がずっと降りっぱなしの、さむぅ~い本だった。

    でも、このおじいさんが引っ張ってくれたお陰で、
    ず~っと以前に読んだ、物語をはっきり思い出せたよ。

    雪が好きだった事は忘れても・・・

    また
    雪を好きだった事を思い出せばいいんだ。

    そう、思えた素敵な絵本。

  • 大人向けの絵本。
    「雪が降って、車も電車も動かないし歩いていても滑って大変、仕事に行かなきゃ行けないのに!雪なんかさいてい!なのに子供達は滑ってはしゃいで雪たべて、『ゆきってさいこー!』って楽しそう。
    大人になってもいつも少しみたされない僕は、何かを失ったのかな…?」
    そんな主人公がサンタさんと出会って、昔の自分を思い出すお話。失ったんじゃなくて、自分の中にたしかにあるということ。
    白いページに黒の輪郭と青の色づけというシンプルさが、とってもきれい!
    絵もシンプルで、でも可愛い。菊田まりこさんの絵本は、子供が読んでももちろん良いが、大人になるほど深くメッセージが届く。何かを忘れてる自分を思い出させて、ハッとさせてくれる。
    シンプルでかわいくてあったかくて、優しい。
    大好きな絵本。

  • ゆきが降って、ほっこり絵本を読みたくなって、手に取った1冊。
    やさしい絵がすき。

    いつまでも忘れたくないこと、思い出させてくれる。
    心あたたかくなるお話。

  • ほんわか優しい雪の朝。
    子どもの頃って、雪の日が嬉しかったなー。もっとも、札幌出身なので、本格的に根雪になると、雪があって当たり前だったけど(笑)
    今でも、雪の日は好きだな。
    ときどき、人気のないとこで『阿寒に果つ』ごっこをしたくなる(笑)
    (もちろん、ごっこですよ、「ごっこ」!)

  • 大人になるって、こういうことならいいな。

    ゆきの日って、ちょっとした非現実世界を感じる。
    クリスマス、こんなファンタジーが起こるかもって思いたくなる。

  • サンタさんかわええ……

  • おとなのための絵本。
    「君のためにできるコト」「いつでも会える」も読んだのですが、これもいい。

  • 読んでいて、「あぁ、何もかもがかわってしまったわけではないんだ」と実感し、心がじんわりとあたたかくなりました。何もかも嫌になったときに読むとより心に響きます。
    http://www.lib.miyakyo-u.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=253631

  • 小さいころに思っていたこと、どきどき、わくわくした感じ。大人になった今もちゃんと持っているか?
    つまらない大人になっていないか?
    それを再確認させてくれる本。

  • 雪の降った日に、サンタに出会ったぼくが、自分の取り戻すお話。
    まず、絵が素敵。
    シンプルで暖かい。
    「失ったものなど なにひとつない」ってところで、思わず涙しちゃう。
    大人になるって切ないね、でも大丈夫、って本。
    色々と心が疲れてる時に読みたい。

  • 雪が降って車は出せないし電車も遅れていてなかなか来ない。
    最悪、だと思う男の人。
    でも、そのすぐそばを子供たちが誰も踏んでいない雪を踏んできた、家族に内緒で外に出てきた、最高!と通り抜けて行く。
    氷が滑って危ないからしっかり地面を見なきゃと思う男の人。
    子供たちは上を向いて歩くと口に雪が入るとはしゃいでいる。
    自分も昔はあんなに無邪気に雪を楽しんでいたんだろうなあ、と思う男の人。
    どこで忘れてしまったのだろう。
    ふと気が付くと変なおじいさんが雪で何かを作っている。
    人手が足りないから一緒に作ってくれと頼まれる。
    変な人には関わらないでおこうと離れようとするが離してくれなく、仕方なく自動車を作ることに。
    昔から車は好きだったからなあ、と男の人の作った車を見て言う。
    そうしているうちにおじいさんの目的は達せられたらしく、たくさんの出来た作品を抱えて去って行く。
    男の人はそこで仕事に向かうが叱られてばかり。
    帰り道、あのおじいさんが現れ、本当は大人にはやらないのだけれど、今回は特別、とさっき作った自動車のおもちゃをくれる。
    ソリの乗って飛んで行くおじいさん。
    そうか、今日はクリスマスだったのか、と男の人は気づくのだった。
    大人になってしまったら、もう子供ではいられない。
    けれど、男の人は子供のときから好きだった車のおもちゃを久し振りに取り出してみるのだった。

    大人向け。
    こういうのは好きではないけれど。
    子供の心を忘れない大人になりたい。

  • とても良かった。

    気持ちはいつまでも若いつもりだけど、気がつけば昔の自分よりも間違いなく大人になった。
    あの頃は何でもできて何にでもなれる気がしてたけど、
    いつの間にか分別がついて勝手に限界を決めて冷めて諦めて…。

    子供の頃のボクも、あんな目をしていたんだろうか。

    毎日忙しくしている大人のための本。

  • 本屋で何気なく立ち読みして、涙が出てしまった絵本。
    その日のうちに即、購入しました。
    クリスマスの季節になると読みたくなります。

  • 大人になるといろいろなものの見方が変わってくる。子供の頃は楽しかったりしたものでもイライラカリカリしてしまう。そんな風に、忙しさや辛い生活の中で忘れてしまったものを楽しむ気持ちを思い出させてくれるような本。白と青と、黒い線で描かれたシンプルな色バランスと、デフォルメされたキャラクターたちの絵がとても可愛くて癒されます。

  • 大人向けのやさしい絵本。

    小さな ぼくの心に のこしたもの。

  • 大島弓子「たそがれは逢魔が時」と
    榎本ナリコ「振り積む雪」を 思い出した。

    話の運びが谷川史子を彷彿とさせるところもあり
    マンガちっくでなじみやすい作品。

    いい本だと思う。

  • 大人向けの絵本です。
    寝る前に読んだときは泣いてしまいました。
    寒い冬の日に読みたくなります。

  • 「君といたとき、いないとき」を思い出した。雪でできたプレゼントがとても可愛い。少ない色使いでまとめているのも雰囲気に合っている。

  • なんとなく、気になる。

  • ちょっとマンガ的で、なんかやさしい気持ちになれる。
    大人のために作った絵本なんだろうな。

  • 仕事に追われ、雪の日も、ただ憂鬱でしかない青年が
    雪が降った時に大喜びした子ども時代を、ふと思い出す。

    大人になるということは、もう子どもではいられないということ
    でも、失ったものはなにひとつない 忘れていたものが
    たくさん あるだけだ。

    寒い日に心がほっこり温かくなるような絵本   (購入)

  • 「いつでも会える」の菊田さんの最新作

    雪におおはしゃぎする子供と、タメイキをつく大人
    大人になって失くしたと思ってたものは、実はなくなってはいなくて、忘れていただけだった
    みたいな、なんかじーんといいお話でした。
    大人になっても子供のときの純粋さとかなんかよくわからないけど大切なものを、忘れずにいられるよ、みたいな

    わたしは年齢は大人なんだけど、雪降ってきたら全力ではしゃぎます^^

全26件中 1 - 25件を表示

ゆきの日―on Christmas dayに関連する談話室の質問

ゆきの日―on Christmas dayを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゆきの日―on Christmas dayを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする