てのひら猫語り~書き下ろし時代小説集~(招き猫文庫)

  • 104人登録
  • 3.26評価
    • (1)
    • (7)
    • (13)
    • (1)
    • (1)
  • 15レビュー
  • 白泉社 (2014年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592831006

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
三浦 しをん
坂木 司
辻村 深月
梨木 香歩
有川 浩
又吉 直樹
坂木 司
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

てのひら猫語り~書き下ろし時代小説集~(招き猫文庫)の感想・レビュー・書評

  • 招き猫文庫 ネコろんで読める時代小説。
    こんな文庫あったんだ!

    白泉社のPR
    http://www.hakusensha.co.jp/manekineko/detail.html?isbn=9784592831006

  • 何故か評価が低いようなのですが、私個人としては猫好きなのでとても楽しめました。
    あさのあつこさん以外の方は知らない作家さんでしたが。
    最初の話と最後の話が特によかったです。

  • 【収録作品】「貸物屋お庸 貸し猫探し」 平谷美樹/「洗い屋おゆき」 越水利江子/「着物憑きお紺覚書 縁の袖」 時海結以/「異聞 井戸の茶碗」 金巻ともこ/「鈴江藩江戸屋敷見聞帳 にゃん!」 あさのあつこ

  • いろんな作家さんによって書かれた江戸時代を舞台にした猫が出てくる短篇集。

    江戸人情+SFのような話に猫ってよく合うんでしょうかね。

    なんかこの手の話が結構好きです。猫が好きだからというのもありますけれど。

    またこういうコンセプトの本があれば読みたいです。

    (以上、ブログほぼ全文です。)

    ブログはこちら。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4867562.html

  • 色んな作家さんの短編集って、好みじゃないのもあるものだけど、どれも楽しかった。

  • 書き下ろし短編集だけど、どれも続編ができそうな話ばかり。さらっと読めて、面白かった。

  • 気楽に読めるアンソロジー。
    表紙が川原泉というだけで、図書館で借りた。
    第一話「貸し猫探し」、ファンタジーと人情味がよい案配でおもしろかった。

  • 時代劇、猫、ライトミステリーがテーマの短編集。
    表紙のイラストもかわいらしく、ほっこりとしました。
    猫好きは、より楽しめると思います。

  •  「江戸時代」と「猫」がキーワードの時代小説アンソロジーてことですが、主人公がみんな16歳からもうちょっと年上くらいの女の子なので、それもキーワードの1つなのかな、と思います。
     短編5話収録。


    ○ 貸物屋お庸 貸し猫探し(平谷美樹)【★ ★ ★ ★ ★】
     江戸でも一、二を争う大店の貸物屋湊屋の出店を任されているのは、性格も喋り方も行動も男勝りのお庸。
     猫を貸してほしいという頼みのため、猫探しに奔走します。
     何よりお庸のキャラがいいし、五右衛門とのやり取りもおもしろい。
     まさに「江戸っ子」て感じのお庸なんだけれど、清五郎さんの前だと女の子らしくなるところがかわいい。
     このシリーズで3冊本が出てて、そこからの1話かと思ったら、まずこのアンソロジーでの短編があって、そこから発展しての3冊みたい。ぜひ読みたい。
     あ、でも、この話のオチ、パタリロで同じようながあった。

    ○ 洗い屋おゆき(越水利江子)【★ ☆ ☆ ☆ ☆】
     こちらも男勝りな女の子おゆきちゃんが主人公で、赤子の声がするお屋敷の謎を調べるんだけれど、正直、何言ってるのかよく分かんなかった…。
     何か…話が全然見えてこない。私の頭が悪いだけ? 五月雨流とか示現流とか言われても…。
     投げ縄の腕がすごすぎるのも、ちょっと現実味がないし、キャラも全員、あんまり好きじゃない。
     全然話に入り込んで読めない。

    ○ 着物憑きお紺覚書 縁の袖(時海結以)【★ ★ ★ ★ ☆】
     古着屋の看板娘お紺は、着物に宿った情念を感じ取れる女の子。
     何度売りに出してもまた出戻ってくる白猫柄の振袖は、着ると良縁に恵まれるともっぱらの噂。その真相に迫ります。
     このお話は、小僧の福松が語り部の一人称。
     一人称て珍しいと思うだけれど、お紺と市蔵にいろいろと隠された設定があるみたいなんで、それが徐々に解き明かされていく感じにするには、店に来て間もない福松を一人称にするのがよかったのかな。
     途中、一人称のはずなのに、何か違うみたいな感じになって、ちょっとごちゃついたところもあったけれど、みんなキャラがよくておもしろかった。

    ○ 異聞 井戸の茶碗(金巻ともこ)【★ ★ ★ ★ ★】
     この本に収録されているすべてがミステリとか謎解きなのかと思ったら、このお話はそうではなかった。
     ちょっとしたラブストーリー的な。ラブストーリ未満かな? ラブ未満?
     主人公となる女の子・秀も、これまでに出てきた元気いっぱいの女の子たちと違って、静かで大人しい雰囲気。
     猫にまで丁寧な言葉遣いで話しかけてます。
     金の工面のために売った仏像から発生した大金も、売ってからのものだからと受け取ろうとしない秀のお父さんも、買主も、間に入っている清水屋も、みんないい人だー。
     ほっこり。

    ○ 鈴江藩江戸屋敷見聞帳 にゃん!(あさのあつこ)【★ ★ ★ ★ ☆】
     鈴江藩に武家奉公に上がったお糸は、奥方の珠子さまが化け猫なのではないかと気を病んでいる。
     しかし、なぜかお糸を気に入ったらしい珠子様が、再びお糸を部屋に呼びます。
     藩の奥方というとんでもない位のかたとお話しするのに緊張しすぎて舌を噛んで、厳しそうな三縞さんまで笑っちゃうところが、何ともかわいい。
     一人称ではないけれど、最初のほう、お糸が奥方のことについて悩んでいることがずらずらと地の文で書かれてて、ちょっと読みづらかった。
     部屋に呼ばれてからは、緊張しすぎて噛んじゃうシーンとか、三縞さんのこととか、さくっと読める痛快小説て感じ。
     ただ、他の4話と違ってこの話だけは、これがすべての始まり、て感じなのね。プロローグというか。他4話はそれで話が完結するか、すでにプロローグ的前置きの話はあって、この本に収録された話がある、て感じなのに。

  • どれも読みやすい時代物を集めたアンソロ。
    『貸物屋お庸』シリーズを文庫本で一部読んでいるので、冒頭の「貸物屋お庸 貸し猫探し/平谷美樹」は既読。

    ・洗い屋おゆき/越水利江子
    貸物屋お庸シリーズのお庸同様、男勝りで捕り縄が得意な女の子が主役。
    スズメ同心と揶揄される若き同心・俊平がとてもいいキャラでした。優しい男は無暗にすごまないのね。そして俊平の義母が滅法強くて笑った。
    洗い屋家業、建物の中から聞こえる赤子の声、子供の掏摸・ゴンの立ち回り、おゆきの父親の死と、俊平の父親の失踪の真相。
    短いのにこれらが全てつながり、見事な構成でした。

    ・着物憑きお紺覚書 縁の袖/時海結以
    これ、面白かったので本編の本を買いに走りました。
    市蔵とお紺の関係がじれったいやら何やらで…。
    肝心のストーリーの方は、最後の最後まで誰が誰の味方だか敵だかがわからず、ハラハラして面白かったです。
    ツンデレおばあさんいい人だった。

    ・異聞 井戸の茶碗/金巻ともこ
    猫が巻き起こす、わらしべシンデレラストーリー(?)。
    父想いの秀の一途さに心打たれた。
    茶碗ってタイトルに入ってるのに、その茶碗がストーリーのキモになっていることに気づかなかった自分が悔しい…(笑)。

    ・鈴江藩江戸屋敷見聞帳 にゃん!/あさのあつこ
    化け猫奥方・珠子さんが何とも痛快な性格。お付きの者が「虎」っていうのにウケた。
    小学校高学年くらいの子ならすらすら読めそうなタッチで、ゆるりと気を抜いて読むことができました。
    読後感も爽やか。

  • 大江戸ガールズストーリー@猫。
    平谷さんの「貸物屋お庸」シリーズの新作が読めました。あさのあつこさんの化け猫譚、猫柄の着物を巡る人情話、がらんどう屋敷の事件簿、幸せな結婚話。どのお話もほっこり楽しめました。

  • 2014年11月刊。文庫書下ろし。5話のアンソロジー。5話とも、どーという話でもなかった。ファンタジーや人情話として、中途半端な話。残念。貸物屋お庸 貸し猫探し平谷美樹、洗い屋おゆき越水利江子、着物憑きお紺覚書 縁の袖時海結以、異聞井戸の茶碗金巻ともこ、鈴江藩江戸屋敷見聞帳 にゃん!あさのあつこ。

  • おもしろいものとそうでないもの。
    うまい作家とそうでない作家がはっきり区別できてしまう。

  • 猫が出る話だけ。また出してほしい。

  • 猫、江戸時代、少女ってお題(3つともきらきらしてるなぁ)で競作したら・・・こんな感じ?
    なかなかに楽しかった。

    お気に入りは、一番最後のあさのあつこさんの、まるでプロローグのような作品。
    一番最後のページをめくった後、いったいどんな冒険活劇が始まるのやら。

全15件中 1 - 15件を表示

金巻ともこの作品一覧

金巻ともこの作品ランキング・新刊情報

てのひら猫語り~書き下ろし時代小説集~(招き猫文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

てのひら猫語り~書き下ろし時代小説集~(招き猫文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

てのひら猫語り~書き下ろし時代小説集~(招き猫文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

てのひら猫語り~書き下ろし時代小説集~(招き猫文庫)の作品紹介

名匠・あさのあつこ初め旬の女性作家4名に『風の王国』で大躍進の平谷美樹を加えた5名の作家陣が「江戸時代」と「猫」をキーワードに描いた斬新な時代小説の競演! 川原泉のカバーイラストで登場!
2014年11月刊。

ツイートする