御用絵師一丸 (招き猫文庫 あ 2-1)

  • 36人登録
  • 3.29評価
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : あかほり悟
制作 : 鳥野しの 
  • 白泉社 (2015年1月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592831075

御用絵師一丸 (招き猫文庫 あ 2-1)の感想・レビュー・書評

  • 元武士、現在は大奥に仕える絵師「一丸(ひとまる)」は、絵師以外の顔を持っています。
    一丸の弟、橋口上総介(かずさのすけ)が、あまり登場回数は無かったけど面白い役どころなんじゃないかな。
    あとは、雅禰(まさね)の、「川縁の夜鷹でもそこまではしたなくないぞ」と言われる迫りっぷりが、面白かった。
    もう少し、人物像が見えてくるのかな、2巻に期待。

  • 主人公が絵師をやらされてるためか自ら動くことが無くて見よくに乏しい。
    話も散漫な感じで、どこに焦点を当てて読んでいいのか分からない。

  • 【収録作品】序・秋深し心寒々天保の世/白鼠/煤竹色

  • ほりりんの時代小説。キャラたちの立ち位置などににやにや。おもしろかったです。続きあるといいなあ。小茶っ子ちゃん推しですん(*´ω`*)

全4件中 1 - 4件を表示

御用絵師一丸 (招き猫文庫 あ 2-1)を本棚に「積読」で登録しているひと

御用絵師一丸 (招き猫文庫 あ 2-1)の作品紹介

世は老中・水野忠邦の天保の改革の真っ最中。大奥を取り仕切る広大院に仕える、御用絵師の一丸には絵師として生きる顔の他に、秘密の一面があった。あかほりさとるが初めて送る時代小説、誕生です!
2015年1月刊。

御用絵師一丸 (招き猫文庫 あ 2-1)はこんな本です

御用絵師一丸 (招き猫文庫 あ 2-1)のKindle版

ツイートする