藍の武士 御用絵師一丸 (招き猫文庫)

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : あかほり悟
制作 : 鳥野 しの 
  • 白泉社 (2015年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592831211

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

藍の武士 御用絵師一丸 (招き猫文庫)の感想・レビュー・書評

  • 御用絵師一丸 の2冊目。
    一丸と、弟の上総介との過去の話が出てきて、1巻より面白くなってきた。
    裏の仕事を依頼する広大院に逆らう事はできない一丸だけど、雅禰も弟も真の見方でいてくれるのが温かかった。

  • ああ、これはラノベレーベルじゃなかったな(^◇^;) と思ったり。今回は小茶ちゃんとの絡みがなくってちょっと(´・ω・`)ショボーン でもおもしろかったです。そうだよ、この時代だったら北町はあの人だよね! って読んでいて気づきました。時代劇見てた者としてはどきどきわくわくでした。篤姫ってもう一人いたんだなって。初めて知りました。次も楽しみです。

全2件中 1 - 2件を表示

藍の武士 御用絵師一丸 (招き猫文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

藍の武士 御用絵師一丸 (招き猫文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

藍の武士 御用絵師一丸 (招き猫文庫)の作品紹介

藩のために実の父を斃さなければならなった武士の暗殺を依頼され…。武士を捨て毒師として暗殺者の道を歩む一丸の活躍と葛藤を描く!
2015年9月刊。

藍の武士 御用絵師一丸 (招き猫文庫)はこんな本です

ツイートする