貸し物屋お庸 娘店主、想いを秘める (招き猫文庫)

  • 22人登録
  • 3.38評価
    • (0)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 平谷美樹
  • 白泉社 (2016年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592831389

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
畠中 恵
有効な右矢印 無効な右矢印

貸し物屋お庸 娘店主、想いを秘める (招き猫文庫)の感想・レビュー・書評

  • 清五郎に ほの字お庸。
    毎度、読むが、このお庸のぶっきらぼうのべらんめい言葉は、関西出身者には、調子が狂う。

    5編からなるが、どれもこれも、短くて、すぐに読めてしまう。
    今回は、「秋時雨の矢立」で、松之助の行方不明の父修蔵が見つかり、親子の間の言葉に窮していたら、手紙にすればよいと、、、、

    今年の「一筆啓上賞」で、大賞の1篇に、小学生2年の男の子が、『ママへ』 「ごめん」って言えなくて ぼくの口があかないんだ 口に力が入って。手に力を入れて書くよ。ごめん
    が、選ばれていた。
    そんな気持ちが、分かるような本の内容であった。

全1件中 1 - 1件を表示

貸し物屋お庸 娘店主、想いを秘める (招き猫文庫)を本棚に登録しているひと

貸し物屋お庸 娘店主、想いを秘める (招き猫文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

貸し物屋お庸 娘店主、想いを秘める (招き猫文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

貸し物屋お庸 娘店主、想いを秘める (招き猫文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

貸し物屋お庸 娘店主、想いを秘める (招き猫文庫)の作品紹介

湊屋の主、清五郎との仲をにおわす芸者、葛葉が、季節外れの萱草のかんざしを借りにやってきた。お庸は不機嫌になりながらも職人のつてをたどるのだが・・・。お庸が切ない思いに気づくシリーズ最新刊!
2016年9月刊。

貸し物屋お庸 娘店主、想いを秘める (招き猫文庫)はこんな本です

ツイートする