愚か者の最後の恋人 (白泉社花丸文庫BLACK)

  • 193人登録
  • 3.47評価
    • (16)
    • (34)
    • (34)
    • (11)
    • (4)
  • 30レビュー
著者 : 樋口美沙緒
制作 : 高階 佑 
  • 白泉社 (2009年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592850427

愚か者の最後の恋人 (白泉社花丸文庫BLACK)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こいつらバカだな(笑)
    こういうバカさ加減が可愛いんだよねw

  • 商業デビュー初文庫。サイト掲載時に読んでましたが、更に良くなってました。

  • 中世時代物なら、小林典雅の
    「なぜあの方に恋したのかと聞かれたら・・」の方が
    おもしろかったな・・。
    お話は色々伏線はりつつ、謎の黒髪ッ子の正体とか
    わくわくするかなーと思ったけど、そんなにだった。
    シェイクスピア風のものやるにしても、
    攻めの男ツンデレというか幼いし短気過ぎ、
    受けも華奢小柄ツンデレ、
    ダブルツンデレは楽しくない・・。

  • 受けは最低三回泣かせたい、とおっしゃる樋口先生とわたしの性癖が一致しすぎていて最高なんだけど、欲をいえばもうちょっとデレがほしい。砂吐き番外編がほしいなあと思った。

  • フェアにつられて購入。攻めの人のお兄さんいちばん格好いいような気が。

  • お初とのこと、おめでとうございます。面白かったです。
    いや、普通にBL作品として読んでいたら面白かったのですが、BLACKに期待して読んだ側としてはこういうロマンスを求めていたわけではないので、物足りない作品でした。
    これだったら他のレーベルで読んだ方が私はしっくりきてしまいます。
    でもまぁ、キャラクター変わりすぎじゃないかとは思いました。特にキユナ。ツンと澄ましたところがよかったのに、惚れ薬を飲んだとたん可愛い子(笑)。もうちょっとツンツンしておろおろしてほしかったです。

  • 好きな子ほど苛めるそれ。しかし無自覚故に受けの子を傷付けまくり、その傷が結局跳ね返ってヤキモチ妬いたり、受けの操を奪われそうになったり…宥めたり罵ったり振り回される憎めない阿呆。でもその悔恨のくだりが泣かせます。漠然と受けは一生側にいるものと思ってた…と。
    ミステリー仕立てで最後まで楽しく拝読できました。

  • デビュー作なんですね。貴族×従者の異国ファンタジーでした。
    虫シリーズを既読した後にこちらを読むと、まだなんとなくぎこちなさがあるというか、ん?と突っ込みいれたくなるというか、ノりきれないところもありました。樋口センセのあの世界観がまだまだ未完成かな~という気がしました。
    でもそれは、後で読んだから感じるものであったかもしれません。
    それより。
    芯はしっかりしているのに恋に不慣れなためにツンツンしているように見える受に、どこまでも無神経な攻が酷いことをしてしまう、というパターンは初期からデフォルトだったんですね。
    攻のフレイは気ままに生きる遊び人の貴族で、捨て子で従者として自分の側で育ってきたキユナのことを好きなんだろうな、というそぶりもちらっと見せるんですが、中坊並の意地悪でしか愛情表現ができず、大変分かりにくく残念な男です。キユナでなくとも彼が何が言いたいのか真意を見極めるのは、至難の業かもしれません。

    間違えて惚れ薬を飲んでしまい、フレイにときめくようになってしまったキユナが、初心で素直ゆえに彼の言葉や態度に振り回され一喜一憂してしまう姿が、健気で不憫で涙ぐんでしまう場面が随所にありました。
    フレイは、攻の理想からはまったく外れている男です。失格といってもいいくらい。キユナが好きなら、せめてレオのことくらいははっきりさせておくべきですよね。けしからんです。
    高階センセのイラストからはイケメンだとわかるし、何事にもかっこよくソツなく男らしさも充分なんですが……まったくと言っていいほど、信頼感に欠けるんですよね。
    俗に言う「酷いオトコ」です。
    これで、反省して心を入れ替えて受一筋になってくれなくちゃ、最低オトコに成り果てるところでした。

    涙を誘うのが、非常に上手い作家さん。デビュー作からその手腕?は発揮されています…
    ファンタジーで惚れ薬で泣けるわけないよね~とタカをくくっておりましたが、涙もろい私などは完敗でした。

    ストーリーは、惚れ薬ファンタジーなどと乙女ちっくなものを想像していたら、読ませどころがドロドロした後継関係だったりするのが意外に面白く、悪くありませんでした。
    エロ的には虫シリーズのようにムタイなことは、この作品ではまだありません。
    意地っ張りなキユナの恋心に同調して泣ければ良作だと感じるだろうし、フレイの性格が気に食わなければ全然ダメだと感じるだろうな、と思わせるストーリーですね。

  • デビュー作なんですよね!?いっきに読ませるお話だなと感心しました。

  • 悪くはないけど、ちょっとわかりにくかった。名前だけの登場人物が多かったしね。
    ~の父とか。人間関係がわかんなくなる。
    まぁ、要するにホレ薬を飲んだ従者のキユナが主人のフレイに惚れてしまうけど、フレイは根っからの遊び人で、自分に惚れてるキユナをからかってばかりで苦しくて・・・ってところに、余所の貴族の家のゴタゴタに巻き込まれる話・・・かな?
    健気な従者はかわいいけど、もうひとつぐっとこなかったかなーというカンジですかね。

全30件中 1 - 10件を表示

樋口美沙緒の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
かわい 有美子
中村 明日美子
木原 音瀬
有効な右矢印 無効な右矢印

愚か者の最後の恋人 (白泉社花丸文庫BLACK)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

愚か者の最後の恋人 (白泉社花丸文庫BLACK)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

愚か者の最後の恋人 (白泉社花丸文庫BLACK)のKindle版

ツイートする