未完成 (白泉社花丸文庫BLACK)

  • 142人登録
  • 3.67評価
    • (19)
    • (21)
    • (27)
    • (7)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 凪良ゆう
制作 : 楠本 弘樹 
  • 白泉社 (2009年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592850472

未完成 (白泉社花丸文庫BLACK)の感想・レビュー・書評

  • もどかしくて切なくて泣きました。先生受けってはじめて読んだけど良かった。これは黒いほうの凪良さんのかな?

  • あらすじに惹かれて購入。だけど、ページをパラパラ捲ってみたら好みじゃなかったので放置。そして読んでみたらあら不思議。好きです、この話。
    成長する攻めがなんともかわいらしくドラマチックでした。
    花丸文庫BLACKなのに、エロが濃いわけでもなく、結構シリアスです。

  • 読んでいていお互いがもどかしくて涙線を刺激されまくりだったのだけれど、う~ん・・・・・・すべてラスト(5年後)の為のストーリーだったよね。うん。

  • 好みの問題なんだろうけど、攻め視点というところでまず引っかかり、子供すぎる櫂人にこれはだめだと思った。最終的にハッピーエンドなのに読後感があまり良くない…。一生懸命なところを可愛いと思う気持ちはわかるけど、子供ゆえの身勝手さへの苛立ちの方が上回ってだめだった。

  • BLの範疇を超えた様々な思いを呼び覚ましてもらいました。
    10代のもやもやした抱えきれない気持ちとか、恋に突っ走ってやってしまう赤っ恥とか、背伸びして大人っぽく努力したりとか。
    そういう、自分にも思い当たる恥ずかしく愚かで、でも必死だったあの甘酸っぱい記憶が鮮明に甦ってしまいました…

    女に不自由しないほどモテ男な高校生が、クールビューティな教師を好きになる話というのは、良作がいろいろ既出しているので評価も厳しくなるところなのですが、やはりこのセンセの文章力のうまさはタダモノではない。
    例によって涙もろい私などあっさり涙腺決壊、散々泣かされてしまいました。
    瀬名の青さがなんとも愛しくせつなく。阿南が好きで好きでどうしようもない気持ちを持て余し、傷つけたり傷ついたりしている様子にたまらなくさせられました。大人の男に少しでも近づいて、自分のものにしたくて、あれこれ一生懸命なんだけど、結局無様なところを露呈してしまう瀬名にツボりました。
    根はとても素直で、正直で可愛げがあるところも好感でした。

    そして、クールな女王様(と瀬名には見えている)で、教師として瀬名を制し一線を引いていた阿南。
    瀬名視点で話が進行しているので、直接的には彼の気持ちは描かれていないんですが、深読みしてみると男心がダダ漏れに。「先生」と瀬名に呼ばれて、その立場を踏み外すまいと自制しているのがわかるにつれ、もう胸が痛くなるほどきゅーんとします。

    高校生と教師というのは天と地ほどの隔たりがあるけど、ハタチ超えて大人になっていくと、年の差にはそれほど意味がなくなるというのもリアルでした。
    意外に阿南が可愛い人だったということに瀬名が気付いたのもよかった。

    Hシーンもドキドキ感が大量で、わんこ攻めに煽られました。好みのエロでした。

  • 攻め:瀬名櫂人
    受け:阿南珪


    背も高く顔もいい、女に不自由しない高校2年の瀬名。いつも行ってるクラブがゲイの為の日と知らず来店したら高校の英語教師・阿南を見つけてしまい…。


    初読み作家さん。
    10代のギリギリした焦燥感が伝わってきました。瀬名はどうしようもない子供なんだけど、本人はそれに気付いてなくていっぱしのつもりでいる。
    うん、高校生ってそんな感じだったよね、と読んでいて同じようにイラついてた当時を思い出しました。


    阿南視線で阿南の昔の男・カズとの過去とかも読んでみたくなった。

    最後、これから遠恋突入ですよね、その続き、読みたいです。

    挿し絵楠本弘樹先生。申し訳ないけど私の好みじゃないです。

  • この作家さんは本当に読む作品ごとに印象が変わるなぁ・・・既読の本の中ではこれが一番好きかも。高校生X先生っていうパターンはありがちで、これまでに出尽くしてる感があるからあまり期待しないで読みました。これは関係性がかなりリアルだと思った。思いのほかよかった。とにかくせつなかった。。。
    攻の年下ワンコがもう、いい意味でも悪い意味でも自分本位でほんっとにガキ、でもって受の先生は教職という立場にあるし、大人だから、すごい自制してるんだけど、ワンコの『好きだ好きだ死ぬほど好きだ』パワーにあてられてしまうんだよね。こんなに思われて、何も感じないわけないだろ、俺だって人間だ!的なセリフがあったんだけど、すごく納得したな。ストーリーは攻視点で進んでいくんだけど、この子がもう、なんていうか、ちょっと悪い子なんだけど、めちゃくちゃピュアで、時々もらい泣きしそうになる。お互いの立場、将来を考えて、さようならをするところは特に。
    使おうと思えば、時間の全てを恋に費やすことができる高校生攻の一途な想いはもちろんだけど、どんなに自制しても、大人でも恋はするんだよな~と。最終的にはHappyなエンディングでよかった、よかった。

  • 何が好きって私は下克上が大好きなのです。
    ワンコ攻にクール受が大好物なのです。禁断の恋も大歓迎。
    そんな私の大好き要素が詰まりまくったこの作品。

    ツボらないわけがない

    攻め視点で物語が展開するんですが、この攻視点大成功です。
    いちいちね、可愛いんですよ、攻が。
    大人ぶって、デートのために必死で隠れてバイトしたりとか、
    背伸びしたくて知りもしないアングラ劇に誘ったりとか。
    しかもにわか知識でウンチク垂れてみた挙げ句、知ったかぶりが露呈
    されて激しく凹んだりとか。
    そんな格好悪い攻が、猛烈に愛しく思えてくるんです。

    コメディ書かせても素晴らしいですが、胸が絞られるよいなシリアス
    書かせても凄い。
    こんなに引き出しの多い作家さんは、BL界では珍しいと思います。

  • 偶然居合わせたクラブで英語教師の阿南が男とキスしているのを見た高2の瀬名は面白半分に脅しをかける。
    しかし相手にされずに付きまとい次第に阿南に惹かれていく瀬名。
    軽めのラブストーリーでした☆

  • 生徒×先生の年下攻め。無鉄砲で純粋な攻めと大人だから色々わかってるけど繊細な受け。切ない。

  • ツボ過ぎる先生に萌えた。好きだ〜!未完成というテーマも納得。意外と攻めの家庭環境重かったのにさらりと書かれてた気が。いや、先生にハマって気分スルーしちゃった気がww

    親の離婚に消耗する瀬名は辛かっただろうし、いくらワンコ攻めwと言えど、人の気持ちに鈍感で分別のない最悪ウザいガキで。
    自然体で接する阿南のキャパの広さと言うか、思いやりながらも自分に正直なとこハアハアした〜♪
    偽善で大人ぶってない言うか…。


    選ばないと言い切った時の痛い潔さ。届いた招待状と人伝に聞いた瀬名の様子に、どれだけ心を揺らして引っ越して住んでないマンションまで行ったんだか…。くぅ〜っ!

  • やっぱり攻め視点は苦手です…。攻めの、若さゆえ?の暴走気味な言動にいらいら…(苦笑)女にだらしないとこもヤだったし、とにかく色々ダメな攻めでした;受けも苦手な感じ…。でも、後半の再会したシーンはグッとくるものがありました。

  • <CD保有 フィフスアベニュー>
    瀬名櫂人 CV:前野智昭
    阿南 珪 CV:遊佐浩二

  • [高校生×教師]
    年下攻め 

    想像していたよりも全然切ないお話でした。
    教師と生徒の恋愛。しかも男同士。
    出版レーベルで甘くみていました。
    子供は無鉄砲で、大人は人生経験を積んでいるだけ
    冷静でもあり臆病でもあり。
    こんな結末だとは想像もできませんでした。
    自然と涙が出てきて、凄く良かったです。

    ☆あらすじ☆
    夏休み最後の金曜、高2の瀬名櫂人は、クラブで英語教師の阿南珪が男とキスするのを目撃してしまう。面白半分にゲイとバラすと脅したが、阿南は余裕でかわす。「いい子だから、大人の愉しみを邪魔すんじゃねえよ」意地が悪いけれど色香が溢れる微笑に、瀬名は魂を射抜かれてしまう。以来、瀬名は阿南に付きまとい、どうにかセフレに持ち込むが、教師と生徒、男同士、10歳の年齢差を考えると実る恋ではない。そんな時、瀬名は両親の離婚で転校することに…!?未完成のまま恋に溺れる子どもと、子ども以上に未完成な大人が綴るラブストーリー。

  • 好きなので再読してみたけれど、やっぱりレビューするの難しいです。
    生徒と教師という関係はつまりは子供と大人であり、その差は2人の間に歴然とある。
    主人公の瀬名ももちろんそれに気付いていて、だから余計に思い詰めて衝動で行動してしまう。

    先生の「俺抱くより、…」から始まる2人のやりとりがいつ読んでも切ないです。

  • 【あらすじ】
    夏休み最後の金曜、高2の瀬名櫂人は、クラブで英語教師の阿南珪が男とキスするのを目撃してしまう。面白半分にゲイとバラすと脅したが、阿南は余裕でかわす。「いい子だから、大人の愉しみを邪魔すんじゃねえよ」意地が悪いけれど色香が溢れる微笑に、瀬名は魂を射抜かれてしまう。以来、瀬名は阿南に付きまとい、どうにかセフレに持ち込むが、教師と生徒、男同士、10歳の年齢差を考えると実る恋ではない。そんな時、瀬名は両親の離婚で転校することに…!?未完成のまま恋に溺れる子どもと、子ども以上に未完成な大人が綴るラブストーリー。

    【感想】

全19件中 1 - 19件を表示

未完成 (白泉社花丸文庫BLACK)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

未完成 (白泉社花丸文庫BLACK)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

未完成 (白泉社花丸文庫BLACK)の文庫

未完成 (白泉社花丸文庫BLACK)のKindle版

ツイートする