あんたとお前と俺。 (白泉社花丸文庫BLACK)

  • 152人登録
  • 3.31評価
    • (9)
    • (17)
    • (25)
    • (11)
    • (2)
  • 6レビュー
著者 : 丸木文華
制作 : 丸木 文華 
  • 白泉社 (2010年8月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592850687

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

あんたとお前と俺。 (白泉社花丸文庫BLACK)の感想・レビュー・書評

  • イラストまで丸木さんなのが凄い。丸木さんの丸木さんならではの丸木さんの基本を押さえた王道3P。義兄が偽装結婚ネタというのは昔の流行りだったのかな。義兄の精神的なSっ気は楽しかった。

  • 表紙が気になって購入。これってどこに出てくるのかなぁと思い、読んでいたら、まさかの番外編!驚きました。
    そしてこの三人の関係も終止符が打たれるかと思い3Pものと思わせといて結構純愛に戻っていくのかぁと、久しぶりに思ったのに、これにも驚きました。まぁ、結局はBLACKですからね(笑)。

  • ★4.0。これはドロドロよりも年下童貞がっつき攻と3Pを堪能する本ですね!キャラの掘り下げや心理面はかなり物足りなかったし、淫乱受は好きじゃないけど、年下わんこ攻好きとしては義弟のがっつきっぷりが見事で満足。純情実直で正義感もある硬派な義弟が、脱童貞プレイで快楽に抗えず雄になる背徳感が良かった。義兄は掴み所無さすぎたけど、とりあえず池の鯉は災難過ぎる(笑)

  • 義兄弟3Pもの。
    う〜ん…。何でだろう。
    イマイチ私的に萌えポイントが掴みにくい感じ。
    ちょっと展開が見えたというか…。
    心情の変化はもう少し丁寧に書いて欲しかったな〜。

  • 丸木さんの3Pは2本目です(読むのが)。今回の方が好き!
    なんつったって、父親が死んだ母を支えなきゃ!って一生懸命だったところに、弁護士の恋人つれてこられて、えっ俺のやってきたことって…とゆー、常識的でかっこいい男の子って感じなところが(主人公)。
    ちょっとウリやってたからって、ほだされてハマっちゃうなんて…おまえそりゃあ魔性の男だよお/////私は長男派!
    電車で痴漢プレイとか楽しそうで良いですね。
    ただもうちょっとプレイ回数増やしてもいいよ?と思いましたけど。前編の終わり方…家族で仲良くごはん食べてるのに、バイブ埋められて夜が楽しみ!っていうやつはとても好きでした。

  • 3Pものです。
    もうちょっと3人の場面が欲しかったけど、満足でした。

全6件中 1 - 6件を表示

あんたとお前と俺。 (白泉社花丸文庫BLACK)に関連する談話室の質問

あんたとお前と俺。 (白泉社花丸文庫BLACK)に関連するまとめ

あんたとお前と俺。 (白泉社花丸文庫BLACK)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あんたとお前と俺。 (白泉社花丸文庫BLACK)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あんたとお前と俺。 (白泉社花丸文庫BLACK)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あんたとお前と俺。 (白泉社花丸文庫BLACK)のKindle版

ツイートする