甘い拷問 (白泉社花丸文庫BLACK)

  • 22人登録
  • 2.40評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 塔栄のりこ
制作 : 有馬 かつみ 
  • 白泉社 (2012年3月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592850908

甘い拷問 (白泉社花丸文庫BLACK)の感想・レビュー・書評

  • アーなシーンが会話文として出てくるのではなく、説明として文章として出てくるエロさというのを痛感した作品。そういう意味ではすごかったのですが、作品全体を通してみると自己満足というか、読者を置いてきぼりにさせた作品だったと思います。
    ファンタジーというか、いろんな設定がごちゃごちゃしており、読みづらかったです。
    だからもっと単純な二人の描写を思いっきり描いた小説だったら読めたのかもとは思いますが、今回は苦労です。
    なにやら同人の商業化とのこと。ムムム…と思ってしまいました。

  • BLですがミステリー要素があります。是非シリーズ化して謎を深めてほしい。空のエピソードが印象的。イラストも良い。

全2件中 1 - 2件を表示

甘い拷問 (白泉社花丸文庫BLACK)の作品紹介

…おまえは私のものだ。誰にも、渡さない。私だけの、ものだ…記憶喪失の日系人、純。彼のぬれぬれとした黒い眸に心を奪われた元英国軍人マイケルは、一夜の関係を結び、その白い裸身の虜となった。ところが純には、記憶を失った代わりに奇妙な力が備わっていた。指先と指先が触れ合ったとき、昨晩の情交のビジョン-若者と淫らに絡みあう自分の姿が、ありありと蘇ってきたのだ!だがその力ゆえにふたりは迷路にはまる。いつしか純の肉体は恋人を裏切り、被虐の快楽に悶えはじめ…指先まで熱く濡れる、エクスタシーロマン。

甘い拷問 (白泉社花丸文庫BLACK)はこんな本です

ツイートする