禁じられた戯(あそ)び (白泉社花丸文庫BLACK)

  • 78人登録
  • 3.70評価
    • (2)
    • (11)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 山藍紫姫子
制作 : 蘭丸 
  • 白泉社 (2013年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592851011

禁じられた戯(あそ)び (白泉社花丸文庫BLACK)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんだかみてはいけないものをみてしまったようなそんな気分になりました。官能的でなんていやらしい小説なんでしょう(褒め言葉)兄弟との表現や無理やり、番外編には少女もでてくるので好き嫌いがわかれると思います。あとは難しい言葉や漢字がかなり多かったので語彙力が試されますね(笑)

  • 短編「禁断の果実」が好き。

全2件中 1 - 2件を表示

禁じられた戯(あそ)び (白泉社花丸文庫BLACK)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

禁じられた戯(あそ)び (白泉社花丸文庫BLACK)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

禁じられた戯(あそ)び (白泉社花丸文庫BLACK)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

禁じられた戯(あそ)び (白泉社花丸文庫BLACK)の作品紹介

「君は写真よりもずっと美しい男だね」サンルームに入るなり、シェヴィー・ヴォネガットは、ヘンリー伯爵に杖で激しく打たれた。全裸になることを命じられ、従わなければ、容赦なく打ちのめされることを教えられたのだ。そして側には-過去の闇から現れた、実の息子アラン。悶えるシェヴィーの白い肌に渇望の眼差しを注いでいた…置き去りにされて、愛を知らず育ったアランは、心ではなく父親の肉体を欲しがる異常さを持っているのだ。狂った運命の歯車は、父と子を嬲り、禁忌の刻印を与え、やがて淫らな背徳の海に溺れさせ…衝撃のインモラル調教劇、開幕。蠱惑の書下し続編も収録。

禁じられた戯(あそ)び (白泉社花丸文庫BLACK)はこんな本です

禁じられた戯(あそ)び (白泉社花丸文庫BLACK)のKindle版

ツイートする