恋襲ね (白泉社花丸文庫BLACK)

  • 118人登録
  • 3.51評価
    • (8)
    • (18)
    • (21)
    • (5)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 小林典雅
制作 : 円陣 闇丸 
  • 白泉社 (2013年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592851035

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
榎田 尤利
有効な右矢印 無効な右矢印

恋襲ね (白泉社花丸文庫BLACK)の感想・レビュー・書評

  • 語り口はシリアスなのに、やっぱりどこか変。典雅節が炸裂していて、楽しかった。

  • 典雅先生の新作が花丸BLACKでキター!と思ってわくわくで読んだけど、んんんん?えろいけど。さすが花丸BLACKえろいけど。BLなのにゲラゲラ笑って読後みょーに楽しくなるっていう私が好きな典雅作品テイストではなかったかなー。

  • 小姓の始まりが17という主人公に疑問を抱きました。しかもこの主人公鮎之助の母親が「まだ鮎之助は17なのに…」みたいな発言がありましたが、現代では「まだ17」なのかもしれませんが、この舞台である江戸時代では確実に「もう17」17の人間が寵童に召し抱えられるなんて奇跡だと思いました。女も17、18となると行き遅れの時代にそれはないだろ…と(笑)。
    あとはあれだけ出てきた佐夜之進の進退が不明。主君があんな終わりだったからどうなったのか。正室の草名の嫉妬も怖いからいったいどうなったのか、シリアス展開も気になりました。
    というか、夜の描写が結構濃厚。変態という意味での濃厚ではなく、いろんな人とのが多く、濃厚。3は1組だけではなかったのが驚きました。いや、最後まであの人出てこないと思っていたのにまさかの登場からのアレで驚きました。

  • かなり駆け足。色々あり過ぎて主人公との共感、萌えどころに乗り遅れた感じがします。2人と仲良くなってからがもっと長ければよかったなー。

  • memo: コミコミ特典イラストカード付

  • 小林さん読み始めて初のシリアスです……が。
    シ、シリアス……?

    時代物で色小姓ものです。
    初恋の相手と両想いになったと思ったら、藩主様の寵童に
    見初められ、色小姓としてお城に上がることになった受が、
    閨房術を藩主の側用人に仕込まれて、そこで藩主の寵童と
    ともに藩主の閨に侍る的なお話です。
    その後、嫉妬に狂った正室に陥れられ、永蟄居となった
    受が、閨房術を仕込まれた側用人から告白され、初恋の
    彼に悪いと思いつつ惹かれちゃってうんたらかんたら。

    最初は本当にシリアスだったんですが、後半あたりから
    なんだかあやしい雲行きに……。
    初恋の彼が蟄居先の見張り番として現れたことで妙な
    恋のトライアングルが発生し、気がつけば初恋の彼と
    側用人のコント大爆発。
    あーん、どっちも選べなーい!
    となった受が、どっちも公平に愛しちゃおうという、
    何だかもう何でこんなにハッピーになっちゃってんの?
    という展開に、小林さんにやっぱりシリアスはちょっと……
    という、結局ラブコメちっくなラスト。

    3P、プチ百合、調教、肉便器、イラ○チオ、玩具、ソフトSM、
    2輪挿しと、よくまぁ、この薄い本のなかにこんだけの
    要素つっこめたな……と思わず唸ります。
    好き嫌いは激しく分かれるお話ですが、小林さんだと思って
    読み始めると、何だか不思議と最後まで読めてしまう。
    (それでも3Pはほぼ飛ばし読みしてしまいましたが)
    終盤は個人的にもう完全に笑いのツボに入ってしまって、
    真面目に読めませんでした。
    普通に楽しく読めましたが、小林さんはやっぱりとんでも
    展開のコメディ路線が読みやすいな、と思いました。

    イラストが非常に美麗です。

  • いたぶられ感は最高です。がご都合主義という文字が頭をよぎった。ご丁寧なプレイのあらすじ紹介文がウケた。(以下抜粋)
    お道具調教、疑似プレイ、攻一人×受二人の3P(百合プレイつき)、正統派H、お仕置きソフトSM、攻二人×受一人の本命3P(二輪挿し)

  • 初の時代物。

    基本的に一般小説の時代物は好きだけど、BLで・・・っていうのはあまり興味はなかった。

    目から鱗。
    時代物、いいwww言葉が違うだけでこうも雰囲気が変わるんだぁと。
    お家のためと自分を押し通すことができず、殿様の寵童に上がることになった鮎之介や殿の側用人に直方、初恋の人冬野や殿、佐夜など魅力的な登場人物で飽きずに最後まで読めた!!
    最後はなんだか甘くなったけど、それまでの過程を思えばお鮎ちゃん幸せになってね!と微笑ましいのでOK!!

    これはこれは、新しい扉が開いた気がする☆

  • 花丸ブラックってシリアス専門なんですよね…?思わず確認しちゃうw
    途中まではドのつくシリアス加減でしたけど終盤は疲れちゃったのかな?w
    片思い押し殺して仕える直方さまに胸キュン♡
    がしかし最終的には変態攻だし冬夜が登場してからはいつもの小林典雅節が炸裂していて一安心w
    一年に数回しか会えないけど小林典雅さんやっぱり好きだぁあッ!!!!

  • まさかの花丸BLACK!期待以上でした。
    登場人物それぞれの思いが分かるけど思い通りにいかないもどかしさ。殿と佐夜と3Pが、BLでは珍しく主人公の思う相手ではないのに良かった。百合に需要は感じてなかったがこれもありかと。
    欲を言えば終盤やや軽めになったけど、もっとじっくり書いていただいても良かったかな。でもそのおかげでハッピーエンド感はアップ!

  • 読み終わって直ぐ思ったのは思ってたのとちょっと違ったかも・・というちょっともやっとした感じでした。
    正直な所、殿と寵童の佐夜の関係は素敵だと思う。佐夜が鮎之介を気に入っているところも好きだし、殿からの寵愛が受けれずただの穴扱いの件も最高だった。
    そのままで行ってくれれば・・・・・。
    色々思うところはあるんだけど、とりあえず乱立して書きます。
    毒薬の件で鮎之介が飲むんじゃ駄目だったの?鮎之介が飲んだら凄いわくわくしたのに・・って思った。
    ただ、殿と佐夜をくっつけるにはあれくらいしないと佐夜は離れて行ってしまったかもしれないから、そうか、毒薬は殿と佐夜のハッピーエンド用な訳ね。と勝手に納得しちゃいました。
    けど、それにしてももうちょっと鮎之介が雑に扱われる描写があって欲しかったなぁ・・。最初に破瓜されたのだって一文だったし。
    そこに重きを置いてなかったのかもしれないけど、鮎之介の心が砕けるにはちょっと負の要素が足りなかったと思う。
    前半は凄い好きだったのにーーー!!!
    鮎之介の喉が潰れてれば、後半冬野に言い訳しないでいいし、良いと思うんだよねぇ・・・。いい感じに不幸で。
    いっそ、同時に飲んで鮎之介と殿が倒れて小姓の(スイマセン、名前忘れました)子が見つけたらよかったのに。
    そんで二人の喉が潰れても良かったと思う。鮎之介の場合は目が見えなくなっても良かったかも。色々出来そうで。
    直方なんて目が見えない鮎之介をいいことに、冬野がきてもいわなそうだし、見せ付けそうだし。
    ってちょっと話題がそれましたが、後半、寺に閉じ込められてからも不幸臭い感じは皆無だし、そもそも冬野を登場させる必要ってあったのかなぁ・・?って。
    こんな事を言ったら元も子もない様な気もしますが、なーんか・・・違和感を感じちゃって。
    私てっきり3Pは殿と直方なのかと思ってたし。けど佐夜の存在でこれは百合3Pも美味しい!とは思ったけども。
    いや、この辺は個人的な受は愛でられていてほしい。という気持ちがあったせいかもしれませんが、ちょっと冬野だと頼りないというか、鮎之介はそんな冬野が可愛らしくもあり愛おしいようでしたけど。
    そんなことなら、冬野の髪の毛を燃やされて、もう何処にも逃げられないくらい縛り付けられてちょっと精神的におかしくなりかけるっていうならまだ納得できるんですけど。
    個人的には鮎之介の小姓の子がいいなーって思っていたので、最後の方で直方と冬野が危惧しているシーンは好きでした。
    けど、後半は甘い要素が無駄に多くて、流石に調子が良すぎない?って思ってしまいました。
    色々な3P本があるけど、なんか物足りなかったなぁ・・・と期待していただけに残念でした。
    前半のペースのまま、鮎之介が虐げられながら壊れていく様が見なかったな・・・身投げのシーンも良かったけど、突然すぎてねぇ・・・(汗)

    なにかが惜しい・・・と思わずには居られなかったです。
    読み終わった後、よほど何か悔しかったのか別展開で夢にまで見てしまいました(笑)

    内容の好き好きには個人差はあるかと思いますので、普通に安心して読みたいのであれば素敵な内容だと思います。
    最終的には好きな人(2人だけどww)と一緒に幸せになれてますから。

  • 初読み作家さん。
    時代物。

    藩校に通っていた鮎之介はある日突然、藩主の児小姓にと言われ城に上がる。藩主には寵愛している小夜之進がいるにもかかわらず、、。
    城では側用人の高辻から閨の作法を教えられる毎日で身体は少しずつ変えられていき…。


    花丸BLACKのせいか、これでもかとエロい内容てんこ盛り(笑)
    攻め1×受け2、張子、淫具の挿入、攻め2×受け1などなど。
    でも、描写が時代もの的な表現のせいなのかそこまでエロさ(淫靡さ)は無かった。
    あと、受け子ちゃん(鮎)の気持ちがイマイチ分かりにくかった。単なる淫乱?天然ビッチ?的な(笑)
    高辻と添い遂げて終わりかと思いきや、まさかの幼馴染との再会で、しかも3P(笑)
    うーん、、ホント、やってることは淫靡以外の何物でもないのに、はぁはぁ感じる萌えをあんまり感じなかったのは何故?

    円陣さんの絵が良かった。
    攻め1×受け2の挿絵、もっと見たかったな。
    あと、高辻を受け入れながら、鮎が冬野のものをフェラするところとかも挿絵があればよかったのに。

  • 作家買いしている小林典雅さんですが、今回のはシリアスエロメインということで好みとはちがうかなあと思ってちょっと買うのためらったんですが、やっぱり好きな作家さんの作品ですから面白かった。
    やっぱり典雅さんの書く受けの昼は清純夜は娼婦なのが好き。
    ちゃんと意志は強くて強くはないものの言葉ははっきりしゃべるのでストレスたまらないからいい。
    エロエロもよかったし、ちゃんとストーリーもあってよかった。
    近くて見守ってくれた男と結ばれたかと思いきや初恋の男登場でちょっと笑った。
    相変わらず言葉の使い方がツボにはまる「三人の幸せを祈らずにはいられない吉宗であった」のラストはめちゃくちゃ納得したよね。

  • 「次回はなんとついに花丸BLACKに進出! しません」と前作あとがきにあったのは冗談かと思ってたら…驚きました。
    BLネタのコメディ専門だと信じきっていましたので…
    そりゃ、どんなエロ特化作品を読ませていただけるのかと興味津々になります!
    ラブコメ以外の芸域を広げたい、とのことですが、芸域ってところでもう笑いが止まらなくなりました。でも、内容は江戸ものでちゃんとシリアスでした。

    君主、幼馴染み、側用人と萌えツボが大サービス。
    突然藩主の至時に寵童として召し上げられることになった17才の鮎之介。
    鮎之介は幼馴染みの冬野を密かに想っていて、別れの直前にようやく両想いであったことに気付くのですが、時すでに遅し。涙の別離と叶わない約束に、とても切なくさせられます。
    そして、城に上がっても、夜のお勤めが滞りなくできるように側用人の直方から夜毎調教を受けなければならず、肝心の殿にはすでに寵愛する佐夜がいて、鮎之介はますます悲嘆にくれます。

    怒涛の人生を送ることになってしまった鮎之介。健気でいじらしくてほっておけません。至時が冷酷だったり、とんでもない大奥ちっくな陰謀に巻き込まれたりして悲惨ではあるけれど、直方や佐夜など周囲の人物のあたたかさに救われます。

    エロ的にはかなり濃厚。センセ頑張りましたね~!と拍手してあげたい気持ちですww
    ソフトSM、調教、3P、おしおきHなどてんこ盛りプレイ。ちゃんとエロかった…という言い方は変?
    切なさも満点だし、ストーリーも詰め込みすぎなわりには分かりやすく受け入れやすかったです。もっと、ツッコミ入れようと思っていたんですが、至って花丸BLACK。
    センセが書いたと言わなければ、そうとは気付かないくらいでした。
    途中までは。

    やっぱり小林典雅センセ!と思わせてくれたのは、後半ラスト近くです。
    3Pは、一体どうなることかと心配しましたが(攻同士の攻防戦)、そこはさすがの幕引きでした。うっかり笑ってしまいました。こういう風だと後味もよくて納得かな。
    シリアスなんですが、どことなくコミカルで時代劇ドラマでも観ていたかのように楽しく読了しました。

    円陣闇丸センセのイラストが眼福。月代禁止だったようですが、なんちゃって時代物なので許容範囲です。月代、大丈夫ですけど…

  • まさかのブラック、しかし最後まで読んでやっぱり典雅さん一流のラブコメを読んだ気分になったのは終わり方の所為かな。

全15件中 1 - 15件を表示

恋襲ね (白泉社花丸文庫BLACK)に関連する談話室の質問

恋襲ね (白泉社花丸文庫BLACK)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋襲ね (白泉社花丸文庫BLACK)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恋襲ね (白泉社花丸文庫BLACK)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋襲ね (白泉社花丸文庫BLACK)の作品紹介

想う相手がいながらも、殿の寵童となることを余儀なくされた鮎之介。殿の側用人・直方に閨房術を指南され、決死の思いで殿の閨に侍るが……。身も心も千々に乱れる、性愛入り乱れた波乱の恋。 2013年4月刊。

恋襲ね (白泉社花丸文庫BLACK)のKindle版

ツイートする