はなだま人魚 (花丸文庫BLACK)

  • 71人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (15)
    • (7)
    • (3)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 沙野風結子
制作 : 乃一 ミクロ 
  • 白泉社 (2013年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592851158

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
榎田 尤利
有効な右矢印 無効な右矢印

はなだま人魚 (花丸文庫BLACK)の感想・レビュー・書評

  • 人魚ものです。○リエルを人魚全体のアイコンと思っている身には、かなりハードかつ、隠微でエロティックな読後感でした。
    そして、もう一つのテーマが兄弟愛です。こちらはもう甘くてかわいくて一途な恋心。
    そうなんです、エグいです!沙野センセらしくびっくりなエグい描写が容赦なくあっておどろおどろしかったです。でも正梧と八尋の想いあう気持ちが純粋できれいでいい相乗効果がありました。

    人魚の涙。悲しかったです…そして八尋の流す涙にも、胸が痛くなってたまりませんでした。
    多分、太平洋戦争より前の日本。
    八尋は生まれつき病弱で、親を亡くしてしまい弟の治療費に困った正梧は、宝石商に奉公します。弟が大事な兄は金のために罪悪感を感じつつも店主の娘と結婚しようとします。でも、好きなおにぃの足手まといになりたくないし、結婚も喜べない八尋。
    そんな八尋の身体に異変が起こり始めます。

    島の秘密が隠微とか幻想的とかいうの飛び越えて、もう恐ろしかったです…まぁ、センセの作品はこういうエログロ前提なので驚きませんけど、さすがに活造りには参りました。三枚おろがしなくてよかったですw
    人魚とのHというのは興味津々になりました。でも、ここは興味本位とかエログロとしてではなくちゃんと正梧の気持ちとして、どんな姿の八尋でも愛している、というのが強く伝わってくるシーンになっていたので、とてもよかったです。

    それから、そうですね、子供たちがすごく印象的で物語をいいイメージに引っ張ってくれていた気がします。イチ、タケ、ヤスが思わぬ活躍ぶりを見せてくれて嬉しくなりました。
    そしてラスト。
    心憎い終わり方でした。イチとのつかの間のシーンも余韻があってよかったです。

  • 兄×弟+人魚。とても面白かった。人魚という設定も、漂う雰囲気も、さすが沙野さん。描写もエロチックだし、残虐な所もあったけど引き込まれるように読んでました。ただ、もうちょっと兄弟での葛藤や背徳感が欲しかったかな… ラストへ向けて駆け足感もあったけど面白く読めました。弟の「おにぃ」呼びがかわいくて好きです。

  • 期待していたほどねっとりとした感じはなかったです。
    もっとハラハラとして読みたかった。

  • ファンタジーかと思いきや伝奇ジャンルでした。BL界には希少なカテゴリ。ちなみに夜光花さんもたまに出没。

  • 始めから想いっている兄弟ものとして読めばすごくいいです。
    人魚が絡んできて結構どろっとなります。

  • まず、乃一さんのカラー口絵の美しさにしばし持っていかれました。なんだか凄い予感。

    タイトル通りの人魚のお話+兄弟愛+異種姦。
    どシリアスでエグい場面もあり、ああ、良かったと思ったところで(感動してたのに)楽しそうなHするのが個人的にやや興醒め。
    でも終わり方はその20年後という綺麗な描写で素敵でした。

    あそこで切なげな(台詞なしの)Hしてくれたら…いや、あそこでのHをしなければ…いずれにしても何か足りない。

    イチたち子どもとの関わりは良かった。
    乃一さんのイラストも良かった。
    多分、好きな人もいると思う。力作ではある。

全6件中 1 - 6件を表示

はなだま人魚 (花丸文庫BLACK)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

はなだま人魚 (花丸文庫BLACK)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はなだま人魚 (花丸文庫BLACK)の作品紹介

病弱な弟の八尋を帝都の医者に診せるため、正梧は宝石商の一人娘との結婚を決意した。八尋は言動がおかしくなり、正梧に自慰を手伝わせたりする。真珠の調査で、2人は母の出身地の島に向かうが…!? 2013年9月刊。

はなだま人魚 (花丸文庫BLACK)はこんな本です

はなだま人魚 (花丸文庫BLACK)のKindle版

ツイートする