月下の涙~鬼と獲物の恋~ (白泉社花丸文庫BLACK)

  • 55人登録
  • 3.85評価
    • (3)
    • (11)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 月東湊
制作 : 陸裕 千景子 
  • 白泉社 (2014年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592851233

月下の涙~鬼と獲物の恋~ (白泉社花丸文庫BLACK)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アマゾンのレビューで非常に高評価の作品で、是非、読んでみたいと思いました。
    評判が良いからと読んでみても、なかなか自分の感性と合うかどうかは好みの問題もあり、難しいというのが実情です。
    でも、こちらの作品は私も心から良いなと思えました。

    ひと口で言うと、人を食べなければ生きてきゆけない鬼と人の恋です。
    生まれてから人間を一度も食べたことがない鬼は、いずれ霧となって消えなければなりません。
    そんな鬼に主人公の潮は告げます。
    ―俺を食べて生きてくれ。
    潮は不治の病にかかり、余命幾ばくもないと判明、どうせ助からない運命なら、愛する鬼に食われて、愛する者の一部となりたい。そのような想いから鬼に自分を食べて欲しいと願います。
    優しい鬼は断固拒否。
    今まで何のゆかりもない人間でさえ食べられなかったのに、ましてや愛する潮を食べられるはずがありません。

    結局、鬼は潮の「病巣」だけを食べ、潮を生かして自分は消滅する道を選びます。
    鬼が消え、自分だけが残ったと知った潮は絶望しますが―。

    絶望の中から、それでもなお愛する者を救おうと懸命になるのは潮だけでなく、鬼も同じだったでしょう。
    結局、龍神への潮の懇願が届き、鬼は形を取り戻し、最後は「神」になることができました。
    しかし、そうなるまでには長い長い年月が必要だったのです。

    互いを想い合う気持ちは労り合うことでもあり、また自分より想う相手の幸せと無事を選ぶこと。
    鬼も潮もためらいなく、それをやってしまいます。
    そんな彼等の姿が眩しく、愛の尊さを教えてくれようです。
    ただ、私は多くの方が言うような号泣するような哀しい物語りではなく、むしろ誰かを想うことは、こんなにも人を強くしてくれるのか、愛する人のためなら困難にも立ち向かえるものと語りかけてくる―強さを感じさせる作品だと思いました。
    最後に鬼が神になったように、読後はキレイな光を見たような心持ちになりました。
    とても良い作品だと思います。

  • 鬼と人との恋の話なんだけど、最初に鬼が出会った人との話に泣ける。鬼を死んだ子供のように可愛がって、でも、鬼だから周りの人に祓われてしまって。すごく切ないです。補食するものとされるものとの恋はつらい。第一段を見ないでスピンオフからだけど楽しめました。

  • 「青龍の涙〜神は生贄を恋う〜」スピンオフ。
    人を食べることの出来ない優しい心を持つ鬼と鬼を見ることの出来る高校生潮の話です。
    鬼を見ることの出来る人を鬼が食べることによって力を強くしたり成鬼になることが出来るらしく、潮は鬼たちに狙われていますが、人を食べることの出来ない鬼は潮の用心棒みたいになってしまい、、、。

    バキバキと音をたてて潮を喰らう鬼。
    そして絶叫する鬼。
    涙が溢れ出て続きを読むことが出来ず一度間を置いて読みました。

    そうですよね、そうなりますよね。



    よかった!!
    禰宜となって地元に居ることが出来、新しい家族も増え幸せになることが出来て本当に良かった。


    そして竜神様がまた出て来てくれて、鬼と潮のために力を貸して下さったり、言葉の端から彰も幸せにしているようで安心しました。

    でも何よりも、竜神によって命をたすけてもらった隆盛(隆の字が竜・龍でないところは残念でしたがご愛嬌)が沢山の小さな神様に囲まれて元気な高校生として登場してくれたことがとても嬉しいですね。また
    隆盛が挿絵(挿絵は陸裕千景子さん)からイケメン眼鏡さんとわかって狂喜乱舞ものでした(笑)

    出来ればまたスピンオフとして隆盛受けの作品を読んでみたいですね。
    でも

  • 「青龍の涙」のスピンオフ。またしてもただの異形との恋物語に留まらない、ヘビーな内容でした。
    前回の神様攻から、今回は鬼攻となっていて空恐ろしくなってる気がしますが、むしろ神様よりずい分やさしい気性であることが意外でもあり、そこがストーリーの根幹になっていました。

    神様の時もそうだったように、鬼にも人のような名前がないんですよね…
    神様は早々に名前が決定しましたけど。
    毎度ながら、こういう細かい巧みな技にやられてしまいます。人にあらず、という意識が知らないうちに刷り込まれてしまうすごさ。そして、鬼という存在の畏怖はそのままに、潮に見える鬼にだけは愛ゆえのやさしさが備わっているという特異さ。
    鬼の世界ではずい分浮いた異端の存在なんだろうなと思えば思うほど、彼の優しさに切なくさせられました。
    自分の命を賭してまで潮を守ろうとする深い愛に、涙無しには読めませんでした。泣かされました。

    葛藤がすごいんです。命を奪うのか、奪わないのか、奪わせるのか、奪わせないのか…これこそ究極の選択です。
    鬼と潮にも、そして読んでるこっちにも。にっちもさっちもいかない状況に直面してしまった愛し合う二人が一体どんな方法で幸せをつかみとっていくのか、ほんとに心配しながら読んでしまいました。

    花丸BLACKらしく大人向けのハードな描写があっただけに、いっそう甘く感じました。ハードと言ってもエロ的にじゃなく、グロ的にです。その後泣かされましたよ!
    慟哭する鬼が優しすぎてたまりませんでした。

    潮の絶対諦めない気持ちに心救われる気がしました。
    愛する人のためならどんな可能性でも見い出して、何でもしようとする強さに成長を感じました。
    青龍では二人きりで異世界での新婚さんとなりましたが、こちらは潮の家族をちゃんと考えての同居婚。
    そんな作者さんの細かい心配りにほっとさせられました。

  • 泣いた。中盤からもう涙ボロボロ。自分の心が弱っていたのかと思うほど泣いた。受けも鬼も優しくて、友達もみんな良い奴で良かったけどやっぱりBLにでてくる女はあかん奴やった。数行の登場でさらっと過ぎたから今回はあんまり不快にはならなかった。とっても優しいお話でした。この本は「青龍の涙」のスピンオフでしたが作者もあとがきで述べているようにこの本だけでも十分楽しめました。

  • 鬼が潮を喰らう場面に涙腺決壊。こんな優しくて強くて泣き虫な鬼なんて反則だよ。竜神があっさり潮の願いを却下した理由にもおおいに共感。普段寡黙な鬼が、潮から精気を受け取った(エチ)後の感想だけは雄弁に語るとこはツボり萌え。このシリーズは涙腺ヤバいけどもっと読みたい。

  • 一寸無茶してるけどほぼ相思相愛状態なのに何故BLACK? と思ってたら大分猟奇的なシーンがございました。これはたしかにぶらっくだー。

全7件中 1 - 7件を表示

月下の涙~鬼と獲物の恋~ (白泉社花丸文庫BLACK)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月下の涙~鬼と獲物の恋~ (白泉社花丸文庫BLACK)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月下の涙~鬼と獲物の恋~ (白泉社花丸文庫BLACK)の作品紹介

この世ならざる者が見える柳谷潮と、人を食べられない優しい鬼。
幼い頃に出会った二人は親い合うが、潮が十八の年、鬼が潮を食べなければ霧となって消える運命に陥り……。
涙シリーズ第二弾!! 2014年6月刊。

月下の涙~鬼と獲物の恋~ (白泉社花丸文庫BLACK)のKindle版

ツイートする