ありす・すきゃんだる〈Part.6〉 (花丸ノベルズ)

  • 14人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 菜槻さあり
制作 : 穂波 ゆきね 
  • 白泉社 (1996年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592861782

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ありす・すきゃんだる〈Part.6〉 (花丸ノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • 桂、こんな泣き虫な子って、現実味ないな~。
    こんな守られてていいのか?

  •  1つ目は、化け猫騒動に巻き込まれた育生と国立の話。
     相変わらず、恐いのがダメダメな育生が、一生懸命、一人で騒いでる感じの話でした。
     オチも何となく、予想のついてる範囲内だったので、あんまりー……って感じですかね。

     それよりも個人的には、2つ目のずーっと、脇役として出てきてたけど、はたして、どこまで進んでるのかどうか、さっぱりわからなかった「岡野&桂」のことが書いてある話の方が、個人的にはとっても好みでした。
     まぁ、でも、これも桂の過去の話になるので、この話を書いておいて、これから2人がどうなっていくのか……という、伏線でしかないと思うんですけどね。
     それでも、桂の少し痛い過去がわかって、桂に感情移入できるようになって、おもしろくなりました。
     それともう一つ。
     岡野は意外と、本命は「大切に大切に」しがちなタイプなんだなー……ってのもよくわかりました。
     作者さんも岡野もそうなんですけど、無理に桂を子供のままにしておき過ぎじゃないかなー? という気がしなくもない。
     桂は、内側になかなかにブラックな面も持ち合わせているみたいだから、意外としたたかなんじゃないかなー? って、思うのは私だけですかね?
     なんか、ちょっとそこだけアンバランスかなー、と。

     まぁ、結論としては、これからの岡野さんに期待! というところでしょうか。
     シリーズを読んだことのある人は、2人の関係がはっきりするので、読んでしまうことはおすすめしておきますー。

全2件中 1 - 2件を表示

ありす・すきゃんだる〈Part.6〉 (花丸ノベルズ)はこんな本です

ツイートする