Goodtimes & Badtimes (白泉社花丸文庫)

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 大槻はぢめ
制作 : 起家 一子 
  • 白泉社 (1999年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592871033

Goodtimes & Badtimes (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 確認先:川崎市立川崎図書館

    借金のカタというありきたりの設定のはずなのに、何故高待遇になっていることに驚愕する主人公ではあるが、別の視野から見れば当たり前の事なのである。にもかかわらず、それが当たり前として通じないあたり、どことなく異性愛の匂いを感じてならない。

    考え方によっては旧態依然とした感が拭えない異性愛モデルの中でどこまであがくかが読みの主題となるはずだと感じてならないが、それが大槻にきちんと通じるのであろうか。

  • 初版・1999年4月25日
    高校2年の田口正美は、父親の借金のカタに大財閥麻生家へ行く羽目に。召使いとして扱われるのかと思いきや、麻生家のあまりの厚待遇に戸惑ってしまうが、初日の夜、部屋に侵入してきた次男の康弘に唇を強引に奪われてしまう。その時は派手な姿をしていたのだが、学園での康弘は超真面目な生徒会長で…!? ノンストップPOPコメディ第1弾!

  • 我が儘金持ち攻め×素直受け。
    いきなり金持ち学校とお屋敷に磯労することになった主人公。しかしそこには。
    前編。

  • イラスト:起家一子先生

全4件中 1 - 4件を表示

Goodtimes & Badtimes (白泉社花丸文庫)の作品紹介

高校2年の田口正美は、父親の借金のカタに大財閥の麻生家へ行く羽目に。召使いとして扱われるのかと思いきや、麻生家のあまりの厚待遇に戸惑ってしまうが、初日の夜、部屋に侵入してきた次男の康弘に唇を強引に奪われてしまう。その時は派手な姿をしていたのだが、学園での康弘は超真面目な生徒会長で…!?ノンストップPOPコメディ第1弾。

Goodtimes & Badtimes (白泉社花丸文庫)はこんな本です

ツイートする