パパとKISS IN THE DARK (白泉社花丸文庫)

  • 114人登録
  • 2.88評価
    • (2)
    • (2)
    • (46)
    • (7)
    • (3)
  • 9レビュー
著者 : 南原兼
制作 : 桃季 さえ 
  • 白泉社 (1999年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592871040

パパとKISS IN THE DARK (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 受けがどうしようもない受けだお。今はもう読み返す気力も体力もないおね…

  •  どうしてこの人の話がこんなに軽いのか……ということの理由の一端がようやくわかったかな。
     どっちかっていうと、この人の話の場合は二人の関係は、二人だけのもので、基本的にあんまり周囲は関係ないんだよね。
     根本のところに「好きなんだったらいいじゃんっ!!」っていうのが、多分あるからそんなにしんどくなくていいんだと思う。
     やっぱり「周りに反対されて~」だとか、「他人の目が~」とか言ってると、テンション落ちるし、比較的主人公とか、そのカップルのテンション下がるけど。
     究極のところを言えば。
     この人の書く物語の主人公さんたちは。
     根本のところに
    「バレてもしょうがないじゃん」的な部分とか。
    「どうせなら見せ付けてやれっ!!」的な部分があって。
     行き着く先が。
     それすらも、二人の関係の刺激剤、という役割を果たしているに過ぎない……ってトコなんだよね。

     というわけで。
     本当はちっとも隠すつもりのない実良君と、鏡介さんのお話です(爆)。

  • パパミラシリーズ第一弾☆出生の秘密に揺れる実良くん、芸能人スターとして浮名を流しまくりのパパを親子としても別の意味でも愛しているので心中は複雑なのです。

  • BL。白桜学院高校1年・実良の恋人は父親で、超人気フェロモン俳優の鏡介。 いつもラブラブな二人の周りには、実良の事を狙っている生徒会長や、実良を貴之から守ろうとしている幼なじみ。 更に貴之の義理の母親でもある人気女優、宇都宮美月と鏡介との熱愛説が報道されるなどと、トラブルの絶えない日々に困惑し複雑な心境の実良。父親と息子が恋愛という設定にちょっと戸惑った。

  • 白桜学院に見事入学を果たした宗方実良。だが彼は記念すべき入学式に遅刻してしまう。その理由は、朝からエッチをしてしまったからだった。しかも、その相手というのが、スクリーンで、TVドラマでフェロモンを振りまいている宗方鏡介。つまりミラの父親であったのだ。こんな関係はもうやめてやると思っていたミラだが、鏡介と自分が実の親子の関係ではなかったと知り、自分の本心に気付くが…。

  • 人生で二度目に読んだホモ。好きです。親子もの。29歳のお父さんがもう格好よくて。実良くん可愛くて料理上手で床上手で。もう結構ながいこと続いてますが…はやく結果を知りたいです。鏡介とか、鏡ちゃんとかよんだりするのが可愛いです。

全9件中 1 - 9件を表示

パパとKISS IN THE DARK (白泉社花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パパとKISS IN THE DARK (白泉社花丸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

パパとKISS IN THE DARK (白泉社花丸文庫)の作品紹介

白桜学院に見事入学を果たした宗方実良。だが彼は記念すべき入学式に遅刻してしまう。その理由は、朝からエッチをしてしまったからだった。しかも、その相手というのが、スクリーンで、TVドラマでフェロモンを振りまいている宗方鏡介。つまりミラの父親であったのだ。こんな関係はもうやめてやると思っていたミラだが、鏡介と自分が実の親子の関係ではなかったと知り、自分の本心に気付くが…。

パパとKISS IN THE DARK (白泉社花丸文庫)はこんな本です

パパとKISS IN THE DARK (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする