一秒でもまてない (白泉社花丸文庫)

  • 40人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (2)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 月上ひなこ
制作 : こうじま 奈月 
  • 白泉社 (2001年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592872580

一秒でもまてない (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  •  知臣とデートする予定だった誕生日の前夜。
     初音は突然現れた、兄・桔梗の家庭教師をしていた岩瀬に軽井沢へと無理やり拉致された。そして、「知臣との関係を両親のバラす」と脅され、初音はいやいや桔梗がやるはずだったというバイトをやることに。
     おまけに、その事実を口止めされているから、自分とのデートよりも岩瀬との約束を優先させた! と、知臣はもうカンカン。
     初音だって「せっかくのデートが……」と悲しい想いをしていたのに、駆り出されたバイトの最中も女の人と楽しそうに会話する知臣に、初音は不貞腐れてそばにあったお酒を飲んでしまう。お酒を飲んだ初音はHモードになってしまい、知臣と仲直りのHをするが……。
     酔いの覚めた初音はそのことを覚えていない。おまけに、洋服が見当たらず、たまたま側に来ていた哲太の持っていたコスプレまがいのドレスを着て、部屋まで戻ることになった。
     そんな時、初音を女と勘違いして近づいてきた男から逃げようとして、ホテルの階段から転げ落ちて、意識を失ってしまう。そして気絶から目覚めたとき、初音は知臣との出逢いも含む過去2年の記憶を失っていた。

     記憶喪失ものです!
     今回はどちらかというと、知臣の俺様ぶりは控えめ。何のかんの言いながら、知臣は初音に対する優しさを大放出してます。甘いですよね!
     どっちかというと、今回は止むをえない状況もあったとはいえ、初音の方が知臣を振り回していた感じがします……。
     そして、最後はなかなかお酒を飲まないと素直になれなかった初音が、ようやく素直になってハッピーエンド! で、完結編だったわけなんですが。
     せっかく初音をめぐる新たなライバルも出てきたのに、これで終わり?! って感じですごくびっくりしました。
     まだまだ続きを書けそうな要素はいっぱいあるのに、もったいない。
     でも、きっとこれで終わりってことは、初音と知臣のラブラブっぷりはどんな邪魔ものが出てきても揺るがないってことですね。

全1件中 1 - 1件を表示

一秒でもまてない (白泉社花丸文庫)を本棚に登録しているひと

一秒でもまてない (白泉社花丸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

一秒でもまてない (白泉社花丸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

一秒でもまてない (白泉社花丸文庫)の作品紹介

知臣とデートする予定だった誕生日の前夜。初音は兄桔梗がやるはずのアルバイトを代わりにするため、以前桔梗の家庭教師をしていた岩瀬に軽井沢へと拉致された。せっかくのデートが…と不貞腐れていた初音は、ふとしたことでホテルの階段から転げ落ちてしまう。そして気絶から目覚めたとき、初音は知臣との出逢いも含む過去2年の記憶を失っていた。はたして初音の記憶は戻ってくるのか?そして、二人の恋の行方は!?ついに完結。

一秒でもまてない (白泉社花丸文庫)はこんな本です

一秒でもまてない (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする