いつかの告白 (白泉社花丸文庫)

  • 31人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (3)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 有馬 かつみ 
  • 白泉社 (2002年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592872870

いつかの告白 (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ですが、べた。だねぇ……っていうのが、一番、大きいな。
     特に、何にもいうこともなく、べたでした。
     もうちょっと、修士のギャップが、わかりやすかったらよかったなぁ……と思う。
     別に、そんなに真澄の前で口が悪い、というわけでもないと思うからね。あんまり違いがわからなかったかな。
     
     まぁ、そんな感じですが、べたなのが好きな人、とか、べたなのが読みたい時にはいいと思います。

  • 未読です

  • 幼い頃両親を亡くし、親戚に引き取られた高校生の話。
    とても慕っている修士が最近気になって仕方がない
    真澄は大学進学を機に離れようとするが…

    光源氏と若紫が少し入ってます(笑)

全3件中 1 - 3件を表示

きたざわ尋子の作品

いつかの告白 (白泉社花丸文庫)の作品紹介

高校生の神村真澄は九年前から遠縁である滝本家に引き取られている。両親を亡くし、叔父のトラブルに巻き込まれて不安定になっていた真澄を、滝本家の長男・修士はずっと大事にしてくれていた。しかしただのはとことして彼の側にいることがつらくなった真澄は、事業を成功させた叔父の申し出を受けようとしてしまい…。

いつかの告白 (白泉社花丸文庫)はこんな本です

いつかの告白 (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする