とろけるほど奪われたい! (白泉社花丸文庫)

  • 30人登録
  • 3.31評価
    • (1)
    • (4)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : ゆらひかる
制作 : 菅野 文 
  • 白泉社 (2005年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592874447

とろけるほど奪われたい! (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ビジネスマン×高校生。気、力、オーラ等の単語の飛び交うワイトな超能力もの。やり手のビジネスマンと高校生の日常生活に織り交ぜてあるが少々中途半端な印象。

  • 他社発行誌に掲載された「けっこう危ない関係だよね」と書き下ろしの続編「暴走しがちなハニー」が掲載。
    ダリア文庫RYOUMAシリーズ(元はビブロス発行の新書のシリーズ)とも薄く繋がり有り(設定のみ)。

  • 歳の差カプっぽかったので購入してみた本です。
    攻めの将騎も結構、好みな感じで…へたれではなかったですが。
    こう、大人の余裕な感じというのかいいなーと思いながら
    受けの悠斗もやんちゃな感じのツンデレで可愛かったです。
    キャラ的にはなかなか高感触というか、読んでてなかなかいいなーとか
    思ってたわけですね…はい。
    ただ…いろいろと期待してただけに残念な感じが否めない。
    悠斗の頭痛の原因がなんだろう?と憶測しながらどんな展開に持っていくのかなーと
    ドキドキしながら読んでたんですけどね。
    気…?気って何!?
    ドラゴン●ールのかめ●め派のあれの類ですか!?
    その瞬間、一気に冷めてしまいました。
    あたしは平々凡々な日常の中でのあーだのこーだのいう展開が好きなんですよ。
    こんな非日常的なものを引っ張り出されるのなら、いっそファンタジーの方が清々しい!!
    ってのが本音ですね。
    医学的な展開とかの方がよかったなー。手術とかさ…
    なんだろう?
    キャラが好みだっただけにすごく残念で仕方ないです(涙)
    でも、将騎が父親の前で恋人だ!って悠斗のことを公言するのはよかったです。
    こういう行動してくれるキャラが好きだったりするので…個人的に。
    そしてサブキャラの将騎の姉上も素敵でした。

    番外編は普通によかったです。
    あんまり気とかそういうオカルト(?)ちっくな展開がなかったので…
    ストーリーは王道な感じで悠斗の暴走っぷりとかよかったなー★
    なんかこれ、別シリーズのキャラと将騎が親戚という関係とかで
    あとがきでそういう気になることは書かんでほしいです。
    策略だとはわかっていても気になる性分なので(苦笑)

  • あらすじ> 高校二年生の野上悠斗は、ずっと原因不明の頭痛に悩まされていた。ある日ケンカの途中で意識を失いかけた悠斗は謎の男、海堂将騎に助けられる。将騎の指に触れられると悠斗の頭痛はウソのように消えてしまった。 別れ際に濃厚なキスをしてきた将騎に反発しながら、悠斗は頭痛を癒してくれる彼の指がどうにも気になってきて…

全4件中 1 - 4件を表示

とろけるほど奪われたい! (白泉社花丸文庫)はこんな本です

とろけるほど奪われたい! (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする