夜の帳、儚き柔肌 花降楼シリーズ第三弾 (花丸文庫)

  • 337人登録
  • 3.68評価
    • (45)
    • (39)
    • (102)
    • (2)
    • (0)
  • 33レビュー
著者 : 鈴木あみ
制作 : 樹 要 
  • 白泉社 (2005年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592874492

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

夜の帳、儚き柔肌 花降楼シリーズ第三弾 (花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 超シンデレラストーリー。
    忍の健気さや儚さは多くの読者様の受けはいいと思うんだけど、よく今まで花降楼で生きてこられたなとつくづく思う。
    蘇武のおぼっちゃまに出会ってからはすごくがんばってたけど、あのままの性格じゃ淘汰されるか他の廓に売られていたんじゃないかな。むしろ忍が一本立ちできたのが奇跡の優しくて自分より相手を立てる子。

    脇役として綺蝶や蜻蛉が活躍してるのでこの二人のファンとしては嬉しいし、そして椿が個人的にいい仕事してて周りに恵まれた子だったんだなって思います。

    蘇武のぼっちゃんも苦労しそうだけど、原に鍛えられながら忍と困難を超えてしあわせになるといいね。
    忍も蘇武も初恋なのかなって感じるほどに求め合ってて青春に近いものを感じた。

  • ★3・8
    このシリーズの漫画は読んだことあったけど、小説は初めて!
    とにかく忍が幸せになれて良かった~~;;初っ端からなんて不憫でかわいそうな子・・・って思ってから、早く幸せにしてあげてほしくてたまらなかった。途中病気になったり原に騙されたりとハラハラ&心配だったけど、ハッピーエンドで終われてほんと何より。こういう地味で大人しくて健気でいじらしい子ツボだから、すごく良かったです!
    遊郭モノって苦手なんだけど、このシリーズの他の子の話も読んでみたくなった。

  • 花降楼シリーズ第三弾 健気な忍と名家の御曹司の蘇武貴晃とのお話。大人しい受が可愛らしいです(エロアリ★★☆) 綺蝶&蜻蛉の番外編もあります。

  • 超健気受。
    地味でぱっとしなくてお茶挽きばっかりだけど、仕事に一生懸命な受、忍。
    このぱっとしなくて人気のない忍を、花街きっての遊び人と評判の攻、蘇武の若様が見初めるという話。
    もうね、忍…どんだけ健気。
    別に蘇武じゃなくても、こんないじらしくて健気だったら、可愛いと
    思うでしょう。

    おまけに食い扶持稼げないから、おまんまも食いっぱぐれてて、
    お約束のように結核にかかってしまったりと、ありがち展開満載。
    ですが、そのありがち展開が想像以上に面白く、なによりももう
    忍の健気さだけでお腹いっぱい………。

  • シリーズ3巻。
    シンデレラっぽいお話?
    いじらしい受くんがお好きな方には良いかも。

  •  華やかな花降楼の中で、今回は控えめな性格の子が主人公。
     おとなしい顔立ちと性格のため忍は前に出ることなく、客がつかず、いつも肩身の狭い思いをしていた。
     そんなある日、名家の御曹司で花街の憧れの的・蘇武貴晃と知り合い、一夜をともにしてしまう。
     二度と逢うこともないと思っていた忍であったが、彼はその後も忍の許へ通うようになって……

     という話でした。
     華やかな世界の中で、少し地味な子の話。
     御職を争うような子たちの話がほとんどだったので、これはちょっと新しい感じがしました。
     そんなに綺麗な子たちばっかりの中にいたら、萎縮してしまう気持ちはすごくわかるので、今まで華やかさばっかりだった花降楼の世界がちょっとだけ身近になったような気がします。

     それとおまけで、綺蝶と蜻蛉の話も入ってました。
     でもまぁ、無理に入れなくてもいいかなー……という気がしなくもないです。

     せっかくハッピーエンドで終わったんだから、二人でいちゃいちゃしてるところの方が見たかったか、というのが個人的な感想です。
     まぁ、あくまでも主観なので、気になさらずに。

  • あえてここをチョイスします。
    遊郭を舞台にした花降楼3弾目。
    2作目を押したりもしてますが、なんだかんだ一番の好みはこの二人です。
    遊郭好きとしては設定に物足りない部分もありますが、この話は作者の方も言っている通りファンタジーだと思っているので、とても楽しく読んでます。
    キャラクターや時空列がちゃんと練られていて背景が見えるのがいい!

  • <花降楼シリーズ>
    『君も知らない邪恋の果てに』
    『愛で痴れる夜の純情』
    ⇒『夜の帳、儚き柔肌』
    『婀娜めく華、手折られる罪』
    『華園を遠く離れて』
    『媚笑の閨に侍る夜』
    『白き褥の淫らな純愛』
    『愛しき爪の綾なす濡れごと』
    『臈たし甘き蜜の形代』
    『恋煩う夜降ちの手遊び』

    <CD保有 フィフスアベニュー>
    忍 CV:岸尾大輔
    蘇武貴晃 CV:森川智之
    蜻蛉 CV:緑川 光
    綺蝶 CV:平川大輔

  • 花降楼シリーズ3 「よるのとばり、はかなきやわはだ」
    名家御曹司・蘇武×忍

    容姿、性格共におとなしいが為、客がつかない忍。
    ふとしたことで知り合った蘇武は、忍の許へ通ってくれる。

    “おくゆかしい”子、なんかいいです。
    もれなく、健気ってのも付いてますし。

  • 今まで綺蝶×蜻蛉の漫画でしか読んだことのなかったこのシリーズ。
    いきなり3巻からですが、忍編なので全然違和感なく。
    でも途中で綺蝶とか蜻蛉がちょろっと出てきて嬉しかったり、忍が蜻蛉のお付きだったの漫画で見てたので、この子が主役かぁ~と思ったり。色々発見があって面白い。
    特に目立つ容姿でもなく、技術があるわけでもない忍。お茶を挽くことが多く、日々の食事にも事欠く有様。
    そんなとき蘇武グループの御曹司と偶然知り合って・・・
    完璧なシンデレラストーリーですな。もう控えめな忍が超かわいいけどね!!

  • 花降楼シリーズでは一番好きです。忍の控えめさといじらしさが可愛らしくて切ない。蘇武の見せた執着にも心動かされました。蘇武が身請けを申し出るシーンがよかったです。

  • 攻がちょっと清純そうな癖して、
    案外Sっぽいのが気になりましたね。
    この顔でか…!みたいな。

    受もちょっと弱い感じで。
    ツンデレがどうしても好きなので、
    こういう子はちょっと;という感じです。

    受が不憫な子だなとは思いました。

  • 【御曹司×遊郭】
    個人的に遊郭モノは苦手です。
    何故なら受けが不特定多数の人と寝るから。
    好きな人にバレても仕事だから寝なきゃいけないんですよ?
    かわいそうでかわいそうで…。

    で、何が言いたいかと言うと、
    「そんな私でも最後まで読むことが出来ました♪」ってこと(笑)
    ベタベタの王道ストーリーですが面白かったです。

    ※あらすじ
    捨て子だった忍は、男の遊廓・花降楼の楼主に拾われ、色子として働くようになるが、おとなしい顔立ちと性格のため、客がつかず、いつも肩身の狭い思いをしていた。そんなある日、名家の御曹司で花街の憧れの的・蘇武貴晃とふとしたことから知り合い、一夜をともにしてしまう。二度と会うこともないと諦める忍だが、彼はその後も忍の許へ通うようになった。贅沢な贈り物をされ、濃密な愛撫に溶かされるうち、次第に彼に惹かれていくが…!?綺蝶&蜻蛉の番外編を収めた花降楼シリーズ第三弾!

  • 花降桜シリーズで一番好き。あと、媚笑と白き褥。
    病弱。貧乏。受が否美人。

  • 花降楼第3弾 ~~

  • [名家御曹司×娼妓]
    激甘攻め×超健気受け

    ドラマCDを聴いて、
    凄く感動したので、原作を読もうと思い、
    購入した一冊。
    BL小説はこれが始めての購入でした。

    男同士であるとかそんな事はどうでもいいくらい素晴らしい作品です。
    こういう表現が好きなのかもしれない。

    忍は完全に女です。
    自分に自信がなく、蘇武にどうして好かれていつのかも分かっていない。
    凄く可愛いです。

    そして蘇武は超イイ人
    現実にはこんな人はいないけど、素晴らしいです。

    世界観もいいし。
    文句ないです。

    ここまで感動する作品ってほかにあるんだろうか。。。
    また素晴らしい作品に出会いたい。


    ***********************************



    ☆あらすじ☆

    捨て子だった忍は、男の遊廓・花降楼の楼主に拾われ、
    色子として働くようになるが、おとなしい顔立ちと性格のため、
    客がつかず、いつも肩身の狭い思いをしていた。
    そんなある日、名家の御曹司で花街の憧れの的・蘇武貴晃と
    ふとしたことから知り合い、一夜をともにしてしまう。
    二度と逢うこともないと諦める忍だが、彼はその後も忍の許へ通うようになった。
    贅沢な贈り物をされ、濃密な愛撫に溶かされるうち、次第に彼に惹かれていくが…!?
    綺蝶&蜻蛉の番外編を収めた花降楼シリーズ第三弾。

  •  大 好 き !

    花降楼シリーズの3冊目。私はこの話が1番好きです!
    なかなか売れない忍のお話
    BL小説って事を忘れてただの純愛小説を読んでる気分でした(笑)

  • かなり泣けるBL小説。
    受け子ちゃんが一生懸命でめさくさ可愛いです。

  •  遊郭シリーズの中で、今読んだ中では一番好き。
     大人しくて健気な忍が可愛くて仕方がない。

  • 受けが健気で、攻めもいい男でたまりません。

  • 遊郭シリーズ第三弾。

  • シリーズ第三弾。
    世界観がなによりすきです。いいなあ。

  • 受が従順でかわいいvv
    一生懸命なすがたにやられます!

  • 読み終わった頃には感動のあまり泣いていました…><

  • 読み直し。可愛いですよ・・・忍・・・。でも、蜻蛉が好きw4作目がすんごい気になるw

全33件中 1 - 25件を表示

夜の帳、儚き柔肌 花降楼シリーズ第三弾 (花丸文庫)に関連する談話室の質問

夜の帳、儚き柔肌 花降楼シリーズ第三弾 (花丸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夜の帳、儚き柔肌 花降楼シリーズ第三弾 (花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜の帳、儚き柔肌 花降楼シリーズ第三弾 (花丸文庫)はこんな本です

夜の帳、儚き柔肌 花降楼シリーズ第三弾 (花丸文庫)のKindle版

ツイートする