待ちて千夜の恋を抱く (白泉社花丸文庫)

  • 62人登録
  • 3.29評価
    • (2)
    • (6)
    • (13)
    • (3)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 西野花
制作 : 南国 ばなな 
  • 白泉社 (2008年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592875437

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

待ちて千夜の恋を抱く (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • ものすごいハイペースで読めたのは、内容の7割がセックスシーンだったから!すげぇやりまくってたよ!羽箒プレイなんてのがあったけれど、これ本当に気持ちいいのかな? 無理矢理セックス、所謂ゴーカンがあるのだけれど、始まって早々に受けの本心が一人称視点でわかってしまうので、緊迫感は無かった なので本編は二人のお仕置きという名のプレイだった ゴーカンの不快さを無くすために受けの本心を早々に描く必要があったのかな?

  • 学生時代に「男同士」という理由で(結局は違ったけど)振られた相手が、転職してきて・・・
    実は、前の会社で上司(男)と不倫していたという。。。

    おお、そりゃ怒るわ!!
    と、好き勝手に追い込む追い込む。
    でも、チラチラと見え隠れする加賀の思いがあったからこそ、エロだけではないものを感じた!

    が、九条・・・淫乱だろ~ww
    開発され過ぎ・・・。まあ、学生時代断った理由が、加賀がホントは好きで好きだからこそ怖かったってことで。

    ハッピーエンドで良かった☆

  • ◎総合評価 2
    ◆ヒロイン? 2  ◆ヒーロー? 2
    ◆純愛 3     ◆情熱 3
    ◆さわやか 2   ◆セレブ 2
    ※あらすじをあまり確認せずに購入。ちょっとベクトルが間違ってるけど純愛なのかも。

  • リーマン物。再会モノ。エロ重視なので心の動きなどの描写は軽め。

  • 【あらすじ】「お前、前の会社で不倫してたってのは、本当か」幼い頃から上に立つ者として育てられた加賀と、天然で人間関係に不器用な九条。まるで気の合いそうにない二人は、しかし親友同士だった。…大学時代、加賀が九条に、告白をするまでは。言葉の継げない九条に真実を察した加賀は、裏切られたという思いを抑えられず、獰猛にその身体を奪う。九条は反駁すら許されず、かつて親友だった男に、激しく狂おしく乱されて…。―秘恋に身を焦がす、濃密な贖罪の情事。

    もうなんか。
    ばなな買いで、ばなな五つ星。

  • 大学時代、同性とは付き合えないと言って俺を振った男が、社会人になって前の会社で男の上司と不倫関係にあったことことを知ってしまった…。ということで、やりたい放題です。最後はハッピーエンドです。

全6件中 1 - 6件を表示

待ちて千夜の恋を抱く (白泉社花丸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

待ちて千夜の恋を抱く (白泉社花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

待ちて千夜の恋を抱く (白泉社花丸文庫)はこんな本です

待ちて千夜の恋を抱く (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする