猫は幸福で出来ている (白泉社花丸文庫)

  • 67人登録
  • 3.84評価
    • (5)
    • (11)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 紺野 けい子 
  • 白泉社 (2008年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592875581

猫は幸福で出来ている (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 恋は憂鬱で出来ている、の続編

    恋人になった伊原のビルで一緒に暮らしている幸。
    しかし生活費も何もかもを出してもらうのは気が引けて何かしたいと思ってる。
    カフェの客にデザイン事務所の新人が入って、どうも幸狙いのようで伊原はくぎを刺しに。


    相変わらず、ラブラブで糖度が高くて良い。
    幸が自分の居場所を見つけてそのなかでこれからを考えて将来を見つけようとするのが良い。
    新に出てきた男が横やりを入れるのかと思いきや、それな全くなくて、別な展開になったのでほお?と。
    もう少し掘り下げて重い話になっても良かったのかなと思わないでもないけど。まあ、あれはあれで良かった。

  • 商業作品として上出来の合格点。
    お金を出して読む、という行為に耐える出来。

    絵も良いし、文章も上手くて構成もちゃんとしてて良かった。キャラの書き分けも出来ている。

    前作読んでないけど、十分楽しめた。

  • タイトル:猫は幸福で出来ている
    著者名:きたざわ尋子
    イラスト:紺野けい子
    出版社/発売元:白泉社
    シリーズ名:白泉社花丸文庫
    発売日:2008年06月出版
    ISBN:4592875583
    税込価格:580円

    ■Story■
    十七歳にしてひとりで生きていくことになった松谷幸は、
    ダーツバーで働いていたときに知り合った伊原克峻という男に
    拾われて一緒に暮らすようになった。
    伊原は調査事務所を開いていて、その事務所や幸と暮らす部屋がある
    ビルのオーナーでもあった。
    幸は伊原の幼なじみである嶋村兄弟の弟・樹里が働く、
    ビルの二階にある飲食店を手伝っているのだが、
    新しく店に来るようになった尾木という男にやたら馴れ馴れしくされる。
    当然、伊原はそれをおもしろくなく思って…。


    ■感想■
    相変わらずの伊原の幸に対する溺愛っぷりに、こっちが恥ずかしくなる。
    前作に比べると然して幸の感情の大きなブレはなかったが、
    幸の置かれている環境が、さらにとても好ましく温かなものであり
    伊原の内側へ入り込める存在であることが垣間見え、なんだか嬉しかった。
    この温かでゆるやかな空間がいつまでも続いていって欲しいと
    願わずにはいられない…そんな気持ちにさせられる。

  • ストーリーも大好きだけど、イラストの紺野けい子先生最高!

  • 08/7/30
    続編。
    ラブラブカップルと一癖ありの愉快な仲間たちのお話でした。
    『僕の母親は僕を産んでくれたひとだけど、家族になるひとはなかった、』138P

  • 続編です。
    年の差きゅんw

全6件中 1 - 6件を表示

猫は幸福で出来ている (白泉社花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

猫は幸福で出来ている (白泉社花丸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

猫は幸福で出来ている (白泉社花丸文庫)はこんな本です

猫は幸福で出来ている (白泉社花丸文庫)のKindle版

猫は幸福で出来ている (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする