美男の達人 (白泉社花丸文庫)

  • 165人登録
  • 3.54評価
    • (13)
    • (24)
    • (39)
    • (6)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 小林典雅
制作 : 高峰 顕 
  • 白泉社 (2008年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592875598

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かわい 有美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

美男の達人 (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あまりの評判の良さに拝借。

    女性と縁の無いモテない男性に、
    外見から内面までごっそり磨き上げてモテる男への道を歩ませようという趣旨の「美男塾」を舞台にしたBL。笑
    25歳イケメン童貞郵便局員×三十路で離婚歴のある子持ちツンデレ美人講師でございます。

    だから、
    女子にモテるための塾のはずなのに、
    何でこんなにホモがいっぱいいるのかとか考えたら負けです。

    いや、どっからボーイズでラブな展開になるのかと、
    こっちが余計な心配するくらい、
    徹底したモテ講座っぷりに乾杯。

    講義の内容が、
    多くの女性が思っていることだろーなと思う、
    男性のダメな部分と女性の求める部分を的確についているので、
    ここだけ読んでもためになる気がします。
    (まあ、あまりに男性にいろいろと求めすぎな気がしないでもありませんが。)

    そのぶん、BL展開はノリとタイミング的な勢いとスピード感で、
    郵便局員の男前へたれワンコっぷりにほだされるツンデレ美人っていう、わりと鉄板な感じでした。
    うん、そういうの、正直嫌いじゃないよ!

    しかしいちばんは、凛くんのかわいさとモテ講座の妙味だったと思います。いちいち例えがおかしくてつい笑ってしまった。

    このレーベルにあるまじき字数のびっしり感と妙すぎるユーモアが、何だか新しい気のする本でした。

  • おもしろいんだけど、ちょっと残念なのは美男塾の持てる為の授業の話が多すぎて。攻めと受けの恋愛の部分よりおもしろいカウンセリングの本を読んでる気分だった。もうちょっとこの二人の恋愛についての内容を多くしてほしかったな

  • 先輩の付き合いでモテ男養成所の「美男塾」の説明会に行き、そこの教師(男)に一目惚れして入会する、という話。

    これ、すっごく面白い!!
    けど・・・BL成分少なっ!!

    とにかく、塾でのモテアドバイスがとにかくうなずくことばかり。
    女性が男性に求めることをこれでもか!これでもか!と詰め込んでます。
    突拍子もないたとえ話を交えて、面白おかしく生徒に説明するのは読んでいて痛快です。

    せっかくできた彼女に処女性を求めちゃう生徒に、ズバッと反論したあたりはほんとに拍手したかったw
    あと、BLでまさかのGスポット開発の話を読むとは思わなかったぜ・・・。

    しかし・・・塾パートながっ!!!

    そして、後半になってやっと夏秋に気持ちが伝わり、BLらしくなってきたかな?と思ったら、全然なびかない!

    これは結ばれずに終わるんじゃないかと思ったら、急激にエロ!!え~っ!!
    でも本性だしてきた夏秋の方がずっと好感が持てました。
    もっとそこら辺を読みたかったな・・・。

    というわけで、私的には
    美男塾おもろい 70%
    凛可愛い 20%
    夏秋ツンデレ美人受け 10%
    という感じの割合で楽しみました。

    面白かったけど・・・面白かったけど・・・
    BLとしてはどうかな・・・?

    男性に読ませてみたい気もしましたけど、
    女性が「東京タラレバ娘」を読んだ時と似た
    しょっぱい気持ちになること請け合いです。
    面白いんだけどね!

  • メタボ体型のせい(?)で失恋した先輩に付き合って『美男塾』の見学説明会に参加した上遠野。モテることになんら興味はなかったのに、ある男性講師に一目惚れし、勢いで入塾してしまうが…!?
    出版社より

  • BLとしては物足りないけど、モテ男育成論としては妙な説得力w

  • 美男塾講師×郵便局員
    そこそこの容姿にも関わらず恋人いない歴25年の瑛士。先輩の付き添いで行った美男塾ですごいキレイな人に出会い、思わず入会することに。
    しかし実はバツイチ子持ちで、性格もだいぶバイオレンスなようで・・・。
    とにかく、講義の件が長いのなんの!!文字びっしりですよ。モテ男になるためのあれやこれやが!まぁ、納得する内容ではあるんだけど(途中すごい例えとか出てきて面白いし)、ただそこに重点を結構置いてあって、ストーリーがちょっと置き去りなところがあったかなぁという印象。
    もっと凛と瑛士の絡みとか、大体なんで夏秋が瑛士を受け入れたのかとか結構「え?なんで?」ってなるところもあったなーと。
    全体として楽しく読めるのですが、ちょっとやりすぎ感はあったかなー。

  • 凛くんがかわいすぎます。

  • 友人からレンタル、男性にも読んで欲しい作品よ→名作っと勘違い。確かに講義の内容は世の男性にも読んで欲しいし、プッと吹きながら、そうそうと思いながら読みました。ハウツー本なら★4かも、しかしBLとしてならラストにいきなりベッドまでだし、それまで関係がすすまずイライラしたので★3です。

  • 電車の中で読んでいて、思わず噴きまくった…キケンなので家で静かに読んだ方がいいですよ。
    「美男塾」が舞台なだけあって、出てくるハナシはいかに己をイケメンとして女性に認識させるか?とか、モテ期の来ない己をどのようにしてモテモテになるまで高めるか?とか、そういう類の薀蓄が大半を占めていて、何かを期待して読み始めると、かなり呆然とするストーリー。その講座の講師たちがとっても美男でかっこよくて、なぜかそっちに目がいってしまった主人公の恋愛成就までの道程がおおかたの内容で、まあ、笑えるBL風味かなぁというかんじです。

    ストーリーはとても面白くて、うんうん、そうだよ、と幾度も頷きながら、「美男塾」のモテ道に共感して読めること請け合い。
    けど、甘くてエロくて萌える何かをお求めならば、それはちょっと期待しないほうがいいかも。このストーリーはどう見ても、BLネタのコメディですから。
    200ページくらい読ませて、やっと出てくるBL展開は、「10ページめくらいからいきなり絡みシーン」というお約束からとんでもなくかけ離れています。

    しかしながら、登場キャラはみんな個性があって、瑛士と夏秋も魅力的。かわいくて小生意気な凛クンがいい役目を果たしていて、読みどころはいっぱいあります。イラストも美しくて作品を格上げしてます。

  • これはwwww
    萌えない\(^o^)/
    面白い!!
    でも萌えない\(^o^)/

    ホモ率は高いけど、BL率が低すぎるwww

    モテる男になる方法を教える美男塾。
    塾の講義内容はおもしろいし、すごくうなずける部分もあるんだけど…
    講義メインでBLおまけみたいな小説ですww
    台詞とかめちゃめちゃ長いですw

    ラブコメだけど、コメディ色が強すぎるというより、ラブ率が低すぎるというかんじ…

全27件中 1 - 10件を表示

美男の達人 (白泉社花丸文庫)を本棚に登録しているひと

美男の達人 (白泉社花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美男の達人 (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする