花嫁は今夜もブルー (白泉社花丸文庫)

  • 129人登録
  • 3.34評価
    • (3)
    • (20)
    • (32)
    • (2)
    • (2)
  • 9レビュー
著者 : 凪良ゆう
制作 : 唯月 一 
  • 白泉社 (2008年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592875659

花嫁は今夜もブルー (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 続編と知らずに凪良さんだというだけで購入したので…ごめんなさい。求めているものが違いました。

  • 「花嫁はマリッジブルー」続編。美花よりエディの方が厄介だったw

  • だから、攻めは受けの話を聞けというのに。

  • 【BLだよ!】花嫁ものと思って買っちゃった初BL小説『花嫁はマリッジブルー』の続編。

    確信的にBL買ったのは初めてで、戻れない道に足を踏み入れた気がww

    お気に入りキャラである姉とエディのSSがあるって知って気になったんだよ!

    ヘタレわんこなエディの視点で語られるなんでそうなったww感満載の新婚旅行。

    災難な姉に対し、しかしエディは楽しそうだな!
    姉に振り回されてるようで、実はエディが姉を振り回してる。
    エディは傍若無人で最強キャラな姉の一番の被害者だと思ってたけど、壮大な勘違いしてたみたい。実はエディ最強ww

    本編は前作の割とすぐ後。
    主人公の家族に対し、改めて嫁に貰うと宣言しに行く朝倉に吹いた。
    潔くカミングアウト……だと!?
    その辺りきっちりな朝倉も好きだが、ちゃっかりな姉はもっと好き(笑)

    ざっくり言うと、朝倉の両親の不仲を主人公がとりなすことで、朝倉といざこざする話だったよ!

    朝倉の超合金でわかりにくいけど可愛いとこは母親似で、どこかズレてるけどまっすぐなとこは父親似かな?

    本当に朝倉の親だなって感じがして楽しかったし、SSだけでもぅ個人的に大変満足な一冊でした。

  • 俺様な御曹司が手なずけられるお話wwまあ、とにかくそんな感じです(エロアリ★)

  • 「花嫁はマリッジブルー」の続編。前作は結婚に至るまでのお話だったので、こちらは二人のその後のラブラブ新婚生活編。
    朝倉家の複雑な家庭事情は、エディ×美花のその後と同じくらい興味津々だったので、今回とてもすっきりさせてもらいました。
    ダンナさまの、超合金ロボな正嗣と、その両親と、姉cpに振り回されて、若奥様な拓海がとっても苦労しています。

    教会で愛を誓った一週間後のエピには笑いました。
    拓海の両親に、正嗣がまさかの所信表明。空気読まないのは相変わらずだけど、それでもちゃんと誠意はあるんですよね。
    そして、拓海がそれをちゃんと受け止めてるところがいいんです。
    もう、イチャコラっぷりが読んでてたまりません。赤面モノ!で、いちゃつけるくらい、正嗣が確実に変化しているところが感動的です。
    そして、カッコいい外面に秘められたちょっとお子ちゃまな一面も暴露しているのが面白かった!

    前作よりさらにコメディ色がアップしていて、オモシロ可笑しくなってるのも事実ですが、そこに朝倉家の両親が絡んでくると、うるっとさせられるんですよね。ただ、笑えるだけじゃなく、愛を絡めた人情劇になっているのがすごいなと。拓海が思わず「お義母さん」と呼んでしまう場面なんかは、胸がきゅんとしました。ほんとに素直でいい子です。
    夫夫ゲンカしてもダンナさまを立て、料理も頑張り、家事もきちんとして、嫁としてまさに鑑!

    SSがエディ×美花ってのが型破りだったけど、エディの犬属性が明確に出ていてよかったです♥

  • 前回に続き、今回は出来上がったカップルで、新婚生活編です。
    で、やっぱり思い切り噴き出しながら、楽しく読ませて頂きました。
    ほんと、テンポが絶妙で会話が上手い。ツッコミも上手い。
    庶民とセレブの認識のずれが何とも言えなくてシュールです。

    しかも今回は、拓海が夫婦げんかして、朝倉の実家に逃げ込むという、
    もうそこからしてシュールな展開。
    ただのギャグかと思いきや、きっちりと朝倉の複雑な家族関係に
    切り込んでゆき、結婚は二人だけの問題じゃない、というのを全面に
    押し出してます。
    この作家さん、ご結婚されてるのかな……リアルな嫁姑事情というか、
    非常にそのあたりの描写が上手だと思いました。
    もう所々、わかるわかる!! と激しく同意しながら読む感じです。

    花嫁ものを敬遠してる方にはぜひとも読んで頂きたいシリーズです。
    何よりも、笑えます。面白い。

  • 名門ホテルの御曹司朝倉の妻は麻生拓海。
    世間には拓海の姉、美花が妻だと偽装していて。
    かなり軽いお話、でした☆

全9件中 1 - 9件を表示

花嫁は今夜もブルー (白泉社花丸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

花嫁は今夜もブルー (白泉社花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花嫁は今夜もブルー (白泉社花丸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

花嫁は今夜もブルー (白泉社花丸文庫)はこんな本です

花嫁は今夜もブルー (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする