永遠と一瞬 (白泉社花丸文庫)

  • 22人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 西門
制作 : 車折 まゆ 
  • 白泉社 (2009年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592875857

永遠と一瞬 (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • タイトル:永遠と一瞬
    著者名:西門
    イラスト:車折まゆ
    出版社/発売元:白泉社
    シリーズ名:白泉社花丸文庫
    発売日:2009年04月
    ISBN:4592875850
    税込価格:600円

    ■Story■
    旅行代理店勤務の田中優哉と、トップミュージシャンの高岡烈は幼なじみ。
    優哉は、傲慢だけど自分にだけは優しい烈に想いを寄せていた。
    ある日烈の依頼で、プロモーションビデオの撮影に同行することになった優哉は、
    烈の昔の恋人でカメラマンの小島にモデルの話を持ちかけられる。
    小島に「烈を君の子守から解放してあげて」と言われ
    ショックを受けた優哉だったが自立の一歩としてその話を受けることに。
    しかし、猛烈に反対する烈と大喧嘩をしてしまった優哉は、
    そのまま烈に乱暴されて…。


    ■カップリング■
    【攻】高岡烈/たかおかれつ(28)ミュージシャン・グラフィックデザイナー
    【受】田中優哉/たなかゆうや(26)旅行代理店社員


    ■感想■
    お互い想い合っているのに…、
    もっとも近い存在だからこそ素直になれないジレンマ。
    素直になれないから、空回りすれ違う。
    切なさで胸の奥がギュッとなる感覚がある。
    小さく芽生えた恋の種を、大切に胸の奥へしまい込もうとする優哉は、
    本当に周りが見えていない子供だ。26歳にもなるのに。
    設定では烈と優哉の年齢差は2歳。
    烈はもっと大人だと思いながら読んでいたが、
    感情表現が設定年齢より幼く感じた。
    お互い恋愛に関しては、まだまだ子供。
    だから、これか長い時を2人で育んでいくのだろう。
    攻の熱い想いがお好きな方にはおススメ。

  • 幼なじみいいねー。

全2件中 1 - 2件を表示

永遠と一瞬 (白泉社花丸文庫)はこんな本です

永遠と一瞬 (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする