桜霞の神隠し (白泉社花丸文庫)

  • 49人登録
  • 3.05評価
    • (2)
    • (2)
    • (10)
    • (5)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 凛紫水
制作 : 佐々木 久美子 
  • 白泉社 (2009年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592875871

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

桜霞の神隠し (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • うぅん……もの凄く評価に困った作品。
    なんちゃって平安風ファンタジー?
    とでも言いますか、鬼退治をしにきた領主の妾腹の息子が、
    あっさり鬼にやりこめられて、めでたしめでたし。
    要約しすぎましたが、その間には親に疎まれた子供の
    悲哀だとか、人の子として生まれながら鬼になってしまった
    過去だとか、内容としてはなかなかいいのではないか、
    と思うのですが……うぅん……。
    デビュー作ということと、Web作品に加筆修正したもの
    という点で、オマケ★という感じです。

    というのも、なんちゃって平安風ファンタジーなのは
    いいのですが、なんちゃってだとしても【平安風】と
    いうのなら、平安風を心がけて欲しかった。
    装束やら世界観やらなんやらがいかにそれっぽくても、
    物語に重要な【言葉】があまりにも現代風で、ここって
    平安風なんだよね……?
    と何度も確認しそうになってしまいます。

    受が少しアホの子なんですが、悪い子ではないので、
    その当たりをもう少しお上品にしてくれていたら
    よかったのになぁ、というのが残念です。

  • 時代ファンタジーという部類のBL作品で、歴史大好きな私には突っ込みどころがあるため、そこに目がいって話に入り込むことができませんでした。
    あとは、弟とのお話ももう少し深く入れてほしかったけれど結構上っ面な軽い作品でした。
    もっとドロッとしたものが欲しかったです。
    でも、これが初作品とのことだったので、これから楽しみです。

  • 雰囲気が昔っぽいのに比べ最近の用語が出てきてちょっとげんなり。
    でも、話はよかったです。

  • まあ悪くないですよ。

  • 2009年10月18日

  • 回送先:町田市立堺図書館

    承認欲求ということをめぐって、おそらく気がつかないうちにそれが嫉妬に変わっているということがある。本書がBLとしての価値からはみ出すとしたら、まさしくその部分が投影されているのだろう。
    無論褒めているのである。なぜならば、恋愛と嫉妬と欲望――そのどれもが、紙一重の関係になっているからだ(他の作品との比較においてもその部分で有用に作用するだろう)。
    そして、『遙かなる時空の中で』が置き去りにしてしまった「鬼とは誰か・概念の言語化は可能か」という(詩紋くんが取り組もうとした)宿題に真正面から向き合った作者の誠意さは――手放しではないにせよ――評価しようではないか。またしても、注目に値する作家の誕生だというのはいささかオーバーだとしても、であろう。

  • 昔話風……平安っぽいのに、逆ギレとか地の文にあって、ちょっとひっくり返りそうになったのですが、泣けそうだったので!
    ちらちら立ち読みした限りその辺は気にならなそうです。人外とかわいそうな受け萌えーなかんじ。

全7件中 1 - 7件を表示

桜霞の神隠し (白泉社花丸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

桜霞の神隠し (白泉社花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

桜霞の神隠し (白泉社花丸文庫)はこんな本です

ツイートする