全ての恋は病から (白泉社花丸文庫)

  • 385人登録
  • 3.96評価
    • (51)
    • (58)
    • (42)
    • (6)
    • (1)
  • 35レビュー
著者 : 凪良ゆう
制作 : 車折 まゆ 
  • 白泉社 (2010年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592876212

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

全ての恋は病から (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 最初は飯島と夏市なのかなぁーと思って読んでいたら、まさか、まさかの椎名先輩にびっくり。下剋上。軽いのでさくさくと先が気になり一日で一気読みしました。

    途中でどうなるのー手に汗を握った。飯島君もいい子で捨てがたく…ハラハラ。ドキドキしちゃいました。

    夏市の気持ちがひしひしと伝わってきたし少し泣けたりもした。108円で購入で来てラッキー♪買って良かった(o^∀^)ハッピーエンドでますます良かった♪

    アットホームな赤市、黄市、青市という名前も可愛いなぁ~。ところどころ笑えて読んでいて和んだ。本棚にキープして時々読み返したい。もふもふー。

  • シリアスものの上手さは言うまでもないのに、コメディまでこの品質というのは神懸り的です。
    エロさも面白さも極上でした。
    人には言えない病に冒されている大学生×こちらもまた絶対言えない病気の持ち主の先輩。
    二人の第一印象がサイアクなのや、見た目と実態とのギャップが笑えます。モフモフ病最高です。変態一歩手前なんですが、嫌な感じは全くしない好印象が得な攻。
    もっと可笑しいのが「隣国の汚部屋王子」。最初は夏市同様、ツンケンしていて上から目線でいけ好かないヤツと思っていたのが、エロく開発されてどんどんかわいく変貌していくのに、萌え死にそうになりました。大事にされて育ったのがアリアリで、ちょっと世間知らずなせいで夏市にいいように丸め込まれてHに持ち込まれてしまうのが、アホかわいすぎで悶えました…えらそうなくせに抜けてるのがツボでした。

    凪良センセは心理描写がすごく達者なので、ラブコメでもぐいぐい引き込まれてしまいます。
    プラス、エロシーンもすごいのが書けるんだということを証明して見せましたね。恥ずかしい言葉の連呼に激萌えしました!
    夏市はかなり強引でSな攻め方をしていてエロい。受の羞恥心を煽る言葉責めでも、王子への愛がひしひしと伝わってくるので安心感があります。あまりやらしくならなかったとあとがきにありましたが、センセの作品の中では相当やらしい方だと思います。
    DTを徐々にねちねちとエロく育成するというのは好物。

    ラブコメとはいえ、練り込まれていて一本筋が通った隙のない筋立て。スミからスミまで面白くて飽きさせません。
    取引だけのビジネスライクなはずだった関係が、しっかりはっきりラブラブになっていくまでに、たっぷりドキドキハラハラさせられて、とても読み応えあるラブコメです。

  • ドタバタしたエロコメで、読みやすくて面白かったです。
    抱っこさせてもらうだけ!・・・と言っておきながら、
    どんどんエロ方面へ持って行って、後輩は変態ですね!明るく正しい変態でした。
    先輩は・・・アホだね!エロくて可愛いけど、アホだよ!
    何でもかんでも信じすぎて今まで処女でいられたのが奇跡なレベルでした。
    でもツンデレ具合が分かりやすく可愛かったです。
    エロはとてもエロくてよかったです。
    夜は下剋上って言うのは定番だけどいいです。
    でも、最後の先輩の等身大ポスター貼りまくった部屋にダブルベッドは引きました・・・。
    あれで一気に気持ち悪くなって☆が一つ減りました。
    両想いになったんだから実物だけで満足して欲しかったな~。

  • サクサクと読めた。ほのぼのラブコメ。

  • 作者さんのおっしゃる通りの「息抜きのんびり」系なBL。
    ある意味癒し系。言い方は悪いですが頭からっぽにしてだらだら読んで「あー!かわいい!」ですっきりできる。
    汚部屋住人王子は可愛すぎる!確かにモフモフにはもってこい。

  • 笑えるし椎名がかわいくてよかった。重いところがないので楽しく読める。

  • ゲイな上に24時間人肌に触れていないと発狂してしまう男子大学生。その隣にすむ先輩の汚部屋王子。お互いの弱点を補うため、隣人としてつきあいだすが、だんだんエスカレートしていく要求に言い含められるクール受がかわいすぎる。

  • とにかく面白いという評判に誘われて購入。変な性的嗜好を持つ攻めにいろいろされちゃうツンデレ美人受けという構図。…ごめんなさい。笑いを誘う文章だというのは分かるのですが、笑うほどではありませんでした。
    かといって萌えもあるかというとそこも疑問。ただエロだけはライトなノリながらもエロエロしいので、満足度はあるかも。
    読んでいて明るい気分にはなります。でもそれだけだったかな。

  • うお〜、かわええ。これはかわええぞ〜。ハードすぎるのが苦手な人にええんちゃうかな〜。
    攻め様のこころの葛藤かわええ笑。

  • お気に入りさんから借り本。初読みの作家さん。笑わせて頂きました。こんな変なカップルの成立、世の中うまく出来てますねー。主人公の夏市って理解ある家族環境ってものすごーく恵まれてる。シリアス・コメディどっちも書く方らしいけどシリアス路線はどんなだろう?

  • 凪良さんの今まで読んだ本とは違ってラブコメでした。そしてまんべんなくエロでした(^q^)先輩が可愛い。ツンデレで素直でエロいwww夏市は良い変態でしたヽ(´ー`)ノ

  • 各所に散りばめられているギャグに笑いました。
    作品によって泣かせたり笑わせたり出来る凪良先生は凄いと思う。
    同じ作家なのにこうも違うのかと吃驚する程です。

    とにかく面白いので笑いたい人は是非!

  • おもしろかったよー!片付けられない美人で外面のいい汚部屋の王子様椎名と、24時間365日人肌に触れてモフモフしていたい変態病の夏市。そんな二人が片付けとモフモフし放題の交換条件で契約を結ぶことから二人の距離が近付いてゆく。夏市を顎で使う女王様な椎名が実は素直でウブで世間知らずなゆえに夏市のトンチキなえろ嘘に騙されて知ったかぶってるのが可愛い!そしてそしてえちがなんだか妙にえろくてあたいうほうほであった(笑)夏市、鼻血出しすぎじゃね?(笑)

  • 破れ鍋に綴じ蓋な二人。楽しく読めました。

  • 羽多野×間島CD原作

  • 大学生サークル後輩・佐藤夏市×先輩・椎名一貴

    「二十四時間・三百六十五日人肌に触れていたい病」のゲイ夏市と「片付けられない症候群」のクールビューティー椎名のお隣さんコメディ。

    この方、こんなの書いても面白いんだ。
    かなりすっとんでる内容だけど、先輩かわいいし。
    私的に、挿絵の絵柄傾向が好みじゃないのが難点だけど、構図や表情が良かったので相殺。

  • 人肌フェチ×汚部屋住人。
    こうかくとすごいカップリングだけど、ちゃんと素敵なお話になっている不思議。
    大学の後輩×先輩なワケですが、先輩の色事に関しての初心っぷりといったらもう、後輩に騙されまくりで可哀相になってきますが、本人同志が幸せそうなのでそれもまた良し(?)

  • 攻が変態でおもしろい!私の中では凪良さん作品の中で1、2を争うおもしろさです

  • 攻受のバランスが良くて、わざとらしくない軽さが面白かった!

  • 攻め:佐藤夏市
    受け:椎名一貴



    「二十四時間・三百六十五日人肌に触りたい病(しかも男)」の夏市は可愛くてフワフワした子をモフモフしたい。しないと手が震える。
    そんな夏市の隣に王子様のような外見の先輩・椎名が越してきた。だが椎名は見た目と違いとんでもない汚部屋に住んでる「片付けられない症候群」の病のある人間で…。


    面白かった!私が読んだ凪良作品4作目にして初めて面白かった、と言えた作品でした。てっきり、重いのしか書かない作家さんかと思っていたけど、こういう作品なら続けて読んでもいいかな。
    しかも何気にエロいのが良い。
    ハスハスしましたよ。

    敏感な椎名が良かった〜(笑)

  • 切なさ度ゼロの爽快なギャグ・ラブコメです。この作家さん、こいいうのも書くんだ~。多彩だな~と感心する事しきり。年下大型ワンコ攻が変態過ぎて、あんまり私の好みじゃないけど、先輩のツンデレ美人受はめちゃくちゃかわいいです。こういうスカッとしたラブコメはたまに読みたくなる。

  • 凪良さんコメディやらせたら神。
    24時間365日人肌に触れていないと気が狂う病の攻と、
    幼少期の厳しい躾から片付けができない病の受。
    もうまさに割れ蓋に綴じ蓋。
    お互いが駄目な所をしっかりと補い合ってます。
    ウザイ変態攻に、汚部屋王子の外面王子受。
    クールビューティなのに、どこか可愛い。

    キャラクターがしっかり立ってて、読ませてくれます。
    テンポも良くて随所で笑いどころがあって、これはちょっと
    外では読めないですね……(笑)
    攻と後輩のとんでも勘違いも絶妙です。
    展開自体は王道でありきたり、展開も見え見えなんですが、
    キャラが生き生きしてるので、非常に楽しめます。

  • 「24時間、365日人肌に触れていたい病」のゲイ佐藤夏市と汚部屋に暮らすイケメンの椎名一貴は同じ大学の後輩と先輩。
    ギブ&テイクという事で夏市は椎名の部屋を片し、食事の世話をするかわりに好きなだけ椎名をモフモフ出来る契約。
    こういうジャンルは初めて読みました。
    変態も肯定すれば怖くない、のですね~♪
    7ヶ月ぶりでぬいぐるみではなくて生身の男をモフモフできた時、夏市が噴出した鼻血。ギャグ漫画のようです。
    俺様なのに純な椎名も可愛らしい。騙されている事に全く気がつかないし。
    子供の頃の反動って怖いんですね。
    行動や食べ物も厳しく躾けられ過ぎると。
    冷凍庫にエイタという熊のアイスキャンデーがぎっしり入っていないと落ちつかない大人になってしまう(笑)

  • 大学生の佐藤夏市は、いつでも人肌に触れていないとダメという謎のビョーキを患うゲイ。ある日、ミステリアスな雰囲気のサークルの先輩、椎名一貴が隣に越してくる。外見はクールビューティーなのに、椎名は全く掃除ができない汚部屋製造人だった!「いつもモフモフさせてくれる男が欲しい」「タダで掃除してくれるお手伝いさんが欲しい」ビョーキな二人のお隣さんライフの行く末は……。

  • 大学生の夏市は、いつも人肌に触れてないとダメな謎の持病の持ち主。その隣に越してきた先輩・椎名はクールでモテモテだが、ひどく汚れた部屋に住む片づけられない男。そんな2人が契約を結ぶことに…。

全35件中 1 - 25件を表示

全ての恋は病から (白泉社花丸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

全ての恋は病から (白泉社花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

全ての恋は病から (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする