愛の巣へ落ちろ! (白泉社花丸文庫)

  • 330人登録
  • 3.99評価
    • (49)
    • (65)
    • (33)
    • (6)
    • (2)
  • 46レビュー
著者 : 樋口美沙緒
制作 : 街子 マドカ 
  • 白泉社 (2010年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592876243

愛の巣へ落ちろ! (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レビューの評価が割とどこでも良かったので気になっていた一冊。ようやく入手したので読んでみました。
    ムシ擬人化とか(笑)なんて思っていた自分間違ってた。設定凝りすぎでもなく甘くもない絶妙な匙加減です。設定細かすぎるとぶん投げたくなるし、設定が全く緩いのもダメなのです。
    特に性モザイクの設定が良かった。BLなのに子供が産めるなんて素敵じゃないですか!

  • 虫シリーズ第一弾。
    妊娠騒ぎのところが好き。攻めザマァですわ。同人では子供も産まれてラブラブな夫婦生活送っております。

    攻めは以降、お医者さんとしてちょこちょこ出てくるね。

  • 虫シリーズは全巻読みました、樋口美沙緒に関してはまじで性癖の一致としか言えない、最高です。階級社会+男性の妊娠などを含むファンタジー設定で、オメガバース設定が好きな人にははまるシリーズだとおもう。それにしても男性妊娠設定が階級制とセットで描かれがち、という事実はカルスタ的に大変興味深いですね。

  • 虫シリーズ第1弾、タランチュラ・澄也×シジミチョウ・翼。人類が生き残る為強い生命力をもつ節足動物と融合。今の人類は弱肉強食のハイクラスとロウクラスに分かれている… 設定が凝っているけど解りにくく感じる事がなく面白かった。翼がわりと酷い目にあっていますがとても健気で、弱いだけじゃなく頑張ってる姿が良かった。澄也は俺様、傲慢、選民意識が強く最初はモヤっとするけど、告白シーンにはキュンとさせられましたよ。虫擬人化ならではのタランチュラの毒や糸の使い方も上手いなと感じたし最後まで楽しくて読了でした。

  • 初読み作家さま。
    ムシシリーズ1作目。
    1作目はハイクラスのタランチュラ・澄也×ロウクラスのシジミチョウ・翼。

    ムシシリーズ?ムシ?擬人化?
    どんな話?
    って読み進めたら…
    好きだな〜。
    甘すぎずムシムシしてないwww
    ムシ嫌いな人でも読めるw
    ふつーの全寮制男子校BLでしたねw

  • 【シリーズ1】「趣味が青木翼だ(澄也)」いや〜昆虫ラブ最高ですね♡4が面白かったので前3巻購入したけど、本当に面白い。奇想天外な設定から、メキシカンレッドニー(タランチュラ)澄也がシジミチョウ翼を好きになった経緯までなんの違和感もなくキュンキュンしました。澄也の好きだからこその嫌いなフリによる翼のダメージは計り知れないけど、翼の男前な性格ゆえのハピエン。良かったです。これからも澄也は翼に翻弄されるがいいよ。

  • タランチュラと蝶の擬人化学園BL。

    最初は意味分からんって思いながら読んでたけど(ごめんなさい)樋口美沙緒先生は文章力あって小説を書く能力高いからちゃんと最後まで読むことが出来た。

    けっこう奇抜な設定で良かったと思う。樋口美沙緒先生ってもっと長年書いてるベテランかと勝手に思ってたからこの作品がデビュー作と知りびっくり。

    これくらい奇抜な設定で書いたほうがデビューできるのかな。

  • 思いのほか新刊『愛の裁きを受けろ!』がツボったので、タランチュラの片われの話も読んでみた。 
    うん、シジミちゃんはリミットがありつつも元気ではねっかえりw
    ふたなりってわけじゃないんだけれど、モザイクだからちょっと女性よりの扱いなのね。あんまりBLBLしい感じはしなかったわ。 
    そしてタランチュラはもう最初からシジミのことが大好きだったんじゃないか!自分の気持ちに無関心なのはこの種族の特徴なのかwwww  

  • ★4.5!
    ムシシリーズ1冊目!
    萌えました~!!
    ついついシジミチョウをググってしまったり…wしつつww
    タランチュラ×シジミチョウ萌えました!
    ムシの生態を上手くお話に組み込んであって面白かった!

    しかし、ムシ擬人化とは聞いていましたが、BL学園モノだったのですねww
    世にあふれたイケメン俺様先輩×平凡新入生ですが、やっぱりまんまと萌えますね!ww

  • シリーズ3作。虫擬人化、とはいえその特性が垣間見える程度なので、虫嫌いでも平気。
    シリーズ通して絶対的強者×弱者。身分差もの。強いものは弱いものを護るために存在する、的な文章に大きく頷く。健気に攻を慕う受達に影響され、いい方向に変わっていく攻達。涙なくしては読めない切ないお話たち。特に3作目は、大判バスタオルをご用意ください…

全46件中 1 - 10件を表示

愛の巣へ落ちろ! (白泉社花丸文庫)に関連する談話室の質問

愛の巣へ落ちろ! (白泉社花丸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

愛の巣へ落ちろ! (白泉社花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

愛の巣へ落ちろ! (白泉社花丸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

愛の巣へ落ちろ! (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする