彼には秘密の恋メール (白泉社花丸文庫)

  • 37人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (6)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 森本あき
制作 : 起家 一子 
  • 白泉社 (2010年8月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592876359

彼には秘密の恋メール (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 大学の学部が異なる二人が出会い、恋をするお話。
    森本あきさんの作品でした。ほんわかした安心のある作品で、ワクワクドキドキよりも心温まる作品。
    メールの件も、先が読めるのですが、温かく見守りたい二人でした。

  • 大学生×大学生。
    大人ぶってる純情攻×淫乱設定の処女受
    お互いに本来の姿を偽り身体だけの関係を続けるが裏で葛藤し、それと知らずにお互いの悩みをメールで打ち明けあうという一風変わった設定。
    表の顔とは裏腹に心の内での苦悩がメールで切々と語られていて面白い。
    出会いがしらにトイレの個室で初体験、と、強引な展開もあるが、若い恋愛をつい応援したくなるような一冊。

  • 大学生同士・足立崇×前川美久
    よった勢いでキスからHまでしてしまった居酒屋のトイレ。
    そんな時、間違いメールがきっかけでメル友になったホークアイにだけ、真実の思いを綴る美久。

    肩の凝らない楽しいモノを期待して購入。
    森本氏の文体は、まさにその気分にはうってつけです。
    Hシーンも多く詳細だったけど、あっけらかんとしてて厭らしさが薄いし、二人のお互いの隠し事をしているという悩みも、深刻さが感じられず、軽いから。
    美久の母が登場するが、あまりに普通の人で、同性を好きになってしまったことに悩まない美久が不自然な気がする。家族は出てこなくてもよかったのでは…。

全4件中 1 - 4件を表示

彼には秘密の恋メール (白泉社花丸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

彼には秘密の恋メール (白泉社花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彼には秘密の恋メール (白泉社花丸文庫)はこんな本です

彼には秘密の恋メール (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする