恋愛小説は書けない (白泉社花丸文庫)

  • 63人登録
  • 3.39評価
    • (1)
    • (11)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 雨月夜道
制作 : 本間 アキラ 
  • 白泉社 (2010年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592876472

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

恋愛小説は書けない (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 編集者・甲斐×作家・神野。最初はどうかなって感じだったんですが、読んでいくうちに2人の会話のすれ違いっぷりに笑いが。神野の素頓狂な性格がどこまでいってもぶれないのが笑える♪ 過去を思うとこの性格は神野の無意識な防御なのかなって思った。そんな神野の性格を否定せずそのままでいいと言ってくれた甲斐の懐の深さに、カッコいいぞ甲斐!!って思いました。 そして一番の被害者、精神科医の田山先生、彼のその後が気になります…

  • キュンキュンした。じれったい。

  • この二人の恋愛話も面白かったのですが、何読みも面白かったのは担当医の田山です(笑)。
    かわいそう、かわいそうです彼(笑)。
    何もしてないのに無理矢理聞かされる惚気。面白かったです。

  • 面白かったですね。このぶっ飛びキャラがいいですね。

    担当編集者に恋をするお話なんだけれど、想像と全然違うキャラだったのですごく楽しめました。

  • この小説に出てくる神野透哉(受)が実際にこの世にいたら、私は絶対引く…。たぶん友人としても付き合えないかも。そう考えたら甲斐君(攻)はすごい!甲斐君視点で見ると、透哉も可愛く見えてくるから不思議!!

  • 編集者・甲斐×作家・神野透哉

    (小林典雅氏+森本あき氏)÷2みたいなノリだなぁって読み始めたけれど。
    突拍子も無い行動の裏に隠された神野の傷ついた心が痛々しくて…。
    ギャグっぽさが、健気な思いで中和されて切ないお話にも思える。
    甲斐の常識ある考え方が、とても酷い男になってしまうところも興味深い。

全6件中 1 - 6件を表示

恋愛小説は書けない (白泉社花丸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋愛小説は書けない (白泉社花丸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恋愛小説は書けない (白泉社花丸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋愛小説は書けない (白泉社花丸文庫)はこんな本です

恋愛小説は書けない (白泉社花丸文庫)のKindle版

ツイートする